banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


駅弁資料集鶴屋駅弁大会

鶴屋駅弁大会について

 鶴屋の駅弁大会は、熊本県熊本市の百貨店である鶴屋で、近年は「全国有名駅弁当とうまいもの大会」の名称で、毎年2月に約2週間の会期で開催される催事です。

 全国各地の駅弁の輸送販売や実演販売が実施され、会期が長く会場の賑わいは京王や阪神に負けず劣らない、全国で三大あるいは四大ないし五大駅弁大会のひとつに数えられる大規模な駅弁大会です。

  • 京王百貨店の駅弁大会
  • 阪神百貨店の駅弁大会


    1965(昭和40)年3月23日(火)〜28日(日)
    「九州駅弁当大会 うまいもの大会」


     鶴屋駅弁大会の第1回は、「駅弁の甲子園」こと京王百貨店の駅弁大会より1年早く、鶴屋の開店後14年目である1965(昭和40)年に開催されました。国鉄の熊本鉄道管理局の後援のもと、門司と熊本の駅弁の実演販売と、折尾、博多、三角、八代、宮崎の駅弁の輸送販売が行われたほか、東海道新幹線その他の国鉄観光映画の上映も実施されたようです。


    1966(昭和41)年3月24日(木)〜30日(水)
    「第2回有名駅弁とうまいもの大会」


     催事の名前が変わるとともに回数が付き、開催期間が1日増えて7日間となりました。門司、折尾、博多、鳥栖、佐賀、熊本、人吉、三角、宮崎、延岡、豊後竹田、阿蘇と島根県から米子の駅弁が販売されたほか、国鉄映画の上映と熊本鉄道模型クラブによるミニチュア汽車運転が行われたようです。


    1967(昭和42)年3月22日(水)〜28日(火)
    「第3回西日本有名駅弁当とうまいもの大会」


     鶴屋の創業15周年を記念。催事の名前がまた変わり、開催期間は7日間で、九州国鉄営業会の協賛が付き、米子、門司、小倉、折尾、博多、鳥栖、熊本、三角、人吉、宮崎、都城の駅弁が販売されたほか、国鉄映画の上映が行われたようです。


    1968(昭和43)年3月8日(金)〜13日(水)
    「第4回西日本有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催時期が約2週間繰り上がり、開催期間が1日減って6日間となり、広島、米子、門司、小倉、折尾、博多、鳥栖、熊本、三角、人吉、都城、西鹿児島の駅弁が販売されたようです。


    1969(昭和44)年2月27日(木)〜3月5日(水)
    「第5回有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催時期がさらに約1週間繰り上がり、開催期間が7日間に戻り、金沢、広島、米子、宇和島、門司、小倉、折尾、博多、鳥栖、肥前山口、熊本、三角、八代、人吉、宮崎、都城、西鹿児島の駅弁が実演販売されたほか、国鉄観光映画の上映が行われたようです。


    1970(昭和45)年2月13日(金)〜19日(木)
    「第6回全国有名駅弁当大会 名物うまいもの大会」


     催事の名前が変わり、開催時期がさらに約2週間繰り上がり、開催期間は7日間で、黒磯、富山、岡山、米子、広島、門司、小倉、折尾、博多、鳥栖、肥前山口、三角、熊本、人吉、都城の駅弁が実演販売されたほか、国鉄観光映画の上映や模型国鉄列車展示が行われたようです。


    1971(昭和46)年2月11日(木)〜17日(水)
    「第7回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     催事の名前が現在のものになり、開催期間は7日間で、郡山、新津、富山、横浜、神戸、岡山、米子、広島、門司、折尾、博多、鳥栖、三角、熊本、八代、人吉、西鹿児島の駅弁が実演販売されたようです。


    1972(昭和47)年2月11日(金)〜17日(木)
    「第8回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     鉄道100年と鶴屋の創業20周年を記念。開催期間は7日間で、後援に日本国有鉄道、熊本鉄道管理局、国鉄構内営業中央会、九州国鉄営業会の4者が連なり、函館、盛岡、気仙沼、郡山、横浜、富山、松阪、米子、広島、小倉、折尾、博多、鳥栖、熊本、三角、八代、人吉、出水、鹿児島などの駅弁が販売されたようです。


