banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 広島(ひろしま)駅2014年8月12日訪問Googleマップ
JR-West Hiroshima Station

駅名標 駅舎 駅構内

新大阪から新幹線で約1時間半。広島市は瀬戸内海に面する人口約110万人の政令指定都市で、中国地方の商工業の中枢であるほか、世界唯二の被爆都市としてもその名が知られる。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋「広島駅弁当」が多種の駅弁を販売するが、改札外や在来線改札内に駅弁は少ない。1894(明治27)年6月10日開業、広島県広島市南区松原町2丁目。

炙りあなごめし(1,400円)2014年1月14日に京王百貨店駅弁大会で購入
Aburi Anago Meshi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年1月の京王百貨店駅弁大会でデビューか。見た目も中身も味も、従前の「活あなごめし」と見分けが付かないくらい似ている。「活あなごめし」が現地版、この炙りあなごめしが駅弁催事版なのかもしれない。茶飯に「炙りあなご」というより煮アナゴを貼り、2種の漬物を添えていた。いずれもとろけておいしい。価格は2014年の購入時点で1,260円、2017年時点で1,400円。

販売駅
山陽本線 広島(ひろしま)駅 1894(明治27)年6月10日開業 広島県広島市南区松原町2丁目
調製元
広島駅弁当 株式会社 広島県広島市東区矢賀5−1−2 082(286)0181 http://www.ekibento.co.jp/

とろ〜りあなご寿司(1,080円)2011年1月20日に京王百貨店駅弁大会で購入
Torori Anago Zushi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年1月の京王百貨店駅弁大会に向けた投入か。駅弁大会専用商品の可能性がある。経木枠の細長い容器に透明なふたをして、その中身が見える窓が開いたボール紙の枠にはめて、ラップでぴったり包んでから調製シールを貼る。中身は椎茸と干瓢の中具を詰めた、煮穴子の棒寿司が1本、笹の葉の上に載っているもの。

東京駅姫路駅の煮穴子棒寿司と同じような、柔らかくボリューム感のある品。パッケージ記載のとおり、酢飯の中にサンドした中具も、味にアクセントを付けている。価格は2011年の購入当時で1,000円、2015年時点で1,080円。

販売駅
山陽本線 広島(ひろしま)駅 1894(明治27)年6月10日開業 広島県広島市南区松原町2丁目
調製元
広島駅弁当 株式会社 広島県広島市東区矢賀5−1−2 082(286)0181 http://www.ekibento.co.jp/

【掛紙】とろ〜りあなご寿司(1,000円)2010年1月16日に京王百貨店駅弁大会で購入
Torori Anago Zushi

掛紙 掛紙

2010年1月16日に購入した、広島駅弁のパッケージ。中身は翌年に同じ場所で買ったものとほぼ同じ。発売当初はパッケージに記載のとおり、中具に海苔も入っていた。

販売駅
山陽本線 広島(ひろしま)駅 1894(明治27)年6月10日開業 広島県広島市南区松原町2丁目
調製元
広島駅弁当 株式会社 広島県広島市東区矢賀5−1−2 082(286)0181
催事駅弁

藤崎オリジナルあなご太巻き寿し(980円)2008年2月2日に藤崎本店駅弁大会で購入
Fujisaki Original Anago Futomaki Zushi

掛紙 外観 外観 中身 中身

2008年2月3〜8日に仙台の藤崎本店で開催された駅弁催事「全国駅弁大会とうまいもの市」で実演販売されていた商品。見てのとおり、太巻きが1本入るだけのシンプルな内容。しかしその中身や風味のほとんどが玉子焼であり、穴子は身こそ見えるものの風味はなし。現地に実態がないほうがよいと思う。

実演ブースの中で中国・韓国産穴子を焼いて切って詰める店員の手付きはどう見ても素人、手際の悪さで行列が進まず、十数人の来客をさばくのに1時間以上もかけられた。この年の京王百貨店の駅弁大会で広島駅弁の実演販売がなぜか中断され、2週目のチラシに穴を開けてしまったが、その理由がここにあるのかどうか。

販売駅
山陽本線 広島(ひろしま)駅 1894(明治27)年6月10日開業 広島県広島市南区松原町2丁目
調製元
広島駅弁当 株式会社 広島県広島市東区矢賀5−1−2 082(286)0181 http://www.ekibento.co.jp/

