banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 福山(ふくやま)駅2014年11月1日訪問Googleマップ
JR-West Fukuyama Station

駅名標 駅舎 駅構内

新大阪駅から新幹線で1時間ちょっと。福山市は広島県の東端に位置する人口約46万人の城下町で、戦前は鉄道の開通と繊維工業で成長し、戦後に大規模製鉄所を核とした臨海重工業で大きく発展した。駅弁は、国鉄時代からの駅弁屋が2003年に撤退、三原駅の駅弁屋「浜吉」が進出し、駅弁を販売する。1891(明治24)年9月11日開業、広島県福山市三ノ丸町。

JR西日本 三原(みはら)駅2005年8月1日訪問Googleマップ
JR-West Mihara Station

駅名標 駅舎 駅構内

広島から新幹線で約30分、山陽新幹線と山陽本線が接続し呉線を分ける駅。三原市は広島県南部で瀬戸内海に面した人口約11万人の城下町で、空港、新幹線、高速道路、港湾を有する交通結節点で、都市圏を形成する商工業都市。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋「浜吉」が、主に新幹線改札内で販売する。1894(明治27)年6月10日開業、広島県三原市城町。

【掛紙】鞆の鯛寿司(400円)調製年月日不詳
Tomo no Tai Zushi

掛紙

昭和40年代の調製と思われる、昔の福山駅弁の掛紙。当時の駅弁の中身がうかがえる写真が付いている点は資料性が高いが、肝心の調製年が押印されていない。

販売駅
山陽本線 福山(ふくやま)駅 1891(明治24)年9月11日開業 広島県福山市三ノ丸町
調製元
株式会社 鞆甚 広島県福山市王子町2丁目 0849(23)0111

【終売】鯛寿司(940円)2003年1月12日に京王百貨店駅弁大会で購入
Tai Zushi (end of sales)

掛紙 外観 中身

薄手のわっぱ風プラスティック容器に紙のふたをかけ、漁網をイメージしたと思われる網に割り箸ごと入れる。中身は酢飯の上に刻み海苔と錦糸卵を敷き、その上に香りと弾力性が豊かで味はほのかな鯛切り身を4切れ載せるもの。見た目も味も良い人気駅弁であったものの、駅弁業者の倒産により購入日翌々日の2003年1月14日限りで失われた。

販売駅
山陽本線 福山(ふくやま)駅 1891(明治24)年9月11日開業 広島県福山市三ノ丸町
調製元
株式会社 鞆甚 広島県福山市王子町2−18−19 0849(23)0111
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

【終売】鯛の浜焼弁当(950円)2004年8月12日に福山駅コンコース駅弁売店で購入
Tai no Hamayaki Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

1998年8月の登場。長方形の木枠容器に魚型をくり抜いた黒いトレーを入れてボール紙のふたをする。中身は鯛の混ぜ御飯の上に鯛焼フレーク・錦糸卵・桜おぼろを敷く。目玉の代わりに梅干しを、エラの代わりに椎茸やみつばを配置しているようにも見える。他は煮豆やみかん等の付け合わせ。香ばしい焼いた鯛の香りと柔らかい食感は、冷たい状態でもその特性を失っていない。

なお、福山駅弁の消滅を受けて、2003年3月1日から福山駅でも三原駅弁の取り扱いが始まったそうだ。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。現在は売られていない模様。

※2013年5月補訂:終売を追記
※2004年10月補訂:写真を更新
販売駅
山陽本線 福山(ふくやま)駅 1891(明治24)年9月11日開業 広島県福山市三ノ丸町
山陽本線 三原(みはら)駅 1894(明治27)年6月10日開業 広島県三原市城町
調製元
株式会社 浜吉 広島県三原市糸崎四丁目3番56号 0848(62)2121 http://hamakichi.ekiben.or.jp/