banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 岡山(おかやま)駅2014年10月26日訪問Googleマップ
JR-West Okayama Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約3時間半。岡山市は岡山県の中央に位置する人口約70万人の城下町で、市街に複数の百貨店を抱える商業、臨海部や内陸部に工業団地を抱える工業、桃や米などが特産の農業で栄える。新幹線に8方向からの在来線が集まる鉄道の要衝でもある。駅弁は明治時代の鉄道開業当時からの駅弁屋の駅弁から、地元の弁当屋が駅構内の店舗に卸す弁当まで、様々な駅弁類を朝から晩まで選べる。1891(明治24)年3月18日開業、岡山県岡山市北区駅元町1丁目。

蒜山(ひるぜん)おこわ(900円)2012年1月20日に京王百貨店駅弁大会で購入
Hiruzen Okowa (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

 2010(平成22)年9月1日の発売。薄い木を楕円形に巻いた容器に、竹皮編みの模様、商品名や蒜山おこわの由来を印刷したボール紙を巻く。中身は山菜やもち麦を混ぜた茶色いおこわに山菜やクリをまぶし、マイタケ天、アユ甘露煮、玉子焼、牛肉煮、はりはり漬などを添えるもの。見た目にきれいなお弁当。すっきりした風味も上品に感じ、漬物の味付けも柔らかい。2014年頃に終売か。

蒜山(ひるぜん)とは、岡山県と鳥取県の県境に位置する、標高1000メートルちょっとの山々。その火山活動で生まれた南側の盆地ないし高原に、牧場やキャンプ場や遊園地など様々なレジャー施設が展開し、年間で200万人以上の観光客が訪れ、その数は岡山県内では倉敷美観地区に次ぐ。鉄道はなく、バス路線が壊滅したため、訪問にはマイカーやレンタカーが必要。

販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
株式会社 三好野本店 岡山県岡山市中区桑野131−6 086(200)1717 http://www.miyoshino.com/
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

栗おこわ弁当(930円)2004年8月28日に岡山駅新幹線ホーム駅弁売店で購入
Kuriokowa Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身

JR西日本の駅弁キャンペーンに伴い、2004年5月1日にリニューアル。容器も外観も中身も以前とほとんど変わらないが、蓋には「DISCOVER WEST」のロゴマークが日本一大きく描かれ、中身は栗載り赤飯はそのまま、おかずが鶏南蛮漬や肉団子やハス辛子マヨネーズ和えなどという具合に少々変更された。味は良いまま。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。購入当時は850円、2008年7月15日から900円、2014年4月の消費税率改訂により930円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
※2008年8月補訂:値上げを追記
販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
株式会社 三好野本店 岡山県岡山市中区桑野131−6 086(200)1717 http://www.miyoshino.com/

【終売】栗おこわ弁当(850円)2002年1月26日に天王町サティ駅弁大会で購入
Kuriokowa Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

栗型の容器を使用。中身は半分が小さな甘栗がいくつか載った栗混じりの赤飯、半分が鶏竜田揚に鮭塩焼につくね串団子や玉子焼などが入るおかずの部分。他の栗飯駅弁に対してずいぶんと栗を控えめに使用したものだが、赤飯弁当と考えればこれがなかなか美味であったし、岡山を含めたかつての池田氏の支配地域では、赤飯のことを「おこわ」と呼ぶのだとか。JR西日本の駅弁キャンペーンに伴い、2004年5月1日にリニューアル。

※2004年10月補訂:調製元の所在地と電話番号の変更
※2004年5月補訂:「駅弁の達人」対象化を追記
販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
株式会社 三好野本店 岡山県岡山市中区桑野131−6 086(200)1717 http://www.miyoshino.com/