banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR九州 人吉(ひとよし)駅2016年10月23日訪問Googleマップ
JR-Kyushu Kumamoto Station

駅名標 駅舎 駅構内

熊本駅から特急列車で約1時間半。人吉市は熊本県の南部で盆地に位置する、人口約3万人の城下町。球磨焼酎や球磨川下りが知られ、SL列車や観光列車でアクセスできる。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が駅前に店舗を構え、駅売店に駅弁を卸し、ホーム上での立ち売りによる販売もある。1908(明治41)年6月1日開業、熊本県人吉市中青井町。

鮎ずし(1,100円)2014年1月15日にさいか屋川崎店駅弁大会で購入
Ayuzushi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

1955(昭和30)年の登場。日本三大急流に数えられ川下りが楽しめる、市内を流れる球磨川の鮎を使用、昆布で炊いた酢飯の上にわさびを挟んで、酢で一日間締めたやや固めの鮎を開いて載せ、青竹型のプラスティック容器に入れる。同駅「栗めし」と共に昔から非常に著名な駅弁で、昭和の頃は九州随一の人気駅弁であった。価格は2007年頃には900円、2014年の購入当時で1,000円、2017年時点で1,100円。

人吉駅では特急列車や観光列車の発着に合わせて、1969(昭和44)年から駅弁立売を続けている菖蒲(しょうぶ)さんが、ホーム上で「栗めし」「鮎ずし」などの駅弁を立ち売りで販売している。

※2017年5月補訂:写真と価格を更新
※2010年3月補訂:価格と駅弁立売状況を更新
販売駅
肥薩線 人吉(ひとよし)駅 1908(明治41)年6月1日開業 熊本県人吉市中青井町
調製元
有限会社 人吉駅弁やまぐち 熊本県人吉市中青井町300 0966(22)5235

【掛紙】鮎ずし(890円)2002年3月19日に人吉駅駅舎内売店で購入
Ayuzushi

掛紙

2002(平成14)年3月19日に購入した、人吉駅弁の掛紙。掛紙の絵柄も、プラ容器も中身も、昭和の昔から変わっていないのではないかと思う。この時の掛紙には、駅弁マークがあった。

販売駅
肥薩線 人吉(ひとよし)駅 1908(明治41)年6月1日開業 熊本県人吉市中青井町
調製元
有限会社 人吉駅弁やまぐち 熊本県人吉市中青井町300 0966(22)5235

栗めし(1,100円)2006年1月1日に博多駅九州駅弁スタジアムで購入
Kurimeshi

掛紙 外観 外観 中身 中身

1965(昭和40)年の登場。赤い栗型のプラスティック製容器に切り干し大根の混ぜ御飯が敷かれ、山菜や煮物と共に甘い甘い人吉盆地産の栗をごろごろと載せる。掛紙は大きく、容器をすっぽり包み込む。「鮎ずし」と共に昔から有名な駅弁で、昭和の頃は九州随一の人気駅弁であった。価格は2006年の購入当時で890円ないし892円、2007年頃には900円に統一された模様。2017年時点で1,100円。

相良藩の城下町である人吉は、市内に球磨川が流れ温泉も湧き、空気がおいしく酒も美味い、一方で過度に観光地化されてもいないため、過ごしやすい館長お気に入りの地。1999年の急行「えびの」廃止により、南九州側からの鉄道の便は悪くなったが、2004年の「九州横断特急」登場と肥薩線観光列車「しんぺい」「いさぶろう」の充実で、足がすこし改善され、駅弁の売れ行きも少々回復したそうな。

※2017年5月補訂:値上げを追記
※2010年3月補訂:価格の更新
※2006年2月補訂:写真の更新と解説文の一部追加
販売駅
肥薩線 人吉(ひとよし)駅 1908(明治41)年6月1日開業 熊本県人吉市中青井町
調製元
有限会社 人吉駅弁やまぐち 熊本県人吉市中青井町300 0966(22)5235

椿べんとう(1,100円)2003年4月12日に入手
Tsubaki Bento

掛紙 外観 中身

人吉駅の幕の内弁当。紅白の椿の花が描かれた大きな黒い長方形のボール紙容器の中に黒いトレーを入れる。中身は日の丸御飯に海老フライを代表とするひととおりのおかずが入るが、煮豆や切り干し大根や酢の物など箸休めに当たるものが容器の半分を占めるユニークな内容は、球磨川を見ながら球磨焼酎を楽しむための駅弁か。価格は2003年の入手当時で945円、2017年時点で1,100円。

※2017年5月補訂:値上げを追記
販売駅
肥薩線 人吉(ひとよし)駅 1908(明治41)年6月1日開業 熊本県人吉市中青井町
調製元
有限会社 人吉駅弁やまぐち 熊本県人吉市中青井町300 0966(22)5235