banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


駅弁関連書籍駅弁関連書籍と掲載駅弁(昭和の駅弁本)
 過去の駅弁を調べる上で有益な、駅弁に関する書籍とその概要に収録駅弁を紹介します。表紙画像をクリックすると「amazon.co.jp」のサイトが表示され、在庫や出品があれば書籍を購入することができます。
  1. 駅弁紹介DVD(12本収蔵) UP!(2007/8/10)
  2. 駅弁マンガ(17冊収蔵) UP!(2007/8/10)
  3. 昭和の駅弁本(13点収蔵) UP!(2007/8/10)
  4. その他(19点収蔵) UP!(2007/8/10)

駅弁本表紙画像 「汽車弁駅弁旅の味」林順信著
  • [出版社]  新潮社
  • [発行年月日]  1988(昭和63)年4月20日
  • [サイズ]  縦19×横13センチ 217ページ
  • [定価]  1,000円
  駅弁と江戸と都電に詳しい著者による駅弁雑学紹介本。様々な文献や資料に裏付けられた駅弁知識によくぞここまでと感心するのが半分、同じ著者の別の著作で同じ記述を見たようなという印象が半分。一冊読み通せば明治から昭和までの時代における駅弁博士になれるはず。具体的な駅弁の紹介はほとんどない。

駅弁本表紙画像 「別冊家庭画報 全国駅弁100選」
  • [出版社]  世界文化社
  • [発行年月日]  1987(昭和62)年9月1日
  • [サイズ]  縦27×横22センチ 210ページ
  • [定価]  1950円
  史上最大で最重量級だと思われる全国駅弁紹介本。全国の有名駅弁100種類を豊富かつ巨大な写真と背景と雑学でじっくり紹介する。著名人の座談会や寄稿に駅弁雑学や調理方法なども掲載。

駅弁本表紙画像 「目白三平 駅弁物語」中村武志著
  • [出版社]  旺文社
  • [発行年月日]  1987(昭和62)年5月25日
  • [サイズ]  縦15×横11センチ 282+17ページ
  • [定価]  460円
  元国鉄職員で作家の著者による目白三平シリーズの駅弁版。駅弁紹介本ではなく旅と食べ物のエッセイ集なので、本文の駅弁に関する内容は8話46ページ分のみ。巻末の特殊駅弁リストも調製元所在地連絡先と駅弁の価格がない簡易版だが、2ページの「全国私鉄駅弁一覧」はとても珍しい。

駅弁本表紙画像 カラーブックス「駅弁」林順信著
  • [出版社]  保育社
  • [発行年月日]  1986(昭和61)年11月30日
  • [サイズ]  縦15×横11センチ 151ページ
  • [定価]  500円
  著者は駅弁ラベル収集歴50年。巻頭96ページで日本全国の国鉄駅の主要駅弁をカラー写真か白黒写真で解説なしに掲載。その後に「駅弁歳時記」なる食材をテーマにした月替わり駅弁エッセイを載せ、巻末に全国国鉄駅弁一覧表と駅弁業者一覧表を掲載する。文字情報が少ないのはカラー写真がメインの文庫シリーズだからか。

駅弁本表紙画像 別冊山と渓谷「日本列島駅弁各駅停車」山と渓谷社編
  • [出版社]  山と渓谷社
  • [発行年月日]  1985(昭和60)年7月15日
  • [サイズ]  縦26×横21センチ 191ページ
  • [定価]  980円
  私見で空前絶後・史上最強の全国駅弁紹介本。国鉄のすべての公式駅弁販売駅を取り上げ、オールカラーで代表的な駅弁を写真と短文で紹介する。後にまもなく駅弁がなくなる小さな駅の駅弁もしっかり拾っており、国鉄末期の駅弁現況や過去の著名駅弁を確認できる貴重な史料。駅弁好きなら一冊持っていたいし、同じコンセプトで続編が発行されて欲しい。

駅弁本表紙画像 ニューガイドアルファ「うまい駅弁味めぐり」ニューガイド編集部編
  • [出版社]  弘済出版社
  • [発行年月日]  1985(昭和60)年5月10日
  • [サイズ]  縦20×横12センチ 248ページ
  • [定価]  880円
  国鉄関連会社で時刻表などを発行する弘済出版社の旅行ガイドブックシリーズの駅弁版。駅弁著作の多い林順信氏と鉄道に詳しい川口力氏の執筆メンバーで、国鉄全国197駅の駅弁320種を1ページ1〜2種で紹介。簡潔で客観的な解説文と章末の調製元・駅弁リストに資料性が高いが、駅弁のカラー写真が少なく白黒写真が不鮮明なのは惜しい。

