banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本・JR九州 博多(はかた)駅2017年2月3日訪問Googleマップ
JR-West and JR-Kyushu Hakata Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約5時間。福岡市は福岡県の西部で玄界灘に面する人口約156万人の城下町かつ港町。政令指定都市かつ福岡県の県庁所在地で、九州の鉄道や経済の中枢である大都市。駅弁は主に新幹線ホーム、新幹線コンコース、改札外の東西自由通路の売店で、地元や九州一円や西日本のものが多種売られる。1889(明治22)年12月11日開業、福岡県福岡市博多区博多駅中央街一丁目。

九州縦断味めぐり弁当(1,050円)2011年3月21日に博多駅自由通路キヨスクで購入
Kyushu Judan Ajimeguri Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

九州新幹線鹿児島ルートの全線開業を記念して、2011(平成23)年2月7日から6月末まで販売されたお弁当。その後も販売が継続されている模様。正方形の発泡材容器に、九州新幹線向けN700系電車と沿線各地の観光写真を印刷したボール紙でふたをする。

9区画の中身は明太子載せ御飯、ちらし寿司、サクラエビの俵飯、鶏飯、玉子焼と馬肉コロッケ、筑前煮、肉焼売とサバ塩焼、黒豚生姜焼、とり天とイカ天。お品書きによると九州7県で1品ずつ中身が結び付く。9区画中4区画も御飯を詰めているが、おかずも事欠かないため、御飯が余ることはない。価格は2011年の購入当時で1,050円、2014年4月の消費税率改定により1,080円。

※2017年10月補訂:値上げを追記
販売駅
鹿児島本線 博多(はかた)駅 1889(明治22)年12月11日開業 福岡県福岡市博多区博多駅中央街一丁目
調製元
株式会社 ジェイアールサービスネット福岡 福岡市博多区竹下1丁目15−23 092(476)0021 http://www.sn-fukuoka.com/

春弁当(850円)2011年3月21日に博多駅改札外コンコースキヨスクで購入
Haru Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

長方形の発泡材容器に、花や車両のイラストを描いたボール紙でふたをする。中身は日の丸御飯とタケノコ御飯、玉子焼、牛肉しぐれ煮、明太子、アサリ、アジ塩焼、サワラ天ぷら、肉じゃがコロッケ、タケノコなどの煮物、桜餅。

これは九州新幹線開業記念駅弁ではないと思うが、ふたに「今だけ限定」「期間限定」「さくら満開」と書いたり、九州新幹線向けN700系電車の顔を描くなど、開業フィーバーに便乗している。中身はおいしくきれいであり、季節で回す定番の実需向け駅弁として今後もやっていけると思う。

販売駅
鹿児島本線 博多(はかた)駅 1889(明治22)年12月11日開業 福岡県福岡市博多区博多駅中央街一丁目
調製元
株式会社 ジェイアールサービスネット福岡 博多工房 福岡市博多区竹下1丁目15−23 092(476)0021 http://www.sn-fukuoka.com/

おにぎり弁当(680円)2010年8月30日に博多駅改札外コンコースキヨスクで購入
Onigiri Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

竹皮編み容器の形状と絵柄を持つボール紙製の容器に、商品名と極彩色を印刷した掛紙を巻く。中身はとりめしとチキンライスと鮭菜めし、おにぎりというか角まで立つ機械的な型押し飯が各1個と、玉子焼、ウインナー、エビフライ、肉団子、チキンナゲット、コーンコールスローサラダ、ミニゼリーという、行楽タイプのおにぎり駅弁。これはこれで、ありだと思う。

販売駅
鹿児島本線 博多(はかた)駅 1889(明治22)年12月11日開業 福岡県福岡市博多区博多駅中央街一丁目
調製元
株式会社 ジェイアールサービスネット福岡 博多工房 福岡市博多区竹下1丁目15−23 092(476)0021 http://www.sn-fukuoka.com/

博多特製鶏めし弁当(750円)2010年8月30日に博多駅改札外コンコースキヨスクで購入
Hakata Tokusei Torimeshi Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

