banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR九州 鹿児島中央(かごしまちゅうおう)駅2005年9月11日訪問Googleマップ
JR-Kyushu Kagoshima-chuo Station

駅名標 駅舎 駅構内

博多から新幹線で一時間半前後。鹿児島市は鹿児島県中部で鹿児島湾に面する人口約60万人の城下町で県庁所在地。活発な火山活動が続く桜島がシンボル。駅弁は国鉄時代からの駅弁業者が撤退した後は、キヨスクその他の駅構内売店で出水駅の駅弁屋や市内の食堂などの弁当が入り乱れている。1913(大正2)年10月11日開業 鹿児島県鹿児島市中央町。

ますみつ黒豚弁当(788円)2016年10月23日に鹿児島中央駅の駅弁売り場で購入
Masumitsu Kurobuta Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年までに発売か。小柄な正方形の容器に白御飯を敷き詰め、黒豚の味噌焼き、高菜の醤油漬け、鶏唐揚、薩摩揚げ、錦糸卵、紅生姜、ニンジンなどで覆う豚丼。豚肉のおこげの香り食が進み、廉価がうれしく、県内駅弁最大手の松栄軒と違う味があることも大切。

販売駅
鹿児島本線 鹿児島中央(かごしまちゅうおう)駅 1913(大正2)年10月11日開業 鹿児島県鹿児島市中央町
調製元
有限会社 ますみつ 鹿児島県鹿児島市稲荷町24−25 099(247)8821

黒豚三昧(1,080円)2016年10月22日に鹿児島中央駅の駅弁売り場で購入
Kurobuta Zanmai

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年10月に「黒豚三昧」「牛肉三昧」「鶏肉三昧」がまとめてデビュー、同時にJR九州の駅弁キャンペーン「第12回九州駅弁グランプリ」へまとめてエントリー、さらに東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」でまとめて販売。ボール紙製パッケージのデザインもよく似ている。

黒い正六角形の容器の黒豚三昧は、茶飯を豚味噌そぼろと錦糸卵で覆う丼、茶飯を豚肉の塩たれ焼きと高菜漬けで覆う丼、茶飯を豚肉の醤油たれ焼きと紅生姜で覆う丼のセット。冷蔵販売の影響もあるのか、いずれも固く冷たく味付けの濃い味。

販売駅
鹿児島本線 鹿児島中央(かごしまちゅうおう)駅 1913(大正2)年10月11日開業 鹿児島県鹿児島市中央町
調製元
株式会社 松栄軒 鹿児島県出水市上鯖渕532−3 0996(62)0617 http://shoeiken.com/

牛肉三昧(1,150円)2016年10月22日に鹿児島中央駅の駅弁売り場で購入
Gyuniku Zanmai

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年10月に「黒豚三昧」「牛肉三昧」「鶏肉三昧」がまとめてデビュー、同時にJR九州の駅弁キャンペーン「第12回九州駅弁グランプリ」へまとめてエントリー、さらに東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」でまとめて販売。ボール紙製パッケージのデザインもよく似ている。

黒い長方形の容器の牛肉三昧は、茶飯を牛タンたれ焼き、牛すき焼き、牛そぼろで覆い、紅生姜を添える牛丼。中身も味も常温や冷蔵の駅弁として標準的なタイプで、鹿児島でなくてもよいような。

販売駅
鹿児島本線 鹿児島中央(かごしまちゅうおう)駅 1913(大正2)年10月11日開業 鹿児島県鹿児島市中央町
調製元
株式会社 松栄軒 鹿児島県出水市上鯖渕532−3 0996(62)0617 http://shoeiken.com/

鶏肉三昧(980円)2016年10月22日に鹿児島中央駅の駅弁売り場で購入
Toriniku Zanmai

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年10月に「黒豚三昧」「牛肉三昧」「鶏肉三昧」がまとめてデビュー、同時にJR九州の駅弁キャンペーン「第12回九州駅弁グランプリ」へまとめてエントリー、さらに東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」でまとめて販売。ボール紙製パッケージのデザインもよく似ている。

黒い正方形の容器の鶏肉三昧は、茶飯をざらっとした焼き鳥サイズの鶏照焼で覆い、きんぴらごぼう、サツマイモ、紅生姜を添えるもの。鶏飯というより焼き鳥丼のような感じで、駅弁としては一風変わっている。

販売駅
鹿児島本線 鹿児島中央(かごしまちゅうおう)駅 1913(大正2)年10月11日開業 鹿児島県鹿児島市中央町
調製元
株式会社 松栄軒 鹿児島県出水市上鯖渕532−3 0996(62)0617 http://shoeiken.com/

