banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR九州 小倉(こくら)駅2017年2月5日訪問Googleマップ
JR-Kyushu Kokura Station

駅名標 駅舎 駅構内

博多駅から新幹線で約20分、または在来線の特急や快速で1時間前後。北九州市は九州北端に位置する人口約100万人の政令指定都市。戦前の官営製鉄所の進出を機に国内有数の巨大工業地帯として繁栄したが、産業構造の変化で近年は経済が停滞する。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋「北九州駅弁当」が駅弁売店を構えるほか、売店で折尾駅弁やJR西日本子会社あるいは地元弁当屋の商品も購入できる。1891(明治24)年4月1日開業、福岡県北九州市小倉北区浅野1丁目。

関門紀行ふくめし(1,200円)2004年10月30日に横浜松坂屋駅弁大会で購入
Kamnon Kiko Fukumeshi

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身

2004〜2005年の駅弁大会シーズンに投入か。灰色のかわいらしいふぐ型のプラ容器を、中身の写真を載せたボール紙容器を立体的に組み上げてしっかりつかむ。中身は生姜風味のふぐエキス入り御飯の上に、シロサバフグの唐揚げが調製元独自、青のり風味、辛子明太子風味で各一個ずつ、そしてトラフグの辛子明太子和えなど。

パッケージに注記が入っているとはいえ、ふぐの唐揚げは骨入りなのでかなり食べづらい。それでも容器の力で駅弁大会では売れ続けると思う。それにしても、日本一のふぐ水揚げ港が目と鼻の先の門司港〜門司〜小倉エリアで、いままでふぐの名物駅弁がなかったのは不思議だ。2007年頃から中身の一部と外箱を変えた「ふくは福よぶふくめし」へリニューアル。2014年時点での価格は1,300円。12〜2月の販売。

※2015年10月補訂:リニューアルを追記
販売駅
鹿児島本線 小倉(こくら)駅 1891(明治24)年4月1日開業 福岡県北九州市小倉北区浅野1丁目
調製元
北九州駅弁当 株式会社 福岡県北九州市小倉北区下富野3−11−6 093(531)0036 http://www.k-ekibento.co.jp/
疑義駅弁

【終売】ふくめし(1,800円)2007年1月21日に京王百貨店駅弁大会で購入
Fukumeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2007(平成19)年1月の京王百貨店駅弁大会で、宮古のアワビ駅弁との対決にて実演販売されたお弁当。上の「関門紀行ふくめし」と同じフグ風プラ容器をビニール袋に入れ、飾り気がなさすぎる柄の紙箱に詰める。中身はふぐだしの炊込飯の上にマフグの湯引き、カナトフグの一夜干し、トラフグすき見素揚げ、フグ皮昆布唐辛子をポンポン載せて、もみじおろしとポン酢を添える。

東京あたりでフグの駅弁や弁当というと、こういうものが想像されるのだろうか。そのためとても高額な商品になったが、はたして小倉に1,800円フグ駅弁の需要があるのだろうか。日本一のフグ名所である下関と、関門海峡を挟み一体の経済圏を構成する小倉にフグ駅弁があるのは不自然ではないが、駅弁屋の公式サイトにも掲載がなく、現地入手の報告もなく、もう二度と買うことはできないだろう。駅弁マークへの信頼が、また落ちた。

販売駅
鹿児島本線 小倉(こくら)駅 1891(明治24)年4月1日開業 福岡県北九州市小倉北区浅野1丁目
調製元
北九州駅弁当 株式会社 福岡県北九州市小倉北区下富野3−11−6 093(531)0036 http://www.k-ekibento.co.jp/