banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR九州 折尾(おりお)駅2017年2月5日訪問Googleマップ
JR-Kyushu Orio Station

駅名標 駅舎 駅構内

博多駅から快速電車で約50分。かつて石炭貨物列車が行き交った、鹿児島本線と筑豊本線が交わる全国初の立体交差駅は、現在は鉄道連続立体交差事業・街路事業・土地区画整理事業で変貌中。駅弁は大正時代からの駅弁屋が販売。「かしわめし」と、鹿児島線ホーム上での立売での販売が有名。1891(明治24)年2月28日開業、福岡県北九州市八幡西区堀川町。

かしわめし(670円)2002年3月18日に折尾駅駅舎内駅弁売店で購入
Kashiwameshi

掛紙 外観 中身

1921(大正10)年の登場。日本一の鶏飯駅弁とも評価される、折尾駅のかしわめし。昔ながらの経木の容器に、変わらぬデザインの掛紙をかけた中身は、鶏肉の炊き込み御飯の上に、刻み海苔と錦糸卵とフレーク状のかしわ(鶏)を載せた、九州北部を中心に山口県から鹿児島県まで駅弁で分布するかしわめし。秘伝の材料と製法で炊かれた御飯は口の中で甘く溶け、絶品と唸らせる味。購入時は610円、2004年4月1日から630円、2012年2月時点で650円、2014年4月の消費税率改訂により670円。

折尾駅弁は八幡・黒崎・赤間・東郷・福間・若松・直方の各駅でも販売されるが、やはり本元は折尾駅。駅舎内の売店は朝6時起床、日中は鹿児島本線のホーム上で昔懐かしい立ち売りも続けられている。

※2015年10月補訂:値上げを追記
※2012年2月補訂:値上げを追記
※2004年5月補訂:値上げを追記
販売駅
鹿児島本線 折尾(おりお)駅 1891(明治24)年2月28日開業 福岡県北九州市八幡西区堀川町
調製元
株式会社 東筑軒 福岡県北九州市八幡西区堀川町4−1 093(601)2345 http://www.tochikuken.co.jp/

かしわめし(770円)2002年6月17日に折尾駅ホーム脇駅弁売店で購入
Kashiwameshi

掛紙 外観 中身

3種類ある折尾駅のかしわめしのうち、価格が2番目に安いバージョン。一番安いものより量が多く、容器の形が正方形になり、付け合わせに緑豆が付くだけで、かしわめし自体の味は同じ。最も高い945円のバージョンでは、同じサイズの容器を使用しおかずが付いてくる。3種類合わせて一日700本以上は出るという。購入時は710円、2004年4月1日から735円、2012年2月現在で750円、2014年4月の消費税率改訂により770円。

折尾駅では駅弁会社の方針として、駅弁の立ち売りが残されている。火曜日を除く9時頃から17時頃まで鹿児島本線5番ホームで、特急列車への駅弁の積み込みのために駅前の調製元とホームを一日数十往復しながら、「かしわめし」や「鯖棒寿司」の立ち売りを行う。

1996年12月に駅弁販売員となった山口さんは、その明るいキャラクターから人気と注目を集め、多くのメディアでその姿が紹介されるとともに、2003年度には北九州市観光協会から観光功労者(個人)の表彰を受けた。山口さんが体調不良により2011年6月に休業のうえ同年11月末に退社したため、折尾駅弁の立ち売りは一時途絶えたが、2013年2月に小南さんが後任として就任、1年3か月ぶりに復活を遂げた。

※2015年10月補訂:値上げを追記
※2013年5月補訂:立売の復活を追記
※2012年2月補訂:価格と立ち売りに関する内容を改訂
※2004年5月補訂:値上げを追記
販売駅
鹿児島本線 折尾(おりお)駅 1891(明治24)年2月28日開業 福岡県北九州市八幡西区堀川町
調製元
株式会社 東筑軒 福岡県北九州市八幡西区堀川町4−1 093(601)2345 http://www.tochikuken.co.jp/

鉢盛かしわめし(5,140円)2006年11月2日に折尾駅ホーム上うどん屋で予約購入
Hachimori Kashiwameshi

外観 外観 中身 中身

折尾駅弁「かしわめし」の巨大パッケージ。中身が2.5kg、総重量は3kg弱。40.5センチ四方のプラ製容器に、大きな三色のストライプを描いてかしわめしを約3センチ厚でぎっしりと詰め、紅生姜ひとつまみとタクアン約7枚を添えて、2個のさくらんぼで彩る。透明なふたは各所をセロテープで留め、これに割箸5膳、平皿5枚、ミニしゃもじ1本を付けて、ビニール袋に収納する。

調製元の商品案内にもあるとおり、駅弁というより慶弔用の商品であるが、かしわめしは駅弁と同一であり、まれに駅弁として紹介されたり買われることもある。分量は5〜6人前とあるが、写真のとおり一面の御飯であるため、駅弁を5〜6個食べるより腹持ちがするし食べ応えもある。ひとりで完食するケースは、まずないだろうが。2000年10月1日放送の日本テレビ系列「ザ!鉄腕!DASH!!」では、アイドルグループTOKIOの山口達也が平らげていた。

なお、かしわめしの歴史は駅弁より古く、もともとは慶弔用に鶏をつぶして炊込飯等にして振る舞う郷土料理であったそうなので、この駅弁こそが本来のかしわめしに近いものだと思う。価格は購入時点で4,200円、2007年現在で5,000円、2014年4月の消費税率改訂により5,140円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
※2007年7月補訂:価格改訂を追記
販売駅
鹿児島本線 折尾(おりお)駅 1891(明治24)年2月28日開業 福岡県北九州市八幡西区堀川町
調製元
株式会社 東筑軒 福岡県北九州市八幡西区堀川町4−1 093(601)2345 http://www.tochikuken.co.jp/

【掛紙】かしわ飯(30銭)調製年月日不詳
Kashiwameshi

掛紙

戦前の調製と思われる、昔の折尾駅弁の掛紙。現在も折尾駅を、そして九州や日本を代表する駅弁「かしわめし」の掛紙である。

販売駅
鹿児島本線 折尾(おりお)駅 1891(明治24)年2月28日開業 福岡県北九州市八幡西区堀川町
調製元
筑紫軒 所在地の記載なし 連絡先の記載なし