banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 福山(ふくやま)駅2014年11月1日訪問Googleマップ
JR-West Fukuyama Station

駅名標 駅舎 駅構内

新大阪駅から新幹線で1時間ちょっと。福山市は広島県の東端に位置する人口約46万人の城下町で、戦前は鉄道の開通と繊維工業で成長し、戦後に大規模製鉄所を核とした臨海重工業で大きく発展した。駅弁は、国鉄時代からの駅弁屋が2003年に撤退、三原駅の駅弁屋「浜吉」が進出し、駅弁を販売する。1891(明治24)年9月11日開業、広島県福山市三ノ丸町。

JR西日本 三原(みはら)駅2005年8月1日訪問Googleマップ
JR-West Mihara Station

駅名標 駅舎 駅構内

広島から新幹線で約30分、山陽新幹線と山陽本線が接続し呉線を分ける駅。三原市は広島県南部で瀬戸内海に面した人口約11万人の城下町で、空港、新幹線、高速道路、港湾を有する交通結節点で、都市圏を形成する商工業都市。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋「浜吉」が、主に新幹線改札内で販売する。1894(明治27)年6月10日開業、広島県三原市城町。

【終売】あなご三兄弟(950円)2002年11月9日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入
Anago Sankyodai (end of sales)

掛紙 外観 中身

駅弁の名前から推測して、2000年頃の登場か。小振りの真っ黒な発泡材容器の中に穴子御飯を敷き、その上に塩焼あなご・煮あなご・照焼あなごと、3種の方法で調理されたあなごが載る。写真ではちらし寿司のごとく具が散乱しているが、神奈川県内の駅弁大会での購入のため、輸送中にこうなったと判断したい。アイデアは面白いが、価格と内容と味の比較で、同じ県内の広島駅や宮島口駅にやや劣る気がする。現在は売られていない模様。

※2013年5月補訂:終売を追記
販売駅
山陽本線 福山(ふくやま)駅 1891(明治24)年9月11日開業 広島県福山市三ノ丸町
山陽本線 三原(みはら)駅 1894(明治27)年6月10日開業 広島県三原市城町
調製元
株式会社 浜吉 広島県三原市糸崎四丁目3番56号 0848(62)2121 http://hamakichi.ekiben.or.jp/

廣島名物あなござんまい(950円)2013年2月23日に京阪百貨店守口店駅弁大会で購入
Hiroshima Meibutsu Anago Zanmai

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

上記「あなご三兄弟」の2013年時点での姿。2011年までには、こうなっていたらしい。中身も容器も価格も変わらないのに、なぜか名前が変わった。味ももちろん同じ。

販売駅
山陽本線 福山(ふくやま)駅 1891(明治24)年9月11日開業 広島県福山市三ノ丸町
山陽本線 三原(みはら)駅 1894(明治27)年6月10日開業 広島県三原市城町
調製元
株式会社 浜吉 広島県三原市糸崎四丁目3番56号 0848(62)2121 http://hamakichi.ekiben.or.jp/

あなごあいのせ重(1,030円)2012年1月20日に京王百貨店駅弁大会で購入
Anago Ainose Ju

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2012年1月の京王百貨店駅弁大会での輸送駅弁としてデビューか。小柄で深めな長方形の発泡材容器に透明なふたをして、商品名を書いたボール紙の枠に半分だけはまる。中身はタレ御飯に煮穴子と焼穴子が並ぶもの。同じ調製元の他や過去の駅弁と同じ食材だから、味も同じ。つくりはやや雑だったが、こういう組合せはとても自然に感じる。現地で買えるかどうかは分からない。価格は購入当時で1,000円、2014年時点で1,050円、2015年時点で1,030円。

※2015年10月補訂:値下げを追記
※2014年7月補訂:値上げを追記
販売駅
山陽本線 福山(ふくやま)駅 1891(明治24)年9月11日開業 広島県福山市三ノ丸町
山陽本線 三原(みはら)駅 1894(明治27)年6月10日開業 広島県三原市城町
調製元
株式会社 浜吉 広島県三原市糸崎四丁目3番56号 0848(62)2121 http://hamakichi.ekiben.or.jp/

厳選あなごほっと釜めし(1,100円)2013年2月23日に京阪百貨店守口店駅弁大会で購入
Gensen Anago Hot Kamameshi

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2010〜2011年の駅弁大会シーズンには登場していた模様。円形の加熱機能付き容器に白御飯を詰め、玉子焼を振り、煮アナゴと焼アナゴと刻みアナゴを載せるもの。中身も味も福山駅弁や広島空弁と共通。これは駅弁催事専用商品ではないかと思う。

販売駅
山陽本線 福山(ふくやま)駅 1891(明治24)年9月11日開業 広島県福山市三ノ丸町
山陽本線 三原(みはら)駅 1894(明治27)年6月10日開業 広島県三原市城町
調製元
株式会社 浜吉 広島県三原市糸崎四丁目3番56号 0848(62)2121 http://hamakichi.ekiben.or.jp/

廣島名物あなごめし(1,150円)2005年11月19日にイトーヨーカドー立場店駅弁大会で購入
Hiroshima Meibutsu Anago Meshi

掛紙 掛紙 外観 中身 中身

2005年の新作らしい、福山駅弁で広島空弁のあなごめし。正方形の発泡材枠容器に透明なフタをして、もみじ・原爆ドーム・厳島神社と、広島らしく広島空港や福山らしくない絵柄のボール紙枠にはめる。中身は茶飯に穴子蒲焼が載るもの。御飯の上を埋め尽くしたが輸送で偏った焼穴子の風味や食感がなぜか蒲鉾で、そこそこ美味だったが不思議な感じを受けた。高額感もあり。価格は購入当時で1,100円、2014年時点で1,150円。

※2014年7月補訂:値上げを追記
販売駅
山陽本線 福山(ふくやま)駅 1891(明治24)年9月11日開業 広島県福山市三ノ丸町
山陽本線 三原(みはら)駅 1894(明治27)年6月10日開業 広島県三原市城町
調製元
株式会社 浜吉 広島県三原市糸崎四丁目3番56号 0848(62)2121 http://hamakichi.ekiben.or.jp/