banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR九州 八代(やつしろ)駅2011年2月5日訪問Googleマップ
JR-Kyushu Yatsushiro Station

駅名標 駅舎 駅構内

熊本駅から普通列車で約40分。JR鹿児島本線、JR肥薩線、肥薩おれんじ鉄道の接続駅。八代市は熊本県の中部で不知火海に面する人口約13万人の城下町で、干拓地や埋立地での農業や工業がさかん。駅弁は2004年の九州新幹線部分開業と共に進出した駅前の鮎問屋がつくる「鮎屋三代」がヒット、以後は新八代駅と同じ数種類の駅弁が売られる。1896(明治29)年11月21日開業、熊本県八代市萩原町1丁目。

天草大王熊本の地鶏かしわめし釜めし(900円)2012年1月15日に京王百貨店駅弁大会で購入
Amakusa Daio Kumamoto no Jidori Kashiwa Meshi Kamameshi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

JR九州の「九州駅弁グランプリ」に向けた新商品として、2012(平成24)年10月に登場。となると、同年1月の京王百貨店駅弁大会で買えたこれは何だろう。プラスティック製の釜型容器を、熊本県のゆるキャラ「くまモン」を描いた赤いボール紙で留める。中身はかしわめしの上を天草大王の胸肉塩焼とゴボウ混じりの甘辛煮、玉子焼や菜の花、ニンジンとシイタケと大根桜漬で覆うもの。つまり下記「天草大王」と同じ。

九州新幹線鹿児島ルート全線開業に向けて2010年3月に熊本県が発表したクマのキャラクター「くまモン」は、2011年の「ゆるキャラグランプリ」での得票数が第一位になったことがテレビやネットなどで紹介されたことで全国区の知名度を得て、今では熊本県産の様々な商品で使用されている。今この瞬間は、熊本駅にこの駅弁があってしかるべきかと。

販売駅
九州新幹線 新八代(しんやつしろ)駅 2004(平成16)年3月13日開業 熊本県八代市上日置町
鹿児島本線 八代(やつしろ)駅 1896(明治29)年11月21日開業 熊本県八代市萩原町1丁目
調製元
有限会社 みなみの風 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(39)5150
合資会社 頼藤商店 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(33)1145 http://www.yorifuji.org/

天草大王(1,000円)2007年1月27日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Amakusa Daio

掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年10月の登場。フタも同色同素材の長方形発泡材容器に割箸を置いて輪ゴムで留め、駅弁名と鶏のシルエットを描いた黄色い掛紙を巻いてさらに輪ゴムで留める。中身は鶏御飯の上に熊本の地鶏「天草大王」が、ゴボウ混じりの甘辛煮と胸肉塩焼きで載り、玉子焼や菜の花などを添える。

九州の鶏飯駅弁で4桁の価格は高いが、中身の見栄え、盛り沢山感のある詰め方、メインの鶏肉の締まりや風味など、その品質は高い。すでに九州一の人気駅弁が鎮座する八代と新八代で、第三第四の駅弁に留まらせるのはもったいない印象。駅弁大会で勝負するには、掛紙のデザインはもっと華美でよい。

天草大王とは最大で体高約90cm、体重約7kgにもなる、明治時代中期に熊本県天草地方で生まれた超大型の食用鶏。繁殖させ辛いため昭和初期に絶滅し、絵画と文献のみが残されていた。熊本県農業研究センターがこれに基づいて7年7世代かけて交配を重ね、2001年に復元を成功させた。これを原種として九州ロードの雌と交配した肉用鶏が販売され、駅弁にも使われる。

販売駅
九州新幹線 新八代(しんやつしろ)駅 2004(平成16)年3月13日開業 熊本県八代市上日置町
鹿児島本線 八代(やつしろ)駅 1896(明治29)年11月21日開業 熊本県八代市萩原町1丁目
調製元
有限会社 みなみの風 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(39)5150
合資会社 頼藤商店 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(33)1145 http://www.yorifuji.org/
催事駅弁

天草大王(525円)2010年1月15日に京王百貨店駅弁大会で購入
Amakusa Daio

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年1月の京王百貨店駅弁大会で実演販売されていた商品。同時に売られていた上記「天草大王」の御飯だけをプラ容器に詰めて、意匠は同じだけれども色が異なる小さな掛紙を巻いて販売。催事場では見た目で通常版より人気を得ており、実演ブースに行列を作った買い物客のほとんどが、これを買っていたような。

販売駅
九州新幹線 新八代(しんやつしろ)駅 2004(平成16)年3月13日開業 熊本県八代市上日置町
鹿児島本線 八代(やつしろ)駅 1896(明治29)年11月21日開業 熊本県八代市萩原町1丁目
調製元
有限会社 みなみの風 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(39)5150
合資会社 頼藤商店 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(33)1145 http://www.yorifuji.org/
催事駅弁

天草大王(1,260円)2010年9月18日に高島屋横浜店催事場で購入
Amakusa Daio

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

テレビ番組を名乗る高島屋での催事で購入した、八代の駅弁屋の催事商品。京王百貨店駅弁大会の時と同じ掛紙で、プラ製トレーを詰めた発泡材枠容器を包む。中身は色の濃い鶏飯の上にクリーム色の鶏照焼と鶏蒸焼?を広げるように重ねて並べ、錦糸卵や菜の花や桜大根などを添えるもの。塩とコショウで味付けされた肉がぷりぷりしており、駅弁と同じような内容であるのに、こちらのほうが見栄えがする。少量で高価でもある。

調製元
有限会社 みなみの風 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(39)5150
合資会社 頼藤商店 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(33)1145 http://www.yorifuji.org/
催事駅弁

天草大王(1,260円?)2010年9月18日に高島屋横浜店催事場で購入
Amakusa Daio

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

テレビ番組を名乗る高島屋での催事で購入した、八代の駅弁屋の催事商品。京王百貨店駅弁大会の時と同じ掛紙で、プラ製トレーを詰めた発泡材枠容器を包む。中身は色の濃い鶏飯の上に焼き鳥を2本並べ、錦糸卵や菜の花や桜大根などを添えるもの。見た目の鶏肉は少なかったが、飯にも味と身で肉が入っており、御飯を余すことはなかった。価格は忘却。

調製元
有限会社 みなみの風 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(39)5150
合資会社 頼藤商店 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(33)1145 http://www.yorifuji.org/
催事駅弁

天草大王地鶏めし(360円?)2010年9月18日に高島屋横浜店催事場で購入
Amakusa Daio Jidori Meshi

掛紙 外観 外観 中身 中身

テレビ番組を名乗る高島屋での催事で購入した、駅弁と同じ名前を名乗る八代の駅弁屋の催事商品。透明なプラ製の惣菜容器に、色の濃い鶏飯の型押し飯を2個詰めて、商品名と天草大王の写真を印刷した紙帯で留める。以前に熊本の駅弁屋も百貨店での催事で全く同じタイプの鶏飯おにぎりを販売していたので、こういうタイプの商品が熊本や九州では親しまれているのだろう。価格は忘却。

調製元
有限会社 みなみの風 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(39)5150
合資会社 頼藤商店 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(33)1145 http://www.yorifuji.org/