banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR九州 小倉(こくら)駅2017年2月5日訪問Googleマップ
JR-Kyushu Kokura Station

駅名標 駅舎 駅構内

博多駅から新幹線で約20分、または在来線の特急や快速で1時間前後。北九州市は九州北端に位置する人口約100万人の政令指定都市。戦前の官営製鉄所の進出を機に国内有数の巨大工業地帯として繁栄したが、産業構造の変化で近年は経済が停滞する。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋「北九州駅弁当」が駅弁売店を構えるほか、売店で折尾駅弁やJR西日本子会社あるいは地元弁当屋の商品も購入できる。1891(明治24)年4月1日開業、福岡県北九州市小倉北区浅野1丁目。

特製御弁当(まつたけ)(1,200円)2009年9月27日に小倉駅改札内コンコース駅弁売店で購入
Tokusei Obento Matsutake

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

発泡材枠の正方形容器を二段重ねで使用、ボール紙のふたをして、古風かつ仕出し弁当風の掛紙をかけ、ゴムで留めてラップで包む。中身は下段が松茸飯、上段がおかずで鶏唐揚、マス焼、肉巻き、かまぼこ、玉子焼、サトイモやレンコンなどの煮物、昆布巻、緑豆、おはぎなど。

駅の駅弁売店で買えたのだから駅弁だと思うが、公式サイトや時刻表や駅弁紹介本などでは昔も今も見たことがなく、汎用性のある掛紙を使うところからも、仕出し弁当の季節メニューなのだろう。もう一度買いたい旅の味とはならないが、食べておいしい御料理弁当。

販売駅
鹿児島本線 小倉(こくら)駅 1891(明治24)年4月1日開業 福岡県北九州市小倉北区浅野1丁目
調製元
北九州駅弁当 株式会社 福岡県北九州市小倉北区下富野3−11−6 093(531)0036 http://www.k-ekibento.co.jp/

【終売】復刻おべんとう(850円)2008年11月24日に小倉駅新幹線コンコース弁当売り場で購入
Fukkoku Obento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

山陽新幹線での0系新幹線電車の引退を記念して、2008(平成20)年9月10日から12月まで販売された記念駅弁。新幹線が博多まで開業した1975(昭和50)年当時の幕の内駅弁を再現したという。正方形の発泡材枠容器に木目柄ボール紙のふたをして、1975(昭和50)年当時の駅弁掛紙を掲載した掛紙をかけて、紅白のひもでしばる。

中身は日の丸御飯にチキンカツ、マス塩焼、有頭海老、カマボコ、玉子焼、昆布巻にニンジンやタケノコなどの煮物、付合せがひじきやうぐいす豆や缶詰ミカンなど。味と見栄えで見事に、昭和の悪しき幕の内駅弁が再現されている。

掛紙写真で新幹線が吸い込まれているトンネルは、山陽新幹線新下関〜小倉間の新関門トンネル。1982(昭和57)年に上越新幹線が開業して上毛高原〜越後湯沢間の大清水トンネル(全長22,221m)が世界一になるまで、世界第二位で日本一長い鉄道トンネルというタイトルを保持した。このトンネルの全長は、18,560mで工事を始め、工事中に掛紙記載の18,675mへ変更、完成時には現在の18,713mとなっている。

販売駅
鹿児島本線 小倉(こくら)駅 1891(明治24)年4月1日開業 福岡県北九州市小倉北区浅野1丁目
調製元
北九州駅弁当 株式会社 福岡県北九州市小倉北区下富野3−11−6 093(531)0036 http://www.k-ekibento.co.jp/

【終売】一等幕乃内(980円)2008年11月24日に小倉駅新幹線コンコース弁当売り場で購入
Itto Makunouchi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2008(平成20)年の春頃に、従来の幕の内駅弁をリニューアル。発泡材枠の長方形容器にフィルムをかぶせ、門司港駅舎のモノクロ写真を据えたレトロなデザインのボール紙でふたをして、割りばしごとラップで包む。黒いトレーに収まる中身は、ゴマ振り白御飯にサワラ味噌焼、カマボコ、玉子焼に煮玉子1個、なす肉詰めフライ、レンコンの磯部揚、ニンジンやタケノコなどの煮物と、付合せにウニ数の子や明太子など。

上記の復刻駅弁「復刻おべんとう」と同時に食べたため、幕の内駅弁30年の進化を見ることができた。三種の神器(焼魚、カマボコ、玉子焼)の存在と、白御飯におかずという構成はそのままに、味と見栄え、おかずや付合せの内容がぐっと改善されて、おいしくなっている。一方で掛紙が廃止され、ボール紙のふたに変わってしまった。2011年頃までの販売か。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
鹿児島本線 小倉(こくら)駅 1891(明治24)年4月1日開業 福岡県北九州市小倉北区浅野1丁目
調製元
北九州駅弁当 株式会社 福岡県北九州市小倉北区下富野3−11−6 093(531)0036 http://www.k-ekibento.co.jp/

【終売】昔おにぎり武蔵小次郎辨當(630円)2002年3月19日に小倉駅コンコース駅弁売店で購入
Mukashi Onigiri Musashi Kojiro Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

2003年のNHK大河ドラマが「宮本武蔵」に決定したことを受けて、2001(平成13)年10月14日に登場。いちごのパックのような透明の容器にビニールをかけて竹の皮で包み掛紙をかけて針金でしばる。中身は二人の剣士をイメージし、黒白を付けるとシソとヒジキのおむすびをひとつずつ、五輪の書として竹輪磯部揚、武蔵の師で無添加たくあん、黄色で可憐な浜ぐるまが手焼の玉子焼とのこと。現在は売られていない模様。

※2013年5月補訂:終売を追記
販売駅
鹿児島本線 小倉(こくら)駅 1891(明治24)年4月1日開業 福岡県北九州市小倉北区浅野1丁目
調製元
北九州駅弁当 株式会社 福岡県北九州市小倉北区下富野3−11−6 093(531)0036 http://www.k-ekibento.co.jp/

【終売】レトロ浪漫弁当(1,050円) 
Retro Romantic Bento (end of sales)

1997(平成9)年に登場した、レトロで町おこしをしている門司港地区にちなんだ駅弁。長方形の容器の中は高級チョコレートのように細かく12区画に仕切られ、桜型の白・桜・ワカメ・うにの4種の御飯に、ワカメ御飯やふぐの唐揚げなど下関・門司・小倉にちなんだ食材が配置され、デザートにさつまいも。2007年頃までの販売か。

九州一の主要幹線である鹿児島本線の起点である門司港駅では、全国で初めて鉄道の駅舎が国の重要文化財に指定された。土休日には駅弁販売がある。

※2017年10月補訂:終売を追記
販売駅
鹿児島本線 小倉(こくら)駅 1891(明治24)年4月1日開業 福岡県北九州市小倉北区浅野1丁目
調製元
北九州駅弁当 株式会社 福岡県北九州市小倉北区下富野3−11−6 093(531)0036 http://www.k-ekibento.co.jp/