長方形の発泡材枠容器に木目柄のボール紙でふたをして、商品名を書いたボール紙でさらにふたをする。中身はとりそぼろの混ぜ御飯の上にローストチキンを2枚敷き、錦糸卵とタクアンを付け、玉子焼、かまぼこ、タケノコ角煮、しいたけ、がんもどき、うぐいす豆を添えるもの。北部九州の駅弁で「かしわめし」でない鶏飯駅弁は珍しい。その点で博多や九州らしい駅弁はない。しかも駅売りの駅弁としては珍しく、夕方の半額セールをやっていた。ともあれ飯の部分はなかなか独特。

販売駅
鹿児島本線 博多(はかた)駅 1889(明治22)年12月11日開業 福岡県福岡市博多区博多駅中央街一丁目
調製元
株式会社 ジェイアールサービスネット福岡 博多工房 福岡市博多区竹下1丁目15−23 092(476)0021 http://www.sn-fukuoka.com/

博多特上かしわめし弁当(800円)2010年8月30日に博多駅改札外コンコースキヨスクで購入
Hakata Joto Kashiwameshi Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

浅い正方形の発泡材枠容器に木目柄のボール紙でふたをして、さらに商品名とニワトリを描いたボール紙をかける。中身は鶏炊込飯の上を刻み海苔と鶏肉と錦糸卵で覆い、玉子焼、かまぼこ、肉団子、「業務用焼売」、奈良漬、ゴマ昆布、ミカンとさくらんぼなどを添えるもの。つまり九州各地で駅弁になるかしわめしのFSN版。折尾駅の750円タイプにそっくりな構成も、鶏フレークや刻み海苔がサイコロ状、ブロック状な点が目新しいところ。

販売駅
鹿児島本線 博多(はかた)駅 1889(明治22)年12月11日開業 福岡県福岡市博多区博多駅中央街一丁目
調製元
株式会社 ジェイアールサービスネット福岡 博多工房 福岡市博多区竹下1丁目15−23 092(476)0021 http://www.sn-fukuoka.com/
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

【終売】ちらし寿司 元気もん(850円)2004年8月14日に博多駅新幹線コンコース弁当売店で購入
Chirashizushi Genkimon (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

JR西日本の駅弁キャンペーンに伴い、2004(平成16)年5月1日に登場。八角形の容器に特製寿司酢を用いたという酢飯を敷き、シメサバ、タコ、カニ、エビ、ウナギなどを載せるちらしずし。酢飯の分量に対して具がとても少なく、一方で酢飯だけで食が進むほど飯や酢が美味いわけでもなく、見栄えに味が追いつかない駅弁。

ふたには小倉祇園祭と博多どんたくの漫画が描かれ、小倉と博多の駅弁をアピールするはずが、巨大な調製シールで博多どんたくが隠されてしまった。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。2010年頃までの販売か。

※2015年10月補訂:終売を追記
※2004年10月補訂:写真の掲載と解説文の改訂
販売駅
鹿児島本線 博多(はかた)駅 1889(明治22)年12月11日開業 福岡県福岡市博多区博多駅中央街一丁目
調製元
株式会社 ジェイアールサービスネット福岡 福岡市博多区博多駅前1丁目32番1号 092(476)0021 http://www.sn-fukuoka.com/
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

【終売】いか釜めし(1,000円)2004年10月3日に小倉駅新幹線コンコース売店で購入
Ika Kamameshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

JR西日本の駅弁キャンペーンに伴い、2004(平成16)年5月1日に登場。陶製釜型容器に木のふたをして、掛紙を掛けて紙ひもでしばる、いわゆる釜飯駅弁スタイル。中身は壱岐のヤリイカと炊いた御飯に、ヤリイカ、海老、栗、椎茸、人参、タケノコ、フキ、ゴボウを載せたもの。

多種の具が違いに風味を打ち消し合う内容で、メインであるはずのイカはとても少量で風味も薄い、千円の駅弁にふさわしくない味。そのためかどうか、調製数がかなり少ないらしく、入手には困難を極める。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。現在は販売されていない模様。

