banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本・JR九州 博多(はかた)駅2017年2月3日訪問Googleマップ
JR-West and JR-Kyushu Hakata Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約5時間。福岡市は福岡県の西部で玄界灘に面する人口約156万人の城下町かつ港町。政令指定都市かつ福岡県の県庁所在地で、九州の鉄道や経済の中枢である大都市。駅弁は主に新幹線ホーム、新幹線コンコース、改札外の東西自由通路の売店で、地元や九州一円や西日本のものが多種売られる。1889(明治22)年12月11日開業、福岡県福岡市博多区博多駅中央街一丁目。

島川本店祭りちらし弁当(840円)2013年7月15日に博多駅コンコース駅弁売店「驛辨當」で購入
Shimakawa Honten Matsuri Chirashi Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2013年夏の新作か。長方形の木製エコ容器を、博多祇園山笠の写真を掲載した掛紙で覆う。中身は酢飯に錦糸卵を敷き、アナゴや山菜や刻みシイタケなどを載せ、焼サバ、鶏唐揚、レンコンやニンジンなどの煮物、出汁巻き玉子、水菓子などを添える。内容に特段の個性はなくても、なんとなく駅弁屋の駅弁とも、コンビニその他市販の弁当とも、異なるつくりをしているような気がする。

販売駅
鹿児島本線 博多(はかた)駅 1889(明治22)年12月11日開業 福岡県福岡市博多区博多駅中央街一丁目
調製元
株式会社 島川本店 福岡県福岡市南区日佐2丁目2番11号 092(589)3737 http://www.shimakawa-honten.co.jp/

博多っ子弁当(1,030円)2010年8月28日に博多駅改札外コンコース駅弁売店で購入
Hakatakko Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

平たく大きなプラ製トレーの惣菜容器を、博多の名物や名所をいくつか描いた大きな掛紙で包む。中身は錦糸卵とでんぶとシイタケとレンコンのちらしずしに、玉子焼と鶏唐揚、焼売とウインナーとブロッコリー、レンコンなどの煮物、鮭塩焼、菜の花漬、ぜんまいと明太子、ゴマ団子、オレンジ。分量はなかなか。2010年12月限りで寿軒が駅弁から撤退、以後は鳥栖駅弁の中央軒が調製している。価格は購入当時で1,000円、2015年時点で1,030円。

※2015年10月補訂:現況を追記
販売駅
鹿児島本線 博多(はかた)駅 1889(明治22)年12月11日開業 福岡県福岡市博多区博多駅中央街一丁目
調製元
博多鉄道構内営業 有限会社 博多駅 寿軒 福岡県福岡市博多区博多駅東2−10−16 092(431)0331

【掛紙】博多玄海ちらし(740円)1999年4月1日に博多駅で購入
Hakata Genkai Chirashi

掛紙

1999(平成11)年4月1日14時の調製と思われる、昔の博多駅弁のパッケージ。福岡の市街地とその名所が描かれる。この絵のとおり、福岡は空港が市街地の直近にあり、新幹線や中距離特急はどうも分が悪い。

販売駅
鹿児島本線 博多(はかた)駅 1889(明治22)年12月11日開業 福岡県福岡市博多区博多駅中央街一丁目
調製元
博多鉄道構内営業 有限会社 博多駅 寿軒 福岡県福岡市博多区博多駅東2−10−16 092(431)0331

【終売】博多玄海ちらし(750円)2010年8月28日に博多駅改札外コンコース駅弁売店で購入
Hakata Genkai Chirashi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

昭和の国鉄時代から販売されていた駅弁。楕円形の発泡材枠容器に透明なふたをして、博多湾のイラストを描いたボール紙の掛紙をかける。中身は酢飯の上を刻み海苔と錦糸卵で覆い、アナゴ刻み、エビのボイル、ベニズワイガニのフレーク、レンコン酢漬、菜の花、シイタケ1個、生姜酢漬を散らすもの。今となっては掛紙のデザインともども古めかしい感じがするが、価格も分量も味もお手頃な感じ。なお、2010年12月限りで寿軒が駅弁から撤退したため、この商品も現在は買えなくなっている。

販売駅
鹿児島本線 博多(はかた)駅 1889(明治22)年12月11日開業 福岡県福岡市博多区博多駅中央街一丁目
調製元
博多鉄道構内営業 有限会社 博多駅 寿軒 福岡県福岡市博多区博多駅東2−10−16 092(431)0331
催事駅弁

【終売】天然真鯛ちらし(580円)2006年9月17日にワールドポーターズビブレで購入
Tennen Madai Chirashi (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2006年秋の駅弁催事で登場した催事用商品。駅弁ではなく「駅弁屋の味」。実在の駅弁屋が作っているようだが、駅売りはないようで、パッケージにも「こちらの商品は駅では販売しておりません。」の注記もある。

約11センチ四方の発泡材容器の中に酢飯を詰めて錦糸卵で覆い、天然という真鯛の切り身を4切れほど載せて、アラレを振って彩りを添える。調製元は博多駅の駅弁売店に商品を卸しているとはいえ、本来は棒寿司が主力の福岡空弁屋という印象があり、これを博多の駅弁屋の味とされるのは大いに違和感を覚えるが、商品そのものの風味は良い。中身の見栄えも良い。

なお、この駅弁は2009年の調製元の破産により、現在は売られていないものと思われる。

※2010年12月補訂:終売を追記
販売駅
鹿児島本線 博多(はかた)駅 1889(明治22)年12月11日開業 福岡県福岡市博多区博多駅中央街一丁目
調製元
株式会社 ドゥイットナウ 仕出し工房事業部 福岡県福岡市西区福重3丁目33−28 092(882)3305
催事駅弁

【終売】ふくかにちらし(580円)2006年9月17日にワールドポーターズビブレで購入
Fuku Kani Chirashi (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2006年秋の駅弁催事で登場した催事用商品。駅弁ではなく「駅弁屋の味」。実在の駅弁屋が作っているようだが、駅売りはないようで、パッケージにも「こちらの商品は駅では販売しておりません。」の注記もある。

約11センチ四方の発泡材容器の中に酢飯を詰めて錦糸卵で覆い、真フグの切れとズワイガニの脚肉を5個ずつ平等に貼る。調製元は博多駅の駅弁売店に商品を卸しているとはいえ、本来は棒寿司が主力の福岡空弁屋という印象があり、これを博多の駅弁屋の味とされるのは大いに違和感を覚えるが、商品そのものの風味は悪くないし、「ふく鮨本舗」を名乗るだけあって、フグの風味や柔らかさは駅弁を凌ぐ。中身の見栄えは、やや寂しい。

なお、この駅弁は2009年の調製元の破産により、現在は売られていないものと思われる。

※2010年12月補訂:終売を追記
販売駅
鹿児島本線 博多(はかた)駅 1889(明治22)年12月11日開業 福岡県福岡市博多区博多駅中央街一丁目
調製元
株式会社 ドゥイットナウ 仕出し工房事業部 福岡県福岡市西区福重3丁目33−28 092(882)3305