駅弁本表紙画像 「駅弁物語」瓜生忠夫著
  • [出版社]  家の光協会
  • [発行年月日]  1979(昭和54)年7月3日
  • [サイズ]  縦19×横14センチ 314ページ
  • [定価]  1,300円
  映画評論家で大学の講師を務める著者による駅弁雑学・エッセイ集。駅弁の歴史、駅弁お国自慢、駅弁食べ歩きの三章立てで読み物が連なるが、その文中に含まれた駅弁登場年などの客観的データは価値がある。また、巻頭の駅弁マップと巻末の全国駅弁案内(駅弁一覧)も価値が高い。

駅弁本表紙画像 「駅売弁当−北から南まで−」山崎きく子著
  • [出版社]  柴田書店
  • [発行年月日]  1976(昭和51)年9月15日
  • [サイズ]  縦18×横13センチ 253+5ページ
  • [定価]  980円
  柴田書店「味覚選書」の駅弁版で、調理学を担当する大学講師が十年間の研究成果を著した駅弁総合ガイド。国鉄の幹線別に主要駅弁142種を短文で紹介するほか、著名駅弁の調理法、駅弁の概要や歴史を記す。読める内容で資料性もあり、長く読み継がれるべき書籍だと思うが、入手や閲覧は困難である。

駅弁本表紙画像 「駅弁の旅」クック編集部編
  • [出版社]  千趣会
  • [発行年月日]  1973(昭和48)年4月1日
  • [サイズ]  縦12×横18センチ 273ページ
  • [定価]  300円
  表紙カバーのみ記載の編者の素性は不明。国鉄全線の特殊駅弁販売駅について、1駅1駅弁で126種類を地域別に分類して文章と一部カラー写真で紹介する。観光メモやドライブイン地図にも紙面が割かれ、駅弁紹介文も地誌の要素が盛り込まれるなど、駅弁紹介の側面が強い観光ガイドと言える。巻末に全国特殊駅弁リストを掲載。

駅弁本表紙画像 「駅弁マニア」瓜生忠夫著
  • [出版社]  報知新聞社
  • [発行年月日]  1969(昭和44)年7月5日
  • [サイズ]  縦17×横11センチ 278ページ
  • [定価]  350円
  映画評論家で自ら駅弁マニアを名乗る著者が、主に自身の経験に基づき記した駅弁エッセイ。本文中の客観的データはすべて過去の著作からの引用のようで、巻末の駅弁地図と特殊駅弁リストを除き、資料というより経験談の読み物として使うとよい。

駅弁本表紙画像 カラーブックス「駅弁旅行」石井出雄著
  • [出版社]  保育社
  • [発行年月日]  初版1967(昭和42)年4月1日 6刷1972(昭和47)年9月1日 7刷1973(昭和48)年5月1日
  • [サイズ]  縦15×横11センチ 153ページ
  • [定価]  280円
  全体の2/3で全国各地129駅の主要駅弁を豊富なカラー写真や白黒写真と少ない解説文で紹介し、残る1/3は9項目分の駅弁エッセイ。巻末に全国特殊駅弁一覧表を掲載。なお、内容は毎年差し替えられていると思われる。

駅弁本表紙画像 「くいしんぼ 気車の旅」藤野英夫著
  • [出版社]  観光展望社
  • [発行年月日]  初版1966(昭和41)年12月1日 5版1968(昭和43)年4月15日
  • [サイズ]  縦17×横11センチ 288ページ
  • [定価]  5版300円
  元国鉄職員で鉄道弘済会に勤務する著者が、全国の国鉄線の駅弁販売駅別に代表駅弁と駅弁リストにホームで買える名産品を短文で記す。販売開始年などの客観的データは少ないが、当時の駅弁現況を知ることができる。

駅弁本表紙画像 「駅弁日本一周」読売新聞くらしの案内編
  • [出版社]  早川書房
  • [発行年月日]  4版1963(昭和38)年6月30日
  • [サイズ]  縦18×横11センチ 257ページ
  • [定価]  260円
  読売新聞都内夕刊版に1962(昭和37)年の一年間で連載された、日本全国の国鉄線の著名駅弁110種についてそれぞれ、見開き2ページと白黒写真で紹介する新聞記事集。新幹線がなく特急や飛行機の利用が一般的でない時代の著名駅弁のリストや販売状況を知ることができる資料である。


(未入手の駅弁資料)
「駅弁大会 光文社新書」京王百貨店駅弁チーム2001年10月光文社発行
「沿線別全国駅弁グルメ旅 トラベルメイト」1992年4月近畿日本ツーリスト発行
「駅弁の旅 山渓とっておきの旅」入江織美1988年1月山と渓谷社発行
「駅弁の旅(北海道)」山谷正1988年1月富士書院発行

2001年6月17日開設 2007年8月10日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.