banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

坊っちゃん辨當(550円)2006年1月27日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Botchan Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

松山駅のリニューアルに伴い、2000(平成12)年11月に登場。竹皮柄のボール紙に中身を直接載せ、しおりと割りばしを添えてビニールひもでしばる。中身は梅おにぎり、きな粉のおにぎり、焼き鮭、エビフライ、玉子焼、オレンジ、ようかんなど。夏目漱石の好物を詰めたというが、しおりに書かれる鋤焼(すきやき)とミートボールは見あたらない。全体的に雑な作りに感じるが、価格は安いし腹は満たされるし、松山駅弁にこの名とコンセプトの駅弁があるのは良い。

明治時代の文豪として今も有名な夏目漱石の、代表作品のひとつである娯楽小説「坊っちゃん」の舞台が、漱石が1年だけ愛媛県尋常松山中学に勤めていた、愛媛県松山市である。作品では松山を批判的に扱っているが、今の松山観光に漱石と坊っちゃんはなくてはならない存在であり、様々な施設や商品にその名が付いている。なお、作品中に登場する鉄道は現在のJR線ではなく、四国最初の鉄道として開業した現在の伊予鉄道。

販売駅
予讃線 松山(まつやま)駅 1927(昭和2)年4月3日開業 愛媛県松山市南江戸一丁目
調製元
有限会社 鈴木弁当店 愛媛県伊予郡松前町浜752−6 089(984)2100

マドンナ弁当(900円)2004年1月25日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Madonna Bento

掛紙 外観 外観 中身

2004(平成16)年1月の阪神百貨店駅弁大会で購入。深さのある経木の正方形二段重ね容器に掛紙をかけてビニール紐で縛り、さらにピンクの紙袋に入れて紐で口を縛り荷札をくくる。下段は酢飯にごぼうやにんじんなどを混ぜ込んだちらし寿司、上段は鮭塩焼や玉子焼や薩摩芋天や蒲鉾など、デザートにみかんとぶどう。容器にこだわり中身は上質でウンチクも語られる、そしていずれも地域色豊かな、特殊駅弁の優等生。しかしまだ松山駅で出会えていない。価格は購入当時で840円、2015年時点で900円。

※2015年8月補訂:値上げを追記
※2006年5月補訂:調製元の移転?を反映
販売駅
予讃線 松山(まつやま)駅 1927(昭和2)年4月3日開業 愛媛県松山市南江戸一丁目
調製元
有限会社 鈴木弁当店 愛媛県伊予郡松前町浜752−6 089(984)2100

坊っちゃん辨當(980円?)2008年6月19日に松山駅ホーム上駅弁屋台で購入
Botchan Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身

上記の550円版「坊っちゃん辨當」の、2008(平成20)年時点の姿か、高級版か。新潟駅弁などでも使われるタイプのプラスティック製楕円形弁当箱を、駅弁名や宣伝文を書いたボール紙の枠にはめる。中身は梅おにぎり、きな粉のおにぎり、焼魚、エビフライ、玉子焼、団子など。

550円版と比べて、内容や分量や風味はほとんど変わらないが、こちらのほうが催事受けしそうな気がする。もし両者が併売されていたとしても、毎年冬の阪神百貨店駅弁大会にはこれからこちらが来るのではないかと思う。

販売駅
予讃線 松山(まつやま)駅 1927(昭和2)年4月3日開業 愛媛県松山市南江戸一丁目
調製元
有限会社 鈴木弁当店 愛媛県伊予郡松前町浜752−6 089(984)2100