    1972(昭和47)年?
    「第9回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     1972年2月の第8回と1973年2月の第10回の間に開催があったようです。(調査中)


    1973(昭和48)年2月9日(金)〜15日(木)
    「第10回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は7日間で、盛岡、仙台、気仙沼、山形横浜、富山、神戸、和歌山、岡山、米子、福山、広島、徳山、博多、鳥栖、熊本、三角、八代、人吉、西鹿児島などの駅弁が販売されたようです。


    1974(昭和49)年2月8日(金)〜14日(木)
    「第11回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は7日間で、後援に熊本鉄道管理局、協賛に国鉄構内営業中央会と九州国鉄営業会の名前があります。森、盛岡、気仙沼、山形、横浜、富山、神戸、米子、広島、徳山、折尾、鳥栖、熊本、三角、八代、人吉、出水などの駅弁が販売されたようです。


    1975(昭和50)年2月11日(火)〜19日(水)
    「第12回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間が2日増えて9日間となり、協賛に全日空が加わり、森、函館、盛岡、気仙沼、山形、新津、富山、神戸、吉野口、米子、徳山、高松、小倉、折尾、博多、鳥栖、熊本、阿蘇、豊後竹田、八代、人吉、出水、宮崎など24駅31種の駅弁が販売されたようです。


    1976(昭和51)年2月11日(水)〜18日(水)
    「第13回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間が1日減って8日間となり、岩見沢、森、函館、盛岡、気仙沼、山形、横浜、新津、松本、富山、神戸、米子、徳山、阿波池田、高知、小倉、折尾、鳥栖、熊本、八代、阿蘇、豊後竹田、別府、三角、人吉、出水、宮崎など27駅38種の駅弁が販売されたようです。


    1977(昭和52)年2月11日(金)〜21日(月)
    「第14回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間が3日増えて11日間となり、森、函館、盛岡、山形、黒磯、富山、新津、松本、神戸、米子、阿波池田、高知、鳥栖、熊本、宮崎、西鹿児島などの駅弁が販売されたほか、SLの実物ナンバープレート12枚や写真集200冊の即売会が行われたようです。


    1978(昭和53)年2月11日(土)〜20日(月)
    「第15回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間が1日減って10日間となり、森、函館、気仙沼、山形、黒磯、横浜、新津、富山、松本、神戸、吉野口、徳山、米子、阿波池田、高知、折尾、博多、鳥栖、熊本、八代、三角、豊後竹田、阿蘇、人吉、出水、宮崎、西鹿児島など27駅41種の駅弁が販売されたようです。そのうち富山、吉野口、高知、宮崎の駅弁は全日空の航空貨物で輸送したと紹介されています。


    1979(昭和54)年2月7日(水)〜19日(月)
    「第16回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間が3日増えて13日間となり、森、函館、気仙沼、山形、郡山、黒磯、新津、横浜、富山、飛騨金山、吉野口、神戸、米子、徳山、阿波池田、高知、折尾、博多、熊本、阿蘇、三角、人吉、宮崎、出水、西鹿児島など28駅45種の駅弁が販売されたほか、国鉄旅行相談コーナーが開設されたようです。


    1980(昭和55)年2月6日(水)〜18日(月)
    「第17回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は13日間で、森、函館、山形、郡山、新津、糸魚川、富山、横浜、飛騨金山、松本、神戸、吉野口、米子、徳山、博多、熊本、人吉、西鹿児島など24駅37種の駅弁が販売されたようです。


    1981(昭和56)年2月11日(水)〜23日(月)
    「第18回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間が約1週間繰り下がり、開催期間は17日(火)の店休日を挟んで12日間で、森、函館、山形、郡山、横浜、新津、糸魚川、富山、松本、神戸、吉野口、米子、徳山、阿波池田、折尾、博多、鳥栖、熊本、三角、八代、人吉、出水、西鹿児島など23駅35種の駅弁が販売されたほか、国鉄全線主要駅スタンプが勢揃いしたようです。


