空弁資料館ロゴマーク 旅の友「空弁」。館長が実際に食べた空弁を中心に、日本全国と海外の空弁を紹介します。
ロビー
(TOP)
ご利用案内 談話室
(掲示板)
空弁入門 館長室
空弁
展示室
北海道 東北 関東 中部

近畿
中国

四国
九州 奄美

沖縄
海外

ロビー(TOP)関東の空弁羽田空港の空弁>その他パンやサンドの空弁
羽田空港、その他パンやサンドの空弁(18種類を収蔵)

 羽田空港(東京国際空港) 2010年1月29日訪問
空港写真 空港写真 空港写真 空港写真
 日本最大の空港。1931年の開港時から東京の空の玄関口であり、第二次大戦中の軍用化、終戦後の米軍による接収と拡張、1952〜1958年の返還、1978年の国際線の成田空港(新東京国際空港)への移転、1993年のターミナルビル移転を経て、空港の拡張と拡充が今も続いている。
 空弁は1970年代頃には登場、焼売弁当が空港限定名物として親しまれたり、2002年12月には空弁ブームの火付け役「みち子がお届けする若狭の浜焼き鯖寿司」が登場したり、2004年12月の第2旅客ターミナルビル供用開始に合わせて全国初の空弁専用売店「空弁工房」が開業したり、空弁の世界をリードする地球最強の空弁空港である。

サンドイッチ・レストラン(580円) 2012年12月13日に羽田空港第2旅客ターミナルビル売店で購入

掛紙 掛紙 外観
外観 中身 中身 中身

 ANA側のターミナルビルで見つけた箱サンド。細長いパッケージに収められたプラ製トレーに「ぷりぷりエビとアボガドソース」「絶品パストラミハムのわさびマヨネーズ添え」「ふわふわオムレツのアメリケーヌソース」「たまごサラダとつぶつぶマスタード」「スモークサーモンのサワークリーム仕立て」で5種類の小さな小さなサンドイッチが並べられる。分量もデザインも味もお上品、おしゃれなライトミール。調製元はつまり山崎製パン。

【東京国際空港】1931(昭和6)年8月25日開港 東京都大田区羽田空港 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/
【株式会社サンデリカ平塚事業所】神奈川県平塚市新町5−60 TEL:0120-580551 http://www.sundelica.co.jp/
胚芽ロールサンド ベーコンエッグ&照焼チキン(450円) 2012年10月28日に羽田空港第1旅客ターミナルビル搭乗待合室BLUESKYで購入

掛紙
外観 外観 中身 中身

 2010年7月に登場したJALUX「空パン」シリーズのひとつ。登場時は袋入り350円であったはずが、今回はプラ製惣菜容器入りで450円と大幅に値上がりしている。中身は店頭掲示や調製シールでの商品名のとおり、胚芽ロールのパンにベーコンとエッグに加えてトマトとレタスも挟んだものと、照焼チキンに加えてパブリカやレタスも挟んだものが、ひとつずつ収まるもの。カリッと太めのロールパンは見栄え良く、トマトやパブリカで彩る具もよく見え、しかし具の安定感がないためかなり食べにくい。

【東京国際空港】1931(昭和6)年8月25日開港 東京都大田区羽田空港 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/
【日本エアポートデリカ株式会社】東京都大田区羽田空港1−8−2 TEL:03(5708)7788 http://www.airdeli.co.jp/
三角サンドサーモン&クリームチーズ(350円) 2012年6月4日に羽田空港第1旅客ターミナルビルBLUESKYで購入
掛紙 外観 中身

 日本中の空港やコンビニと世界中で販売されていそうなタイプの市販サンド。全粒粉の耳付き食パンにスモークサーモン、クリームチーズ、レタスズなどを挟んだサンドイッチを1切れだけ、下部にじゅうたんのような柄のボール紙を巻くことで高級感を出して、透明なビニールに収める。都会らしい中身と味。羽田らしさや空弁らしさはないけれど、売店にあってほしい商品。

【東京国際空港】1931(昭和6)年8月25日開港 東京都大田区羽田空港 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/
【日本エアポートデリカ】東京都大田区羽田空港1−8−2 TEL:03(5708)7788 http://www.airdeli.co.jp/
三角サンドパストラミビーフ(350円) 2012年6月4日に羽田空港第1旅客ターミナルビルBLUESKYで購入
掛紙 外観 中身

