banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR九州 熊本(くまもと)駅2012年2月12日訪問Googleマップ
JR-Kyushu Kumamoto Station

駅名標 駅舎 駅構内

博多駅から九州新幹線で約40分。熊本市は九州の真ん中に位置する人口約74万人の政令指定都市かつ県庁所在地の城下町で、立派な城と豊かな水を誇る九州第三の大都市。駅弁は21世紀に入り進出した鶏飯屋と八代の駅弁屋などの商品が、いくつかの売店で取り扱われる。1891(明治24)年7月1日開業、熊本県熊本市春日三丁目。

熊本親子玉手箱(1,500円)2017年1月29日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Kumamoto Oyako Tamatebako

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身 中身

JR九州の駅弁キャンペーン「第12回九州駅弁グランプリ」へのエントリーに合わせ、2016(平成28)年10月に熊本駅と新八代駅で発売か。以下のとおり過去に3回以上買ったことがあるような色と形とキャラクターの容器だが、今回は調製元が異なる。中身は鶏飯を刻み海苔と錦糸卵と鶏肉の刻みのストライプで覆い、タマゴと菜の花と大根桜漬などを添える、つまりかしわめし。味もだいたい、九州駅弁のかしわめし。この中身で1,500円もするという、値段の高さに驚いた。

販売駅
鹿児島本線 熊本(くまもと)駅 1891(明治24)年7月1日開業 熊本県熊本市春日三丁目
調製元
有限会社 みなみの風 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(39)5150
合資会社 頼藤商店 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(33)1145 http://www.yorifuji.org/

肥後あか牛すき焼き弁当(1,200円)2016年10月22日に熊本駅の売店で購入
Higo Akaushi Sukiyaki Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

JR九州の駅弁キャンペーン「第12回九州駅弁グランプリ」へのエントリーに合わせ、2016(平成28)年10月の発売か。長方形の容器に白御飯を詰め、牛肉煮を載せ、焼き豆腐、ニンジン、シイタケ、青ネギ、糸こんにゃくなどを添える。つまり、すき焼きの肉と具を別に詰める。牛肉が他の駅弁のようにシワシワでなく、薄く平たいものが多く混じり、牛肉煮なのにサクサク、ボソボソした味を感じる個性作。味付けでなく肉質で、飯のおかずによく合う。

販売駅
鹿児島本線 熊本(くまもと)駅 1891(明治24)年7月1日開業 熊本県熊本市春日三丁目
調製元
株式会社 ニシコーフードサービス 二本木工場 熊本県熊本市西区二本木1丁目6−24 Sマンション1N 096(352)6683 http://nishiko-fs.co.jp/

くまもとランチBOX(1,200円)2016年10月22日に熊本駅の売店で購入
Kumamoto Lunch Box

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年9月にイトーヨーカドーの駅弁大会で、10月に現地でデビューか。同年のJR九州の駅弁キャンペーン「第12回九州駅弁グランプリ」にエントリー。見てのとおり、従前の下記「くまもとあか牛ランチBOX」のリニューアル品である。

熊本県のキャラクター「くまモン」を描くプラスティック製の黒い容器をそのままに、パッケージのデザインをまた変えて、中身は茶飯を牛そぼろと錦糸卵と鶏照焼と高菜などで覆う、つまり牛肉煮を鶏照焼に替えただけ。その熊本県産「大阿蘇どり」は、照焼というよりむしろ煮付けで、焼鳥サイズのサクサク、ボソボソした肉片は、そこそこあっさり。

販売駅
鹿児島本線 熊本(くまもと)駅 1891(明治24)年7月1日開業 熊本県熊本市春日三丁目
調製元
株式会社 松栄軒 鹿児島県出水市上鯖渕532−3 0996(62)0617 http://shoeiken.com/

くまもとあか牛ランチBOX(1,200円)2015年1月13日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kumamoto Akaushi Lunch Box