黒豚チャーシュー弁当(864円)2013年11月30日に鹿児島中央駅コンコース売店で購入
Kurobuta Charsiu Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2012年の秋までに発売か。炊込飯の上を錦糸卵と黒豚チャーシューで覆い、ガネ、薩摩揚、玉子焼、筑前煮などを添える。駅弁の名前あるいは同種の駅弁と違い、メインになるはずの黒豚チャーシューは中小各1切れのみで、これを載せた御飯の部分も全体の半分程度であり、おかずが充実。名前から想像する重さを、良い意味でまったく感じないお食事。買って食べた普通の旅行者にも好評のようだ。価格は2013年の購入時点で800円、2016年時点で864円。

※2017年3月補訂:値上げを追記
販売駅
鹿児島本線 鹿児島中央(かごしまちゅうおう)駅 1913(大正2)年10月11日開業 鹿児島県鹿児島市中央町
調製元
有限会社 ますみつ 鹿児島県鹿児島市稲荷町24−25 099(247)8821

美味しいとこだけ鹿児島(864円)2013年11月30日に鹿児島中央駅コンコース売店で購入
Oishi Tokodake Kagoshima

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

九州新幹線全線開業記念駅弁22種のひとつとして、2011年2月1日から8月31日まで販売。その後も販売が継続している模様。発泡材の小箱を2段に重ねた容器の中身は、下段が日の丸御飯に笹団子、上段が骨付きの豪快なとんこつ、ガネ、薩摩揚、有頭海老、たっぷりのキビナゴ揚げ、煮玉子など。これも同じ日に食べた上記「黒豚チャーシュー弁当」と同じく、味は見た目よりだいぶあっさりしており、昼食でも夕食でも夜食でも大丈夫な感じ。価格を考えても、お得な駅弁。価格は購入当時で840円、2014年4月の消費税率改定により864円。

販売駅
鹿児島本線 鹿児島中央(かごしまちゅうおう)駅 1913(大正2)年10月11日開業 鹿児島県鹿児島市中央町
調製元
有限会社 ますみつ 鹿児島県鹿児島市稲荷町24−25 099(247)8821

かごしま黒豚ハンバーグ弁当(972円)2013年11月30日に鹿児島中央駅コンコース売店で購入
Kagoshima Kurobuta Hamburg Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2012年かそれ以前の発売。掛紙には、噴煙を上げる桜島と豚のキャラクターと商品名と宣伝文を描く。中身は五目飯とゆかりめし、ハンバーグ、エビフライ、サワラ照焼、玉子焼、鶏照焼、大学芋、ハッシュドポテトなど。黒豚ハンバーグは中身のごく一部であり、頭や体を使った後の昼食に向くようなガッツリ系のお弁当。これもまた、味は軽い。価格は2013年の購入時点で945円、2014年4月の消費税率改訂により972円。

※2017年3月補訂:値上げを追記
販売駅
鹿児島本線 鹿児島中央(かごしまちゅうおう)駅 1913(大正2)年10月11日開業 鹿児島県鹿児島市中央町
調製元
有限会社 ますみつ 鹿児島県鹿児島市稲荷町24−25 099(247)8821

黒豚カツ弁当(972円)2013年11月30日に鹿児島中央駅コンコース売店で購入
Kurobuta Cutlet Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2006年かそれ以前の発売。真っ黒な発泡材の容器を二段重ねにして、商品名と材料を描いたシンプルな掛紙をかける。中身は下段が日の丸御飯とタクアン、上段がとんかつ、キャベツの千切り、エダマメ、ミニトマト、玉子焼、筑前煮、ソースとマスタード。まるで食堂のとんかつ定食がそのまま弁当になった感じ。添付のソースで塩辛くしないほうがジューシーな、常温で活きるお弁当の味。価格は発売当時で800円、購入当時で880円、2014年時点で972円。

販売駅
鹿児島本線 鹿児島中央(かごしまちゅうおう)駅 1913(大正2)年10月11日開業 鹿児島県鹿児島市中央町
調製元
有限会社 ますみつ 鹿児島県鹿児島市稲荷町24−25 099(247)8821

【終売】さつま黒ぶためし(1,000円)2005年12月31日に鹿児島中央駅コンコース売店で購入
Satsuma Kurobuta Meshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2004年の九州新幹線部分開業に合わせて登場か。デパ地下の惣菜のような浅く広い容器に、桜島と商品名のみ書いた簡単な掛紙をかけて、ゴムでしばる。中身は鶏の炊込御飯の上に黒豚バラ肉煮を載せて、有頭海老に薩摩揚にきんぴらや玉子焼や煮物やコールスローなどを添えるもの。鹿児島の食材にこだわったそうな。

分量と御飯部分でパワフルな重さと、食材の種類や見栄えとおかずの部分でしなやかな軽さは、合わせればちょうどよい。容器や外装に感じる駅弁らしくなさは、むしろ新しい鉄道に合わせた新しいスタイルを感じる。ただ、JR子会社が市中の弁当を仕入れて売る形態は、失うものがないとは言えない。この駅弁の製造者の所在地と電話番号では、なぜか別名の自動販売機屋が該当する。この駅弁は2014年時点で現存していないのではないかと思う。

