banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

惣菜・べんとうグランプリの概要

「惣菜・べんとうグランプリ」とは、日本食糧新聞社が1998(平成10)年から毎年開催する業務用食品・食材機器、容器の総合見本市「ファベックス展」で2010(平成22)年から実施する企画です。日本各地で販売されている惣菜や弁当の中から、自薦と他薦により応募商品を募集、審査委員会による書類審査と試食審査を経て100点程度の「応募商品」を絞り込み、部門別に金賞、優秀賞、入選の区分けを行うものです。

惣菜・べんとうグランプリに、2015(平成27)年から駅弁に関する部門が設けられ、年に20点程度の応募商品が受賞商品になっています。JR駅の駅弁屋の団体である日本鉄道構内営業中央会が、特別協力者として名を連ねています。

「惣菜・べんとうグランプリ2017」駅弁・空弁部門の結果

2017(平成29)年2月6日に発表された、惣菜・べんとうグランプリ2017の「駅弁・空弁部門」の結果は次のとおり。商品総数1202品の中から8部門について、金賞18品、優秀賞32品、入選72品を決定しました。

「惣菜・べんとうグランプリ2016」駅弁・空弁部門の結果

2016(平成28)年3月18日に発表された、惣菜・べんとうグランプリ2016の「駅弁・空弁部門」の結果は次のとおり。商品総数1084品の中から6部門について、金賞12品、優秀賞43品、入選43品を決定しました。

「惣菜・べんとうグランプリ2015」駅弁部門の結果

2015(平成27)年4月15日に発表された、惣菜・べんとうグランプリ2015の「駅弁部門」の結果は次のとおり。商品総数1053品の中から7部門について、金賞12品、優秀賞38品、入選45品を決定しました。