※2013年5月補訂:終売を追記
※2004年11月補訂:写真の追加と解説文の改訂
販売駅
鹿児島本線 博多(はかた)駅 1889(明治22)年12月11日開業 福岡県福岡市博多区博多駅中央街一丁目
調製元
株式会社 ジェイアールサービスネット福岡 福岡市博多区博多駅前1丁目32番1号 092(476)0021 http://www.sn-fukuoka.com/
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

【終売】九州味めぐり(1,050円)2004年8月14日に博多駅新幹線コンコース内弁当売店購入
Kyushu Ajimeguri (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

1990年代には登場していた模様。JR西日本の駅弁キャンペーンに伴い、2004年5月1日にリニューアル。長方形の容器の真ん中に九州型の日の丸御飯を置き、その周囲に九州各県の名物として、福岡の辛子明太子、長崎の豚角煮、熊本の辛子蓮根、鹿児島の薩摩揚などを配置する。調製元はJR西日本の孫会社なので、販売は山陽新幹線の駅構内に限られる模様。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。

九州型の御飯を見るまでもなく、そのコンセプトは博多駅弁「九州の彩」と同じ。しかしこちらはふたのイラストで中身を説明し価格も安いので、軍配はこちらに上がる。しかし博多の辛子明太子、熊本の辛子蓮根、佐賀の野菜入粕漬と、個人的に非常に苦手な刺激物が続き、九州の人は辛い物に強いのだろう。2008年頃までの販売か。

※2015年10月補訂:終売を追記
※2004年10月補訂:写真の掲載と解説文の追記
販売駅
鹿児島本線 博多(はかた)駅 1889(明治22)年12月11日開業 福岡県福岡市博多区博多駅中央街一丁目
調製元
株式会社 ジェイアールサービスネット福岡 福岡市博多区博多駅前1丁目32番1号 092(476)0021 http://www.sn-fukuoka.com/
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

【終売】博多鯛ずし(1,500円)2004年8月14日に博多駅コンコースキヨスク内駅弁コーナーで購入
Hakata Taizushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身

木の枠と木のふたを使う、小柄な押寿司型容器をボール紙のパッケージに収め、駅弁名を記した専用の紙袋に入れての販売。中身は酢飯の上に玄界灘の天然物さくら鯛を敷く押寿司で、その少量と高価格に納得できる上品な風味が楽しめる土産物系駅弁。この業者の駅弁は新幹線小倉駅と新幹線博多駅で全く同じものを扱っている模様。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。2010年までの販売か。

※2015年10月補訂:終売を追記
※2004年10月補訂:写真の掲載と解説文の改訂
販売駅
鹿児島本線 博多(はかた)駅 1889(明治22)年12月11日開業 福岡県福岡市博多区博多駅中央街一丁目
調製元
株式会社 ジェイアールサービスネット福岡 福岡市博多区博多駅前1丁目32番1号 092(476)0021 http://www.sn-fukuoka.com/

【掛紙】焼肉弁当(750円)1981年3月27日調製
Yakiniku Bento

掛紙

1981(昭和56)年3月27日14時の調製と思われる、昔の博多駅弁の掛紙。しかしこれが博多駅弁と紹介されたことはないだろう。国鉄時代に東海道・山陽新幹線で食堂車・ビュフェ・車内販売を担当した4社のうち1社であるビュフェとうきょうが、博多支店で調製し新幹線車内で販売した弁当だと思われる。掛紙の絵柄には博多色が出ていると思う。ビュフェとうきょうは1993年にジェイダイナー東海へ吸収され、さらに2002年に現在のJRCP(ジェイアール東海パッセンジャーズ)へ吸収された。

販売駅
鹿児島本線 博多(はかた)駅 1889(明治22)年12月11日開業 福岡県福岡市博多区博多駅中央街一丁目
調製元
株式会社 ビュフェとうきょう 東京都千代田区内神田2−2−1 連絡先の記載なし