 日本中の空港やコンビニと世界中で販売されていそうなタイプの市販サンド。ライ麦入りの耳付き食パンにパストラミビーフ、レタス、カマンベール入りチーズなどを挟んだサンドイッチを1切れだけ、下部にチェック柄のボール紙を巻くことで高級感を出して、透明なビニールに収める。都会らしい中身と味。羽田らしさや空弁らしさはないけれど、売店にあってほしい商品。

【東京国際空港】1931(昭和6)年8月25日開港 東京都大田区羽田空港 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/
【日本エアポートデリカ】東京都大田区羽田空港1−8−2 TEL:03(5708)7788 http://www.airdeli.co.jp/
(肉まん)(280円) 2012年2月17日に羽田空港第2旅客ターミナルビルARTDELIで購入
外観 中身 中身

 羽田空港の空弁屋さんで売られていた肉まん。街のコンビニエンスストアでこの半額以下で売られる商品に対して、紙製でない底のシートに高級感があるが、それ以上のものは感じられなかった。空弁収集の観点では、羽田ではいろんなものが売られているなと感じるだけの商品。

【東京国際空港】1931(昭和6)年8月25日開港 東京都大田区羽田空港 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/

HOTDOG(290円) 2012年2月17日に羽田空港第2旅客ターミナルビルARTDELIで購入
掛紙
外観 中身 中身 中身

 羽田空港の空弁屋さんで売られていた箱入りホットドッグ。パンもソーセージも風味も固めな小さいものが1本、レンジでチンされて市販の箱に収まる。空弁収集の観点では、羽田ではいろんなものが売られているなと感じるだけの商品。

【東京国際空港】1931(昭和6)年8月25日開港 東京都大田区羽田空港 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/

ビフカツサンド(690円) 2010年10月24日に羽田空港第1旅客ターミナルビル売店で購入
掛紙 外観
外観 中身 中身 中身

 ビフテキやしゃぶしゃぶで有名なスエヒロのブランドを持つ羽田空弁。細身の赤い紙箱に牛肉のカツサンドを3個、透明な袋に包んだだけで詰めている。ビーフカツサンドはトンカツサンドよりも、どうしても高価な割には柔らかさやジューシーさが落ちると思うし、この商品についてもそのような感じが否めない。

【東京国際空港】1931(昭和6)年8月25日開港 東京都大田区羽田空港 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/
【スエヒロ商事株式会社SS2】東京都中央区日本橋本石町3−3−15 TEL:記載なし http://www.ginza4-suehiro.co.jp/
これが愛媛のじゃこかつサンドやけん!(840円) 2010年10月24日に羽田空港第1旅客ターミナルビル売店で購入
掛紙 掛紙 外観 外観 外観
外観 中身 中身 中身

 商品に関する詳細は不詳。プラ製のサンドイッチ用トレーに、魚すり身のカツを挟んだサンドイッチが3切れ分入り、これを密封パックしたうえで、宣伝文がとてもとても賑やかな赤いボール紙の箱に詰める。なかなかのお値段なのでどんなものかと期待したが、パンとは風味も食感も合わない臭みのある薄いはんぺんか薩摩揚が入るだけのイメージ。魚は単価が高かったのか、良いところがない。

【東京国際空港】1931(昭和6)年8月25日開港 東京都大田区羽田空港 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/
【じゃこ天本舗】愛媛県松山市三番町1丁目8番地6 TEL:089(921)0114
これが愛媛の野菜入りじゃこかつサンドやけん!(1,200円) 2010年10月24日に羽田空港第1旅客ターミナルビル売店で購入
掛紙 掛紙 外観 外観 外観
中身 中身 中身 中身

 商品に関する詳細は不詳。プラ製のサンドイッチ用トレーに、魚すり身のカツを挟んだサンドイッチが3切れ分入り、これを密封パックしたうえで、宣伝文がとてもとても賑やかな黒いボール紙の箱に詰める。この分量で1,200円という、サンドイッチの価格としてはあり得ない超高級品。しかし中身にその価値を感じる片鱗を見付けることはできなかった。

【東京国際空港】1931(昭和6)年8月25日開港 東京都大田区羽田空港 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/
【じゃこ天本舗】愛媛県松山市三番町1丁目8番地6 TEL:089(921)0114
空パン ベーコンエッグ&えびカツ(350円) 2010年8月8日に羽田空港第1旅客ターミナルビル搭乗待合室売店で購入
掛紙 掛紙
外観 中身 中身