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

熊本駅弁「くまもとあか牛ランチBOX」の、2015年時点での姿。くまモンのプラスティック製容器をそのままに、パッケージの絵柄でくまモンが大きくなり、肥薩おれんじ鉄道の写真は上面から側面へ追いやられ、中身の牛肉は小さくなった。御飯の上に、牛すき焼き、錦糸卵、牛そぼろでストライプを描き、高菜漬、酢レンコン、紅生姜を添える。

販売駅
鹿児島本線 熊本(くまもと)駅 1891(明治24)年7月1日開業 熊本県熊本市春日三丁目
調製元
株式会社 松栄軒 鹿児島県出水市上鯖渕532−5 0996(62)0617 http://shoeiken.com/

【終売】くまもとあか牛ランチBOX(1,100円)2013年11月2日にイトーヨーカドー駅弁大会で購入
Kumamoto Akaushi Lunch Box (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

秋冬の駅弁催事シーズンに向けて、2013(平成25)年の秋までに発売か。調製元は出水駅の駅弁屋であるが、出水駅の駅弁と紹介されることはなく、販売箇所によって熊本駅弁とも鹿児島中央駅弁とも、あるいは東京駅の駅弁とも紹介される。ここでは見た目で熊本駅弁として収蔵。

熊本県のキャラクター「くまモン」を描いた真っ黒なプラスティック製容器に、熊本県産米「森のくまさん」の味付飯を詰め、くまもとあか牛の牛肉煮で覆い、ゆで卵、レンコン酢漬け、きんぴらごぼう、高菜漬、ドライかぼちゃとドライにんじんを添える。つまり牛丼駅弁。輸送の影響か、飯も肉もパサパサで、褐毛和種の豊かな赤身の味はどこにもなかった。

黒い容器を収めるボール紙のパッケージには、肥薩おれんじ鉄道の写真を使う。2004年3月の九州新幹線鹿児島ルートの部分開業に伴い、政府与党申し合わせにより並行在来線である鹿児島本線の八代駅から川内駅までの区間がJRでなくなるため、熊本県と鹿児島県が共同で第3セクター鉄道会社を起こし、これに転換した。かつて全長200メートル前後の特急列車が往来した風光明媚な路線を、写真のようなディーゼルカーがだいたい1両で、ほぼ各駅停車でトコトコ走る。年間2億円前後の赤字が悩み。

販売駅
鹿児島本線 熊本(くまもと)駅 1891(明治24)年7月1日開業 熊本県熊本市春日三丁目
調製元
株式会社 松栄軒 鹿児島県出水市上鯖渕532−5 0996(62)0617 http://shoeiken.com/

九州うまか赤鶏弁当(1,000円)2009年2月14日に熊本駅ホーム脇弁当売店で購入
Kyushu Umaka Akadori Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2008(平成20)年の10月までに登場。長方形のプラ製惣菜容器に透明なふたをして輪ゴムで留め、商品名に阿蘇のような風景を描いた掛紙を巻き、テープと調製シールで留める。中身は茶飯の上を太い錦糸卵で覆い、鶏照焼のスライスをふんだんに載せて、辛子れんこん、切り干し大根、桜漬などを添えるもの。柔らかさと締まりが程良い、具だくさんでなかなかうまい鶏肉弁当。価格は2009年の購入当時で820円、2016年時点で1,000円。

熊本駅で国鉄時代からの駅弁屋より大きい顔をして弁当を売っていた調製元のニシコーは、おそらく2007年10月までに九州鉄道営業会に加盟し、JR九州が認める公式な九州の駅弁屋となった。

※2016年11月補訂:値上げを追記
販売駅
鹿児島本線 熊本(くまもと)駅 1891(明治24)年7月1日開業 熊本県熊本市春日三丁目
調製元
株式会社 ニシコー 福岡県八女市立野127−2 0943(23)3131 http://nishiko-fs.co.jp/

【終売】GANKO肉巻き屋(300円)2012年2月12日に新幹線熊本駅改札内コンコース売店で購入
GANKO Nikumakiya (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