    1982(昭和57)年2月10日(水)〜22日(月)
    「第19回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は13日間で、森、函館、仙台、山形、郡山、横浜、新津、糸魚川、富山、松本、飛騨金山、吉野口、神戸、米子、徳山、折尾、博多、鳥栖、熊本、三角、人吉、出水、西鹿児島など23駅38種の駅弁が販売されたほか、東北・上越新幹線の紹介や記念スタンプの設置、路面電車の走る17都市のパネル写真展やスタンプの設置が行われたようです。


    1983(昭和58)年2月9日(水)〜18日(金)
    「第20回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間が3日減って10日間となり、森、函館、仙台、山形、郡山、新津、糸魚川、富山、横浜、松本、飛騨金山、神戸、吉野口、米子、徳山、折尾、鳥栖、三角など23駅39種の駅弁が販売されたようです。


    1984(昭和59)年2月8日(水)〜20日(月)
    「第21回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間が戻り13日間となり、森、函館、仙台、郡山、山形、新津、糸魚川、富山、飛騨金山、徳山、米子、博多、熊本、人吉、西鹿児島など22駅38種の駅弁が販売されたようです。


    1985(昭和60)年2月6日(水)〜15日(金)
    「第22回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間がまた減って10日間となり、森、函館、気仙沼、山形、郡山、新津、横浜、糸魚川、飛騨金山、米子、三原、博多、熊本、出水など23駅47種の駅弁が販売されたようです。


    1986(昭和61)年2月5日(水)〜13日(木)
    「第23回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間がまた減って9日間となり、実質的に開催時期が1週間繰り上がり、森、函館、仙台、郡山、松本、新津、糸魚川、富山、飛騨金山、横浜、米子、吉野口、三原、岡山、折尾、博多、鳥栖、熊本、三角、人吉、出水、西鹿児島など22駅49種の駅弁が販売されたようです。


    1987(昭和62)年2月4日(水)〜12日(木)
    「第24回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は9日間で、函館、森、旭川、郡山、糸魚川、新津、横浜、松本、富山、吉野口、岡山、米子、三原、折尾、博多、鳥栖、熊本、三角、人吉、出水、西鹿児島など23駅64種の駅弁が販売されたようです。


    1988(昭和63)年2月3日(水)〜9日(火)
    「第25回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間がまた減って7日間となり、森、函館、盛岡、仙台、新津、糸魚川、郡山、横浜、富山、米子、岡山、三原、折尾、鳥栖、久留米、三角、人吉、出水、西鹿児島など22駅50種の駅弁が販売されたようです。後援の熊本鉄道管理局がJR九州熊本支店に、協賛の国鉄構内営業中央会が日本鉄道構内営業中央会に、それぞれ替わりました。


    1989(平成元)年2月1日(水)〜7日(火)
    「第26回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は7日間で、森、函館、仙台、郡山、糸魚川、富山、三原、米子、高松、折尾、西鹿児島など23駅57種の駅弁が販売されたようです。


    1990(平成2)年1月31日(水)〜2月6日(火)
    「第27回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は7日間で、22駅51種の駅弁が販売されたようです。


    1991(平成3)年1月30日(水)〜2月5日(火)
    「第28回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は7日間で、実質的に開催時期が1週間繰り上がり、旭川、森、函館、盛岡、横浜、新津、糸魚川、富山、岡山、三原、米子、高松、折尾、鳥栖などの駅弁が販売されたようです。この回か前回から、JR九州熊本支店の後援と、九州鉄道営業会の協力が外れています。


    1992(平成4)年2月6日(木)〜14日(金)
    「第29回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間が9日間に戻り、森、函館、旭川、盛岡、新津、糸魚川、横浜、富山、吉野口、三原、岡山、松江、米子、高松、高知、熊本、久留米、三角、宮崎、人吉など26駅66種の駅弁が販売されたようです。