 2010年7月16日に羽田空港と成田空港で7種が登場したJALUXの新ブランド「空パン」のひとつ。中身は写真のとおり、そして商品名のとおり、丸い胚芽入りパンにベーコンとスクランブルエッグ及びえびカツとレタスが挟まれているもの。全く同じものを店で買った記憶はないが、とりたてて目新しいものではない。テナントとして焼きたてパン屋さんも入る羽田空港で、この作り置きがはたしてどこまで生き残れるか。

【東京国際空港】1931(昭和6)年8月25日開港 東京都大田区羽田空港 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/
【株式会社JALUX NFD】東京都品川区東品川3−32−42 TEL:043(422)8858 http://www.jalux.com/
三代目たいめいけんかつサンド ビーフカツレツ(480円) 2010年6月19日に羽田空港第2旅客ターミナルビル売店で購入
掛紙 外観
外観 外観 中身 中身

 2010年3月までに羽田空港でも登場か。2009年頃から東京都内において弁当やカツサンドで急速に商品展開を広げた感じがする、東京日本橋で有名な老舗の洋食屋のブランドを名乗るカツサンド。透明なプラ製トレーにわずか2切れ分のビーフカツサンドを詰め、丸ごと透明な袋に入れ、専用の紙箱に収め、中身を示したシールを貼るもの。分量と価格が倍のバージョンもあった。

 紙箱の中で透明トレーに収める中身のビニール包装の醜いこと。日本橋の店舗のほうも使ったことがあるが、三代目は東京の老舗の洋食屋のブランドを大切にしていないのではと思う。

【東京国際空港】1931(昭和6)年8月25日開港 東京都大田区羽田空港 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/
【株式会社たいめいけんHMT】東京都中央区日本橋1−12−10 TEL:03(3752)3188 http://www.taimeiken.co.jp/
ポテトサンド(273円) 2009年3月17日にJR東海道新幹線品川駅改札内駅弁売店で購入
掛紙 掛紙
外観 外観 中身 中身

 カツサンドでおなじみの「まい泉」のポテトサンド。コーンやニンジンやキュウリを少量混入した、ぐっちょりしたマッシュポテトをたっぷり挟む小さな小さなサンドイッチが3切れ、まとめてビニールに包まれて紙箱に収まる。デパ地下では見ない商品だと思う。ネットで検索したら羽田空港でも販売されているそうなので、ここに収蔵。

【東京国際空港】1931(昭和6)年8月25日開港 東京都大田区羽田空港 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/
【井筒まい泉株式会社】東京都千代田区有楽町1−1−2 TEL:03(3470)0071 http://mai-sen.com/
B&Bわがままサンド(550円) 2007年5月12日に羽田空港第1旅客ターミナルJAL売店で購入
掛紙 掛紙
外観 外観 中身 中身

 JALUXニュースリリースでは2005年11月25日、製造者公式サイトでは2007年5月の登場。細長い窓が開いた水色の紙箱に白いトレーを入れて、デニッシュパンの卵とアスパラサンド、黒パンのマスカルポーネと胡桃サンド、ブルマンブレッドのカボチャとコーンサンド、デニッシュパンのポテトとカマンベール入りチーズサンドが1切れずつ入る。

 近寄りがたい高級サンドと味気ない惣菜サンドの中間を突いた印象。クルミ、アスパラガス、カマンベールなど、通常はサンドイッチにしないような食材が挟まるので、これが駄目な人はダメで、好きであればくせになる。空弁名は調製シールと公式サイトでしか分からず、専用紙箱を使うのであれば書いてしまえばよいと思った。

【東京国際空港】1931(昭和6)年8月25日開港 東京都大田区羽田空港 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/
【株式会社三桂】東京都板橋区大山東町17−12 TEL:03(3961)2718 http://www.sankeisandwich.co.jp/
B&Bこだわりサンド(550円) 2007年5月12日に羽田空港第1旅客ターミナルJAL売店で購入
掛紙 掛紙
外観 外観 中身 中身

 JALUXニュースリリースでは2005年11月25日、製造者公式サイトでは2007年5月の登場。細長い窓が開いた畑の紙箱に白いトレーを入れて、芽ブレッドのスモークチキンサンド、ライ麦ブレッドのコンミートとポテトサンド、ブルマンブレッドのハーブチキンサンド、黒パンのロースハムとポテトサンドが1切れずつ入る。

 近寄りがたい高級サンドと味気ない惣菜サンドの中間を突いた印象。中身はコンビニサンドに似る気もするが、パンを使い分けたり、具が厚かったり、紙箱に入っていたり、その割に高価でもなく、逆に安価でもなく。良い商品だと思うが、あまり目立っていない。空弁名は調製シールと公式サイトでしか分からず、専用紙箱を使うのであれば書いてしまえばよいと思った。