新幹線熊本駅の床置き形キヨスクで、八代駅弁とともに並べられていた商品。この「肉巻き」が通常版で、他に売店では「大葉入り肉巻き」が300円で、「チーズ肉巻き」が350円で販売されていた。市販の肉まんやハンバーガーと同じような包装紙に、熊本県阿蘇産の白御飯を九州産の豚肉で目張りしたおにぎりが、真空パックで1個収まる。空弁でも何度か出会っている内容と味。包装紙に「くまモン」のシールまで貼り熊本をアピールするが、ブランドネームや商品そのものは神奈川や長野にもあるフランチャイズチェーンの製品。

なお、2013年2月の訪問では、この商品の取り扱いがなかったため、今は駅では売られていないのではと思う。

※2013年3月補訂:終売を追記
販売駅
鹿児島本線 熊本(くまもと)駅 1891(明治24)年7月1日開業 熊本県熊本市春日三丁目
調製元
株式会社 プロザウス GANKO肉巻き屋 熊本県熊本市下通1−8−28 096(354)2955

【終売】うま〜かさくら弁当(880円)2011年2月6日に熊本駅ホーム面駅弁売店で購入
Umaaaka Sakura Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

おそらく第6回のJR九州「九州駅弁ランキング」の開催に合わせて、2009(平成21)年10月に登場か。駅弁の名前には「おいしい」の九州における方言「うまか」、馬肉の使用を示す「うま」とその俗称「さくら」がかけられており、さらに2011年3月開業の九州新幹線の列車名のひとつに「さくら」が付いたことも加わった。

黒いトレーを接着した発泡材枠容器に透明なふたをして、草原の風景と馬の漢字を模した馬などを描いた掛紙で巻く。中身は御飯の上に焼いた馬肉を敷き詰めてグリーンピースを振り、パスタサラダ、ニンジン煮、がんも煮、高菜刻みを添えるもの。

駅弁の名前と掛紙で馬肉を使った弁当であることが明らかであるから、熊本や長野や青森あたりで馬肉に親しんでいないと購入する前から抵抗を示すと思うが、この馬丼の味や見栄えについて、牛丼や豚丼とは何かが違うとは感じるものの、固かったり臭かったりするものではない。従来の駅弁屋が前面に出さなかった熊本の個性をアピールする存在として、ここにいつまでもいてほしい駅弁だと思う。2012年までの販売か。

※2016年11月補訂:終売を追記
販売駅
鹿児島本線 熊本(くまもと)駅 1891(明治24)年7月1日開業 熊本県熊本市春日三丁目
調製元
株式会社 ニシコー 福岡県八女市立野127−2 0943(23)3131 http://nishiko-fs.co.jp/
疑義駅弁

【終売】とめ手羽と火の国熊本弁当(1,000円)2012年2月11日に鶴屋百貨店駅弁大会で購入
Tome Teba To Hinokuni Kumamoto Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年2月1〜14日に熊本県熊本市の鶴屋百貨店で開催された「第49回全国有名駅弁当とうまいもの大会」で、熊本駅の駅弁として先行実演販売されたお弁当。真っ黒なボール紙製容器に、熊本県のキャラクター「くまモン」や中身のイメージ写真を印刷した掛紙をかけ、くまモンの風呂敷で包む。中身は茶飯の上に刻み海苔を振り、串で棒状に伸ばした鶏手羽肉「とめ手羽」をひとつ置き、馬肉炭火焼、からしれんこん、高菜漬などを添えるもの。

見た目にかわいらしく、食べておいしいお弁当であるとは思ったものの、名古屋名物の手羽先もそうだが味は良くても非常に食べにくく、居酒屋ではともかく駅弁にはとても向かない食材だと感じた。しかもこの商品が熊本駅で販売されたという話はまったく聞かないため、やはりというか、残念ながら疑義駅弁で終わった模様。とめ手羽そのものは調製元がチェーン展開する同名の九州居酒屋のメニューとして、東名阪や福岡などで食べることができる。

販売駅
鹿児島本線 熊本(くまもと)駅 1891(明治24)年7月1日開業 熊本県熊本市春日三丁目
調製元
株式会社 フェリックス 所在地の記載なし 連絡先の記載なし http://www.tometeba.jp/