    1993(平成5)年2月3日(水)〜12日(金)
    「第30回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間が10日間に増え、函館、旭川、森、厚岸、盛岡、横浜、新津、糸魚川、富山、大阪、神戸、吉野口、米子、松江、岡山、三原、高知、博多、鳥栖、久留米、三角など30駅90種の駅弁が販売されたようです。JR九州熊本支店が後援に復活しています。


    1994(平成6)年2月2日(水)から11日(金)
    「第31回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は10日間で、函館、旭川、森、厚岸、青森、盛岡、宮古、新津、糸魚川、富山、神戸、吉野口、三原、米子、松江、高松、など31駅約100種類の駅弁が販売されたようです。


    1995(平成7)年2月1日(水)〜10日(金)
    「第32回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は10日間で、函館、旭川、森、厚岸、小樽、青森、盛岡、宮古、新津、糸魚川、富山、神戸、吉野口、岡山、三原、尾道、米子、高松、高知など33駅約100種類の駅弁が販売されたようです。翌日以降の駅弁以降の予約を承る旨の案内が出ています。


    1996(平成8)年1月31日(水)〜2月9日(金)
    「第33回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は10日間で、函館、森、厚岸、小樽、青森、弘前、八戸、盛岡、宮古、気仙沼、新津、糸魚川、金沢、福井、神戸、鳥取、米子、倉敷、三原、下関、高松、熊本、三角、人吉、西鹿児島など38駅114種類の駅弁が販売されたようです。JR九州熊本支社の後援がなくなりました。


    1997(平成9)年2月5日(水)〜14日(金)
    「第34回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は10日間で、函館、森、厚岸、小樽、青森、弘前、八戸、盛岡、宮古、高崎、横浜、新津、糸魚川、富山、金沢、福井、敦賀、大阪、神戸、吉野口、新宮、鳥取、米子、松江、岡山、倉敷、尾道、三原、下関、高松、高知、今治、松山、折尾、博多、鳥栖、久留米、三角、人吉、出水、西鹿児島など41駅111種類の駅弁が販売されたようです。新津駅の駅弁当立売実演も実施されました。


    1998(平成10)年2月4日(水)〜13日(金)
    「第35回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は10日間で、興部、森、厚岸、小樽、青森、弘前、八戸、盛岡、宮古、高崎、横浜、小田原、新津、糸魚川、富山、浜松、美濃太田、福井、敦賀、神戸、西明石、吉野口、鳥取、米子、松江、岡山、倉敷、尾道、三原、下関、高松、高知、折尾、博多、鳥栖、久留米、三角、人吉、出水、西鹿児島など42駅121種類の駅弁が販売されたようです。


    1999(平成11)年2月3日(水)〜12日(金)
    「第36回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は10日間で、森、厚岸、小樽、青森、盛岡、宮古、米沢、仙台、横川、千葉、新宿、小田原、新津、糸魚川、福井、敦賀、小淵沢、新富士、浜松、神戸、西明石、新宮、鳥取、米子、松江、岡山、三原、小倉など47駅145種類の駅弁が販売されたようです。 ※今後調査


    2000(平成12)年
    「第37回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


    ※今後調査


    2001(平成13)年
    「第38回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


    ※今後調査


    2002(平成14)年
    「第39回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


    ※今後調査


    2003(平成15)年
    「第40回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


    ※今後調査


    2004(平成16)年2月4日(水)〜17日(火)
    「第41回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


    ※今後調査


    2005(平成17)年2月2日(水)〜15日(火)
    「第42回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


    ※今後調査


    2006(平成18)年2月1日(水〜14日(火)
    「第43回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


    ※今後調査


    2007(平成19)年2月7日(水)〜20日(火)
    「第44回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