【東京国際空港】1931(昭和6)年8月25日開港 東京都大田区羽田空港 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/
【株式会社三桂】東京都板橋区大山東町17−12 TEL:03(3961)2718 http://www.sankeisandwich.co.jp/
PAUL(おみやげセットS)(1,050円) 2007年2月24日に羽田空港第2旅客ターミナルビル空弁工房で購入
掛紙 掛紙 掛紙 掛紙 掛紙 外観
外観 外観 中身 中身

 羽田空港の空弁工房で売られるPAULのパンの大きいパッケージ。630円版より大きな家型紙箱を、買物用の紙袋に詰める。中身はパンと焼き菓子、具体的な名前は分からないし買うたびに変わる可能性はあるが、今回はうなぎパイのような平板、大きくカチカチのフランスパン、皮の甘いクロワッサンが2種、あんこか何かが入ったパン、ハート形のビスケットが入っていた。

 デザインを統一した過剰包装でも、ブランドと商品をアピール。調製シールでの商品名のとおり、これは空港内や機中で消費するものではないかもしれない。

【東京国際空港】1931(昭和6)年8月25日開港 東京都大田区羽田空港 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/
【PAUL羽田店】東京都大田区羽田空港3−4−2 第2旅客ターミナルビル3F TEL:03(5757)6170 http://www.paul.fr/ http://www.pasconet.co.jp/community/shop.html
PAULランチBOX(630円) 2005年1月10日に羽田空港第2旅客ターミナルビル空弁工房で購入
掛紙 外観 外観 中身

 羽田空港第2旅客ターミナル供用開始に伴い、2004年12月1日に空弁としてデビューした、フランスの老舗で2001年から日本でもフランチャイズを展開するパン屋さんのランチボックス。紙箱の中に日替わり菓子パン3〜4種、購入時にはクロワッサンとポンデケージョとハムチーズサンドと砂糖まぶし揚げパンに、フライドポテトを入れてバターとジャムとおしぼりと紙ナプキンを添付する。

 イタリアにあるらしい駅弁のランチボックスがこんな感じなのだろう。駅ビルなどにも入るパン屋で勝手に商品を選んで買えばいい、羽田空港ならフードプラザ3階へ、といえばそれまでだが、駅弁でも空弁でも他にないスタイルの商品なので、このままの形で駅弁に進出してくれれば、新たな文化を創れるのではないかとも思う。

【東京国際空港】1931(昭和6)年8月25日開港 東京都大田区羽田空港 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/
【PAUL羽田店】東京都大田区羽田空港3−4−2 第2旅客ターミナルビル3F TEL:03(5757)6170 http://www.paul.fr/ http://www.pasconet.co.jp/community/shop.html
万世フライドハンバーグサンド(650円) 2012年3月30日に羽田空港第1旅客ターミナルビル搭乗待合室内売店で購入
掛紙 掛紙 外観
外観 中身 中身 中身

 8年半ぶりに購入した万世のハンバーグサンド。価格は50円上がったが、紙箱の意匠も、内容と分量と風味も、中身の乱れ具合も変わっていない。ハンバーガーではなくハンバーグサンドという商品は、珍しいような気がする。

【東京国際空港】1931(昭和6)年8月25日開港 東京都大田区羽田空港 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/
【株式会社万世】東京都千代田区神田須田町2−21 TEL:0120-412902 http://www.niku-mansei.com/
万世フライドハンバーグサンド(600円) 2003年9月6日に羽田空港搭乗待合室内売店で購入
掛紙 外観 外観 中身

 羽田空港の搭乗口脇の売店でも販売されている、東京の秋葉原にほど近い神田・万世橋のほとりの肉料理レストラン「万世」のハンバーグサンド。中身は正方形のハンバーグサンドが6個入るもので、味はなかなか、価格もなかなか。空港内の弁当売店で山積みで販売されているためか、輸送に難があるのか、写真では中身が乱れている。

【東京国際空港】1931(昭和6)年8月25日開港 東京都大田区羽田空港 http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/
【株式会社万世】東京都千代田区神田須田町2−21 TEL:03(3251)0291 http://www.niku-mansei.com/
2006年2月19日開館 2014年5月4日更新 URL:http://kfm.sakura.ne.jp/soraben/
Copyright (C) 2006-2014 まっこうくじら All Rights Reserved.