banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


九州の駅弁佐賀県 > 鳥栖駅 > 牛肉の駅弁 (4種類収蔵)
Ekiben at Tosu Station in Saga Pref.
←前は[鳥栖駅鶏肉の駅弁] | 次は[鳥栖駅その他の駅弁]→

疑義駅弁 【終売】牛鶏三昧(800円) 2005年1月23日に京王百貨店駅弁大会で購入
Gyu Tori Zanmai (end of sales)

掛紙 掛紙 外観
外観 外観 中身

 駅弁大会シーズンに向けて2004年秋頃に投入か。下の「辛子めんたい弁当」と全く同じ赤いプラ容器を、下地と文字の色づかいが逆なボール紙のパッケージにはめる。中身は茶飯の上を鶏フレーク・錦糸卵・牛肉でストライプを描くもので、つまり「かしわめし」と「牛めし弁当」を足して二で割ったもの。「三昧」というほど肉が大量に入るわけはないが、牛鶏丼の感覚でモリモリと食べられる。

 この駅弁は2005年10月からのキャンペーン「九州の駅弁ランキング第2弾」にエントリーされているが、鳥栖駅では予約限定かつ調製を拒否されることもあり、しかし駅弁大会では鳥栖駅弁として大々的に売られている。これに駅弁マークを付けて調製元を代表する「駅弁」のひとつとする姿勢は、いただけない。2006年頃に販売を終えた模様。

※2015年8月補訂:終売を追記

【鹿児島本線鳥栖(とす)駅】1889(明治22)年12月11日開業 佐賀県鳥栖市京町
【株式会社中央軒】佐賀県鳥栖市京町729 TEL:0942(82)3166
 http://www.tosucci.or.jp/kigyou/chuohken/
【終売】牛めし弁当(850円) 2004年1月12日に京王百貨店駅弁大会で購入
Gyu Meshi Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

 焼麦弁當などと共通な正方形の発泡材容器に、レトロモダンでハイカラな鉄道風景やアイテムを描いた掛紙兼用のボール紙のふたをかけて輪ゴム2本でしばる。中身は味付け御飯の上に錦糸卵を敷いて時雨煮風牛肉とごぼう煮付けなどを載せるもので、鳥栖焼売がひとつ付いている。写真は東京の百貨店の駅弁大会で購入したものなので、見た目の悪さは割り引く必要があるが、メインの牛肉が少量で硬く、一方で「かしわめし」と共通の味付飯は良いので、やはり鳥栖の駅弁は焼売と鶏が良いなと思う。2006年頃に販売を終えた模様。

 鳥栖駅を出た鹿児島本線下り熊本方面行列車の車窓左側に見えるのが、鹿児島本線が長崎本線を分ける鉄道結節点にかつて置かれた旧国鉄操車場の跡地に建設された市営サッカー場で、サッカーJリーグにチーム経営面での問題を発信し続けるサガン鳥栖の本拠地。静岡県の常勝チームがプロ化したうえで1994年に鳥栖へ移転し、当初は観客も多くJリーグ昇格間近と言われたものの、経営難に振り回されてついには運営会社が倒産、1997年1月にチームは一旦解散した。再結成後も資金難は解決せず、2004年2月にはJリーグ自らが出資者となる異例の処置。交通と物流を除き地味な街の名を、全国のスポーツファンへ発信してしまった。

※2015年8月補訂:終売を追記

【鹿児島本線鳥栖(とす)駅】1889(明治22)年12月11日開業 佐賀県鳥栖市京町
【株式会社中央軒】佐賀県鳥栖市京町729 TEL:0942(82)3166
 http://www.tosucci.or.jp/kigyou/chuohken/
佐賀県産牛めし(1,140円) 2011年1月22日に京王百貨店駅弁大会で購入
Saga Ken San Gyu Meshi

掛紙 掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 上記「牛めし弁当」の2011年1月時点での姿か。長方形の発泡材容器に透明なふたをして、牛顔や駅弁の名前を焼き印のように印刷した木目柄なボール紙の枠にはめる。中身は鶏ガラスープの味付飯の上を佐賀牛の牛肉味噌煮と高菜の油炒めである程度覆い、玉子焼、ニンジン、大根漬も貼り、うみたけや焼麦などを添えるもの。

 どうしてこれに購入当時で1,100円もの値を付けるのか、疑問にしか思えない商品。大根漬の散乱は輸送販売では仕方がなくても、「九州の駅弁ランキング」などの見本写真では、もっと肉も高菜も入っているようなので、東京へたくさん送る際に手抜きか間違いでもあったのか。牛肉と高菜の九州風な味付けも、首都圏では厳しかった。2014年4月の消費税率改訂により1,140円。

※2015年8月補訂:値上げを追記

【鹿児島本線鳥栖(とす)駅】1889(明治22)年12月11日開業 佐賀県鳥栖市京町
【株式会社中央軒】佐賀県鳥栖市京町729 TEL:0942(82)3166
 http://www.tosucci.or.jp/kigyou/chuohken/
【終売】牛めし弁当(560円) 2006年3月13日に横浜市内のファミリーマートで購入
Gyu Meshi Bento (end of sales)

掛紙 外観
外観 中身 中身

 鳥栖駅弁の中央軒の監修により2006年3月7日から20日まで、コンビニ大手のファミリーマートの全国各地の店舗で販売された商品。中が白く外が黒いプラ容器に、味付飯を詰めて錦糸卵としぐれ煮風牛肉などを載せて、鶏肉と高菜などを添える。

 鳥栖の牛飯は個人的にうまくないと感じているが、この監修商品は牛肉がスジだらけで、こうなってしまうと不味いと感じる。付け合わせの三種も鳥栖駅弁と雰囲気が異なり、これは駅弁と別物だと見るべき。


←前は[鳥栖駅鶏肉の駅弁] | 次は[鳥栖駅その他の駅弁]→

2001年6月17日開設 2011年9月11日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.