    ※今後調査


    2008(平成20)年2月6日(水)〜19日(火)
    「第45回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は14日間。横川駅「峠の釜めし」(900円)、東京駅「焼肉・叙々苑JR焼肉弁当」(2,100円)、釧路駅「たらば寿し」(1,380円)、米沢駅「あったか牛肉弁当」(1,100円)、宮古駅「磯の鮑の片想い」(2,100円)、その他各地の駅弁や空弁など、全国46駅で100種類以上の駅弁などを販売しました。


    2009(平成21)年2月4日(水)〜17日(火)
    「第46回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


    ※今後調査


    2010(平成22)年2月3日(水)〜16日(火)
    「第47回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は14日間。オススメ!新作駅弁当特集として 加賀温泉駅「能登たべまっし」(980円)、高山駅「対決駅弁!飛騨牛vs味噌焼ポーク」(1,000円)、武雄温泉駅「武雄黒カレー」(1,500円)、宮古駅「南部鮭又兵衛の鮭っ子ちらし弁当」(1,050円)、米沢駅「しお味牛肉どまん中」(1,100円)、不動の人気を誇る老舗や有名駅弁として東京駅「特製焼肉弁当」(2,300円)、横川駅「峠の釜めし」(900円)、富山駅「特選ますのすし」(1,700円)、駅弁空弁対決サンドウィッチ編、鶴屋限定オリジナル弁当など、100種類以上の駅弁などを販売しました。


    2011(平成23)年2月2日(水)〜15日(火)
    「第48回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は14日間。九州初登場のご当地弁当として、仙台駅「特撰牛たん弁当」(1,100円)、甲府駅「甲州とりもつべんとう」(880円)、名古屋駅「抹茶ひつまぶし日本一弁当」(1,200円)、駅弁当の老舗御三家として横川駅「峠の釜めし」(900円)、富山駅「特選ますのすし」(1,700円)、森駅「いかめし」(500円)、叙々苑の焼肉弁当、午後5時からのお買得弁当など、チラシ掲載分で110種の駅弁などを販売しました。


    2012(平成24)年2月1日(水)〜14日(火)
    「第49回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は14日間。東京駅の叙々苑の焼肉弁当と山水楼の牛肉すき焼きチャーハン、偉人シリーズ対決として広島駅「清盛しゃもじ弁当」(1,100円)、鹿児島中央駅「薩摩龍馬路紀行」(1,050円)、敦賀駅「姫たちの御膳」(900円)、熊本駅のくまもんパッケージ釜めし3種、北海道の駅弁や空弁の調製元による鶴屋オリジナル弁当など、チラシ掲載分で111種の駅弁などを販売しました。


    2013(平成25)年1月30日(水)〜2月12日(火)
    「第50回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は14日間。チラシ掲載分で115〜117種の駅弁などを販売しました。


    2014(平成26)年1月29日(水)〜2月11日(火)
    「第51回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は14日間。大館駅「鶏めし弁当」(850円)、釧路駅「かに四種食べくらべ弁当」(1,380円)、「駅弁当人気の御三家」として横川駅「峠の釜めし」(1,000円)、富山駅「特選ますのすし小丸」(1,200円)、森駅「いかめし」(580円)などの実演販売を実施。新作駅弁、鶴屋限定弁当、キャラクター弁当など、チラシ掲載分で111〜114種の駅弁などを販売しました。


    2015(平成27)年1月28日(水)〜2月12日(木)
    「第52回全国有名駅弁当とうまいもの大会」


     開催期間は16日間。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で人気になった久慈駅「うに弁当」(1,470円)と、釧路駅「たらば三昧弁当」(1,380円)の実演販売「駅弁当贅沢素材対決 うにvsたらば」が目玉。大館駅「鶏樽めし」(1,100円)や米沢駅「元祖牛肉弁当」(1,150円)の復刻販売、カニ駅弁やカツサンド駅弁、列車やキャラクターの弁当に空弁など、チラシ記載で100種類以上、館長の調査で98種類の駅弁などを販売しました。


    主な参考文献
  • 熊本日日新聞に掲載された鶴屋の広告
    2001年6月17日開設 2015年7月20日更新
    URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
    Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.