banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 福山(ふくやま)駅2014年11月1日訪問Googleマップ
JR-West Fukuyama Station

駅名標 駅舎 駅構内

新大阪駅から新幹線で1時間ちょっと。福山市は広島県の東端に位置する人口約46万人の城下町で、戦前は鉄道の開通と繊維工業で成長し、戦後に大規模製鉄所を核とした臨海重工業で大きく発展した。駅弁は、国鉄時代からの駅弁屋が2003年に撤退、三原駅の駅弁屋「浜吉」が進出し、駅弁を販売する。1891(明治24)年9月11日開業、広島県福山市三ノ丸町。

JR西日本 三原(みはら)駅2005年8月1日訪問Googleマップ
JR-West Mihara Station

駅名標 駅舎 駅構内

広島から新幹線で約30分、山陽新幹線と山陽本線が接続し呉線を分ける駅。三原市は広島県南部で瀬戸内海に面した人口約11万人の城下町で、空港、新幹線、高速道路、港湾を有する交通結節点で、都市圏を形成する商工業都市。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋「浜吉」が、主に新幹線改札内で販売する。1894(明治27)年6月10日開業、広島県三原市城町。

かきめし(900円)2003年2月15日にユニーイセザキ店駅弁大会で購入
Kaki Meshi

掛紙 外観 中身

トレーを入れた長方形容器に、瀬戸内海に浮かぶカキ養殖いかだを描いたボール紙のふたをかける。中身はカキの煮汁で炊いたと思われる御飯の上に錦糸卵・煮ガキ・山菜でストライプを描く、とてもシンプルな内容。広島駅の派手なカキ駅弁に対して地味ではあるが、味に優劣はない。

販売駅
山陽本線 福山(ふくやま)駅 1891(明治24)年9月11日開業 広島県福山市三ノ丸町
山陽本線 三原(みはら)駅 1894(明治27)年6月10日開業 広島県三原市城町
調製元
株式会社 浜吉 広島県三原市糸崎四丁目3番56号 0848(62)2121 http://hamakichi.ekiben.or.jp/

厳選かきめし(1,050円)2010年11月14日にピアゴイセザキ店駅弁大会で購入
Gensen Kaki Meshi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

トラック型の発泡材容器を、蒸気機関車や駅弁立売の風景を描いたボール紙の枠にはめる。中身は味付飯の上に錦糸卵を振り、煮たカキを5個並べ、レンコンやフキなどと袋入りのカキ味噌を添えるもの。内容と容器の形状と「季節限定弁当」「うれしい駅弁シリーズ」の表記より、これは過去に「ザ・駅弁」の名前で売られていた、季節で回す三原駅弁が改称されたものではないかと思う。

販売駅
山陽本線 福山(ふくやま)駅 1891(明治24)年9月11日開業 広島県福山市三ノ丸町
山陽本線 三原(みはら)駅 1894(明治27)年6月10日開業 広島県三原市城町
調製元
株式会社 浜吉 広島県三原市糸崎四丁目3番56号 0848(62)2121 http://hamakichi.ekiben.or.jp/
催事駅弁

かきまんさい弁当(1,280円)2015年11月15日にピアゴイセザキ店駅弁大会で購入
Kaki Mansai Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

その姿と調製元から福山駅の駅弁に見えて、これはユニー系列のスーパーの駅弁大会で販売するためにの「ユニーオリジナル商品」で、チラシにそう明記してある。しかり売り場では福山駅弁の扱いで、パッケージには駅弁マークが記される。中身は茶飯に錦糸卵とカキを散らすだけのシンプルなもの。

パッケージで紹介されるとおり、カキは「甘辛煮の炙り」「甘辛煮」「うま煮の炙り」「うま煮」で4種10個。それぞれの味を楽しめるし、これだけたくさんのカキを詰める駅弁は珍しい。こんなものを遠くから輸送しても大丈夫なのかと思うくらい プリプリやにゅるにゅるのカキもあり、味で楽しめるカキ弁当。

調製元
株式会社 浜吉 広島県三原市糸崎四丁目3番56号 0848(62)2121 http://hamakichi.ekiben.or.jp/

駅弁屋さんのかき丼(?円)いつかどこかで購入
Ekibenyasan no Kaki Don

掛紙 外観 外観 中身 中身

2008年秋に八戸「照焼ほたて丼」、米沢「牛すきやき丼」、新津「豚まいたけ丼」と共に登場した、駅弁屋の監修によるレトルトタイプの丼の具シリーズのひとつ。カキとニンジンとタケノコとシイタケが入ったレトルトパックが1袋、ボール紙製のケースに収まる。

購入価格は忘れたが、ネット上では300円前後で販売されている。基本的にはしょうゆ味であるようだが、なぜこんなに塩辛くするのかと思うし、三原の駅弁に同種の味を思い当たらない。そもそもリアルでの販売店をまず見掛けないのだが、2010年5月現在でも現行商品である模様。

調製元
日本水産 株式会社 東京都千代田区大手町2の6の2 TEL:0120-837-241
株式会社 浜吉 広島県三原市糸崎四丁目3番56号 0848(62)2121 http://hamakichi.ekiben.or.jp/