banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


九州の駅弁福岡県 > 特急車内販売弁当 (4種類収蔵)

←前は[ゆふいんの森号の弁当] | 次は[福岡県その他の駅弁]→

【終売】つばめ弁当(1,000円) 2010年12月31日に特急リレーつばめ号車内販売で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 下記「つばめ弁当」の2010年大晦日時点での姿。下記や2005年の大晦日のものとまるで異なり、白地に787系電車の先頭形状を描いた専用のボール紙箱を使用し、中身は花形日の丸御飯、高菜巻き御飯、レンコンやニンジンなどの煮物、辛い明太子揚げやレンコン揚げ、玉子焼や薩摩揚など。在来線特急「リレーつばめ」及び新幹線「つばめ」の運転区間である博多〜鹿児島中央間にちなむ食材を詰めているように思える。美味いというよりは、奇抜な印象。

 なお、この弁当は「弁当製作会社の都合により」、つまり調製元の撤退により、購入日の翌日である2011年1月1日から販売が見合わされている。

【博多駅鉄道構内営業有限会社(寿軒)】福岡県福岡市博多区博多駅東2−10−16 TEL:092(431)0331

【終売】つばめ弁当(1,000円) 2002年3月19日に特急つばめ号車内ビュフェで購入

掛紙 外観 中身

 土産物のような大きな容器は黒い掛紙ですっかり包まれ、ひもを解くと少々底が上がった経木枠の長方形容器が登場する。中身は経木の仕切りで4分割され、白御飯で1区画、しそ御飯と高菜御飯で1区画、残り2区画に焼明太子や辛子蓮根や焼麦など九州の味が濃淡紫色のカップに入って収められる。コピーでのお品書きが付いていたが、九州のどこの味であるのかを明記したら良かった。内容は時期により変化している模様。

 購入時点での特急「つばめ」は、1992年に博多(一部は門司港)・西鹿児島間の特急「有明」群の半数に新型車両787系電車を投入し誕生した列車。グレーの車体とゆとりある車内、客室乗務員「つばめレディ」の配置、JR発足後では初のビュッフェ車の連結などの新機軸は高く評価され、1993年には新型車両の年度代表「ブルーリボン賞」を、1994年には国際的な鉄道賞「ブルネル賞」を受賞している。登場後10年を経ても日本一の特急だと評価する鉄道ファンは多い。

 これだけの車両をデビューさせるにあたり、戦前戦後の国鉄の一流特急「燕」の名の使用についてJR他社から承諾を得たというエピソードも。しかし残念ながら、2004年度に予定される九州新幹線新八代・西鹿児島間開業に向けてビュッフェ車を廃止する改造作業が、今年2002年から開始される。

【有限会社ますみつ】鹿児島県鹿児島市稲荷町24−25 TEL:099(247)8821

【終売】かもめ弁当(900円) 2010年12月31日に特急かもめ号車内販売で購入

掛紙 外観 外観 外観
中身 中身 中身

 博多と長崎を結ぶ特急「かもめ」の車内販売でのみ販売されるお弁当。真っ白なボール紙の箱を、弁当の名前や特急かもめのロゴマークなどを描いた白い掛紙で包む。中身は俵飯とメンタイ御飯、豚肉揚げ、鶏肉メンタイ煮、サバ煮、玉子焼、ゆずこんにゃくの和え物、白ネギ焼など。こちらは無難でおいしいお弁当。

 この特急で結ばれる福岡と長崎をイメージした内容だというが、明太子以外の具材との結び付きはよく分からない。なお、この弁当は「弁当製作会社の都合により」、つまり調製元の撤退により、購入日の翌日である2011年1月1日から販売が見合わされている。

【博多駅鉄道構内営業有限会社(寿軒)】福岡県福岡市博多区博多駅東2−10−16 TEL:092(431)0331

【終売】ソニック弁当(1,000円) 2010年12月31日に特急ソニック号車内販売で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 博多と大分方面を結ぶ特急列車「ソニック」の車内販売でのみ販売されるお弁当。発泡材枠の正方形容器に木目柄のボール紙でふたをして、弁当の名前を書いた正方形の掛紙で包む。中身は日の丸俵飯に串カツ、玉子焼、ウインナー、明太子ポテトサラダ、サバ甘辛煮、かまぼこ、めざし、薩摩揚、糸こんにゃく、ゆずジャム、ゆべしなど。「限定幕の内」の副称が付く、モリモリ元気なお弁当。

 この特急で結ばれる福岡と大分をイメージした内容であるような気もする。なお、この弁当は「弁当製作会社の都合により」、つまり調製元の撤退により、購入日の翌日である2011年1月1日から販売が見合わされている。その後、2011年10月までに鳥栖駅弁の中央軒が同じ名前と掛紙とコンセプトの駅弁を投入した模様。

※2012年2月補訂:販売現況を追記

【博多駅鉄道構内営業有限会社(寿軒)】福岡県福岡市博多区博多駅東2−10−16 TEL:092(431)0331

←前は[ゆふいんの森号の弁当] | 次は[福岡県その他の駅弁]→

2001年6月17日開設 2011年9月3日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.