販売駅
鹿児島本線 鹿児島中央(かごしまちゅうおう)駅 1913(大正2)年10月11日開業 鹿児島県鹿児島市中央町
調製元
有限会社 サイトウ 鹿児島県鹿児島市東谷山1−19−11 099(210)1855
九州キヨスク 株式会社 鹿児島県鹿児島市西田2丁目20−5 099(255)5161

鹿児島黒豚角煮弁当(1,080円)2013年12月1日に鹿児島中央駅改札外商業施設「みやげ横丁」で購入
Kagoshima Kurobuta Kakuni Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

百貨店催事に空弁に道弁にネット通販にと活躍する豚角煮弁当が、2011年までに鹿児島中央駅にも進出。白御飯の上を、形がきれいでおいしそうで分厚い豚角煮で覆い、半熟卵と豚味噌を添え、高菜炒めと大根桜漬とマスタードを付ける。豚角煮と煮玉子はコテコテでトロトロで、豚味噌はお湯で溶けばとんこつラーメンの汁になりそうな、御飯を濃厚にいただく駅弁。これは駅弁大会に向きそう。価格は購入当時で1,050円、2014年4月の消費税率改定により1,080円。

販売駅
鹿児島本線 鹿児島中央(かごしまちゅうおう)駅 1913(大正2)年10月11日開業 鹿児島県鹿児島市中央町
調製元
株式会社 萬來 鹿児島県志布志市志布志町安楽4623−5 099(472)3835

鹿児島よくばり弁当(1,100円)2011年1月29日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Kagoshima Yokubari Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

九州新幹線全線開業記念駅弁22種のひとつとして2011年1月1日から8月31日まで販売。また、松阪駅大船駅阪神百貨店駅弁大会における姫路駅と同じく、双葉社「漫画アクション」の連載漫画「駅弁ひとり旅」とのタイアップ駅弁でもある。調製元は出水駅の駅弁屋だが、JR九州、京王百貨店駅弁大会、阪神百貨店駅弁大会とも鹿児島中央駅の駅弁としているため、こちらに収蔵する。出水駅と川内駅も販売駅として記される。

内側が赤く外側が黒い長方形の発泡材製容器を、中身のイラストに牛肉や新幹線の宣伝文を書いたボール紙の枠にはめる。中身はイラストのとおり、御飯の上を鹿児島産曽於(そお)さくら牛のすき焼、錦糸卵と紅生姜と花形ニンジン、鹿児島産黒豚たれ焼で3分の1ずつ覆い、桜島大根といこもちを添えるもの。甘い甘い牛肉と、スッキリした豚肉と、少量も肉の味を生かす御飯と、桜島大根といこもちの組合せが興味深い。価格以外には不満なし。販売はその後も継続されている。価格は購入当時で1,100円、2014年4月の消費税率改定により、1,130円または1,140円。

曽於とは鹿児島県のうち大隅国の北半分、つまり鹿児島県の北東側一帯の地域を指す古くからの郡名。1972(昭和47)年3月まで「囎唹」の漢字を使っていた。いずれにしても大阪はもちろん九州の人にとってもなじみの薄い地名なのだろう、パッケージでも振り仮名が付いている。2005年7月にはいわゆる平成の大合併により3町の合併で曽於市が誕生しており、これから読まれるよう、読めるようになっていくのだろうか。

※2015年2月補訂:値上げを追記
※2013年5月補訂:販売継続を追記
販売駅
鹿児島本線 鹿児島中央(かごしまちゅうおう)駅 1913(大正2)年10月11日開業 鹿児島県鹿児島市中央町
調製元
出水駅鉄道構内営業株式会社(松栄軒) 鹿児島県出水市上鯖渕712−2 0996(62)0617 http://shoeiken.com/

【終売】薩摩鳥めし弁当(780円)2006年1月27日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Satsuma Torimeshi Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

ボール紙の箱とプラ製トレーの市販惣菜容器を使用。中身は茶飯の上に錦糸卵と刻み海苔と、身の締まった鶏照焼スライスを3切れ載せ、鶏唐揚に加えてキビナゴやイカ和えや山川漬など、おかずというより酒のつまみのようなものを付け合わせる。

2004年3月の九州新幹線の開業前までは、経木枠の正方形容器や専用紙箱を使う正統派の駅弁だったが、開業後は他の旧西鹿児島駅弁と同様、市販の容器を素で使うただの惣菜弁当に変わった。これはもう駅弁ではない。ただ、駅弁大会への出品では写真のように、かつての掛紙や紙箱と同じ柄の掛紙をかけて販売される。色づかいを除くとぶっきらぼうな柄だが、これならば駅弁らしく見える。

