banner 汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
 旅の友「駅弁」。実際に食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。

JR東日本 一ノ関(いちのせき)駅2014年9月21日訪問Googleマップ「一ノ関駅」
JR-East Ichinoseki Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線やまびこ号で約2時間半、東北新幹線と東北本線や大船渡線との接続駅。一関市(駅名は一ノ関で市名は一関)は岩手県の南端に位置し、北上川沿いの北上盆地を中心街とする人口約12万人の城下町。駅弁は国鉄時代から2社が販売位置を交換しながら競争しており、首都圏へも年間を通して駅弁を輸送している。1890(明治23)年4月16日開業、岩手県一関市深町。

【終売】三陸あわびうに飯(1,200円)2007年4月7日に東京駅「駅弁の日記念駅弁大会」で購入
Sanriku Awabi Unimeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2007(平成19)年に発売か。あまり大柄ではない黒い長方形の容器に透明なふたをして、商品名やアワビとウニの絵を描いた掛紙を巻き、ひもで十字にしばる。中身はひじきごはんの上に、ウニそぼろとアワビのスライス5切れとその肝1個をさっと載せ、がんもどきや花レンコンなどを添えるもの。つまり、あわびうに飯というより、アワビウニ丼。

この内容で、例えば北海道催事で見られるようなあからさまな豪華演出がない弁当は珍しく、大切にしたい駅弁だと思う。ただ、この駅弁は東京駅駅弁屋旨囲門と駅弁催事でしか収穫報告を見ていないので、現地で買えるかどうかは不明。かつて東北本線の特急停車駅では地元の駅弁屋が2〜4社いるのが当たり前であったが、今は宇都宮と一ノ関だけ。これも大切にできればと思う。

価格は2007(平成19)年の購入時で1,200円、2017年時点で1,250円。2014年頃に名前から三陸を抜いて「あわびうに飯」になった模様。調製元が2020年4月に休業のち廃業したため、この駅弁もなくなったはず。

※2020年12月補訂:終売を追記
※2017年5月補訂:値上げを追記
販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
有限会社 あべちう 岩手県一関市上大槻街3−3 0191(23)2490

【終売】三陸あわび弁当(1,050円)2003年8月31日に一ノ関駅の駅弁売店で購入
Sanriku Awabi Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2001(平成13)年に発売か。平たい正方形の容器を大きめの掛紙で覆い海色の紙ひもでしばる。駅弁マークも特大版。中身は御飯に焼鮭に豚肉に玉子焼に煮物数点などと、銀杏で彩った磯の香り豊かな三陸産のアワビを甘辛煮を少量添えたもの。これは現地で購入したが、アワビは新鮮か出来立てで味わいたいと思うので、どちらかといえば駅弁大会のほうが売れそうな気がした。また、千円を超える駅弁なので、掛紙のデザインにもう少し高級感が欲しい。2010年頃か、それ以前までの販売か。

※2017年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
有限会社 あべちう 岩手県一関市上大槻街3−3 0191(23)2490

【終売】大人の休日潮騒三陸あわび弁当(1,300円)2003年8月31日に一ノ関駅の駅弁売店で購入
Otona no Kyujitsu Shiosai Sanriku Awabi Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

JR東日本「大人の休日」キャンペーンに伴い、2002(平成14)年の春頃に発売か。上記の駅弁「三陸あわび弁当」の特上版として販売されている。購入時に売店係員から「中身はあまり変わらない」と案内されたが、それは掛紙のデザインだけ。漆塗り風の容器に雅なデザインの箸袋とお品書きが載り、ふたを開けると差異はさらに歴然、御飯は岩手県産ひとめぼれの茶飯にくるみが載り、焼魚はハマチ照焼、豚肉はとろりとした角煮、煮物も味や形が良く、デザートのオレンジ付きという具合。メインのアワビだけが通常版と同じものだった。両者が併売されていたら、迷わずこちらを選択したい。2010年頃までの販売か。

販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
有限会社 あべちう 岩手県一関市上大槻街3−3 0191(23)2490