夫婦(みょうと)あなごめし(1,150円)2009年2月11日に上野松坂屋駅弁大会で購入
Myoto Anago Meshi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

1992(平成4)年の発売。現地では「しゃもじかきめし」「もみじ弁当」に次ぐ定番の駅弁で、遠隔地の駅弁催事での輸送販売では「しゃもじかきめし」に次いでよく見掛ける商品。やや小柄で細長めな容器に醤油飯を詰め、煮アナゴ2本を並べて、アナゴの骨の煎餅と高菜を添える。割りばしも中身に組み込まれる。

2本のアナゴが寄り添って、夫婦あなごめし。アナゴは薄くて細身ながら、とてもやわらかく、ふっくらしており、これと合う飯に溶け込んでいく。ここや宮島口で人気の焼アナゴの駅弁や弁当とはまた違うタイプの、おいしいアナゴ駅弁。

この駅弁の名前の一部「夫婦」を、「ふうふ」と読むのか「めおと」と読むのか、これまでは活字資料の範囲内では調べることができなかったが、実はそのいずれでもなかったことが、ここで判明した。価格は購入当時で1,050円、2015年時点で1,150円。

※2016年6月補訂:紹介文の全面改訂
※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
山陽本線 広島(ひろしま)駅 1894(明治27)年6月10日開業 広島県広島市南区松原町2丁目
調製元
広島駅弁当 株式会社 広島県広島市東区矢賀5−1−2 082(286)0181 http://www.ekibento.co.jp/

【掛紙】夫婦あなごめし(1,150円)2016年5月20日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Meoto Anago Meshi

掛紙 掛紙

2016(平成28)年5月20日頃の調製と思われる、広島駅弁のパッケージ。伊勢志摩サミットの開催を記念して、仙台駅から小倉駅まで11種類の駅弁について、パッケージに駅弁名の英文表記とほぼ共通のロゴマークを印刷し、東京駅の駅弁売店で販売した。価格と中身は通常版と同じ。ここでの「夫婦」のよみがなは「めおと」である。

販売駅
山陽本線 広島(ひろしま)駅 1894(明治27)年6月10日開業 広島県広島市南区松原町2丁目
調製元
広島駅弁当 株式会社 広島県広島市東区矢賀5−1−2 082(286)0181 http://www.ekibento.co.jp/

【掛紙】夫婦あなごめし(1,050円)2001年12月31日に広島駅ビル内弁当売店で購入
Fufu Anago Meshi

掛紙

2001(平成13)年12月31日の調製と思われる、広島駅弁のパッケージ。値段と絵柄は異なるが、中身は2009(平成21)年のものと変わらない。

販売駅
山陽本線 広島(ひろしま)駅 1894(明治27)年6月10日開業 広島県広島市南区松原町2丁目
調製元
広島駅弁当 株式会社 広島県広島市東区矢賀5−1−2 082(286)0181

2004年度JR西日本「駅弁の達人」

活あなごめし(1,300円)2004年10月2日に広島駅ホーム側弁当等売店で予約購入
Iki Anago Meshi

掛紙 外観 外観 中身

2003年初頭頃の登場か。穴子駅弁日本一と言われる宮島口駅「あなごめし」にそっくりな広島駅の穴子駅弁。経木の小さな長方形容器にアルカリイオン水と穴子エキスで炊いたというコシヒカリの御飯を敷き、その上に焼穴子をぺたぺた載せるもの。しかしその風味は宮島口を真似て及ばずといった感じ。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。価格は購入当時で1,260円、2014年4月の消費税率改訂により1,300円。

広島駅弁は遠隔地の駅弁大会で存在感があるが、現地ではどうもコンビニ弁当の販売やうどん売店の営業のほうに力が入っているようで、調製元の社名とは裏腹に、都市や駅の規模と比較して現地にふらりと訪れて買える駅弁の種類はかなり少ない印象。

※2015年10月補訂:値上げを追記
※2004年11月補訂:写真の追加と解説文の一部追記
販売駅
山陽本線 広島(ひろしま)駅 1894(明治27)年6月10日開業 広島県広島市南区松原町2丁目
調製元
広島駅弁当 株式会社 広島県広島市東区矢賀5−1−2 082(286)0181 http://www.ekibento.co.jp/