なお、2006年4月までに調製元が駅弁から撤退したとの情報がある。この駅弁は駅で買えなくなった模様。

※2006年5月補訂:写真の掲載と解説文の全面改訂
※2006年1月補訂:販売現況を追記
販売駅
鹿児島本線 鹿児島中央(かごしまちゅうおう)駅 1913(大正2)年10月11日開業 鹿児島県鹿児島市中央町
調製元
株式会社 わたなべ 鹿児島県鹿児島市中央町1−1 099(257)7188

【終売】とんこつ弁当(900円)2006年1月27日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Tonkotsu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

1967(昭和42)年の登場。ボール紙製の長方形容器に黒いトレーを入れる。中身は鶏ガラスープの炊き込み御飯に椎茸などの煮物などと、黒豚あばら肉を焼酎・味噌・黒砂糖で煮込んだ薩摩名物の豚骨(とんこつ)が入る。これが九州新幹線開業前での情報。

しかし2004年3月の九州新幹線開業の頃かその後に、調製元はすべての駅弁について掛紙を廃し、容器も市販汎用紙箱か惣菜弁当のプラトレーに置き換えて、駅弁の風情は完全に失われた。業界団体に加盟せず、駅弁としての情報発信もせず、今は単なる駅のテナント。当館でも駅弁としての紹介を見合わせたい。

なお、駅弁催事には写真のように、以前の掛紙を付けて販売しているし、中身は催事でも現地でも変わらないはずで、豚骨のもちもちっとした食感と風味は忘れられない。

鹿児島中央駅は日本最南端の公式駅弁販売駅。鹿児島県の玄関口で新幹線やすべての特急の始終着駅である駅は、大衆食堂や大待合室を備えた古き時代の駅舎がJR発足まで持ちこたえたが、九州新幹線を受け入れるために撤去され、大階段が特徴的な赤く新しい駅舎に建て替えられた。

鹿児島市民に「西鹿児島駅」と言っても通じず、「西駅(にしえき)」と言うとわかってもらえた。2004年の駅名改称後の通称は分からないが、新聞では「鹿中央駅」と表現している模様。鹿児島駅は「鹿駅(かえき)」と呼ぶ。

なお、2006年4月までに調製元が駅弁から撤退したとの情報がある。この駅弁は駅で買えなくなった模様。

※2006年5月補訂:写真の掲載と解説文の一部追記
※2006年1月補訂:販売現況を追記
※2005年5月補訂:写真の掲載と解説文の一部改訂
販売駅
鹿児島本線 鹿児島中央(かごしまちゅうおう)駅 1913(大正2)年10月11日開業 鹿児島県鹿児島市中央町
調製元
株式会社 わたなべ 鹿児島県鹿児島市中央町1−1 099(257)7188

【終売】曽於(そお)さくら牛しぐれ碗(2,500円)2011年1月13日に京王百貨店駅弁大会で購入
So-o Sakuragyu Shigure Wan (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

九州新幹線全線開業記念駅弁22種のひとつとして、2011(平成23)年1月1日から8月31日まで販売。調製元は出水駅の駅弁屋だが、JR九州、京王百貨店駅弁大会、阪神百貨店駅弁大会とも鹿児島中央駅の駅弁としているため、こちらに収蔵する。出水駅と川内駅も販売駅として記される。

薩摩焼の黒い碗を、中身や容器や九州新幹線車両の写真を印刷したボール紙の箱に詰める。窯元が7つあり、碗も7種類があるという。中身は白御飯の上に「曽於さくら牛」のすき焼肉のしぐれ煮、煮玉子、ニンジンとシイタケとゴボウを載せるもの。価格はとても高いが、牛肉に厚みがあり、赤身が強いのに柔らかい。甘に傾く甘辛が強いという九州らしい味付けが可ならば、旨い駅弁だと思う。容器は重く厚いものの質感は上々。

2010年3月に商標登録されたばかりの新しいブランド牛「曽於さくら牛」はともかく、曽於という名称そのものが聞き慣れないので調べてみるとやはり、鹿児島県の宮崎県境付近で2005年7月に末吉町、財部町、大隅町が合併してできた新しい市であった。旧郡名であり、3町の合併協議会も「曽於北部合併協議会」でもあり、「囎唹」という表記であれば千年以上の歴史がある地名だそうだが、県外での知名度はこれからの印象。

販売駅
鹿児島本線 鹿児島中央(かごしまちゅうおう)駅 1913(大正2)年10月11日開業 鹿児島県鹿児島市中央町
調製元
出水駅鉄道構内営業株式会社(松栄軒) 鹿児島県出水市上鯖渕712−2 0996(62)0617 http://shoeiken.com/