banner 汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
 旅の友「駅弁」。実際に食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。

JR東日本・JR東海 東京(とうきょう)駅 JR Tokyo Station
2017(平成29)年1月訪問 GoogleMap「東京駅」

駅名標 駅舎 駅構内

東京と日本の中央駅。東海道・山陽・東北・上越・山形・秋田・北陸の各新幹線、東海道・中央・総武・東北の各線、山手線や京浜東北線などの電車が、一日あたり3000本以上行き交い、100万人以上の利用者で終日賑わう。駅弁はJR東日本やJR東海の子会社のもので約100種類とも、エキナカの商品を含め400種類以上とも、デパ地下の弁当を含め1000種類以上とも言われ、さらに全国各地の駅弁も集まり、こちらも日本最大。1914(大正3)年12月20日開業、東京都千代田区丸の内1丁目。

膳まい銀の鈴(850円)2004年4月25日に東京駅の駅弁売店で購入
Zenmai Ginnosuzu

掛紙 外観 外観 中身

2003(平成15)年の年末に発売。正八角形の容器に透明なふたをかけて割りばしを添え、草色の包装紙と帯状の掛紙で包み、セロテープを乱雑に貼り留める。中身はサーモンや海老やいなりなどの手まり寿司7個に玉子焼や竹の子煮や山菜など。中央に入る茶巾寿司には銀の鈴の焼印が入る。東日本キヨスクの弁当売店「膳まい」での取り扱い。

東京駅中央地下通路の待ち合わせ場所「銀の鈴」は、国鉄時代の1968(昭和43)年6月に、待ち合わせ場所にできる目印の乏しい東京駅構内にそんな場所を作ろうと、駅員がボール紙と銀紙で張り子を製作し新幹線南乗換口に吊したもの。半年後には鋳銅製の鈴に置き換わり、現在の鈴は三代目で1985年12月に東京駅名店街が寄贈した直径70センチ・高さ92センチ・重さ80キロの鋳銅製。

その設置個所は戦後に途切れなく続けられた東京駅構内工事に伴い、八重洲中央口や八重洲地下中央口付近で転々とした。2002年12月の「銀の鈴広場」整備でその片隅の位置で安住すると思いきや、不評の声で4か月で広場中央に再移転するなど、まだ定位置が見付けられない感じ。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
日乃出食品 株式会社 東京都中央区銀座5−13−18 03(3541)2801

膳まい銀の鈴(850円)2010年5月30日に東京駅の駅弁売店で購入
Zenmai Ginnosuzu

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

東京駅の銀の鈴弁当の、2010(平成22)年時点での姿。容器が専用紙箱に変わった以外、ほとんど変化がない。実物の「銀の鈴」も、東京駅地下商業施設「グランスタ」の通路中央で安住の地を得ている。しかし度重なる移転により、東京駅の待ち合わせ名所という地位を失った。この駅弁の販売箇所も、銀の鈴から見えることのない1階の「膳まい」である。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
日乃出食品 株式会社 東京都中央区銀座5−13−18 03(3541)2801

古市庵(銀の鈴弁当)(875円)2013年12月20日に東京駅の駅弁売店で予約購入
Koichian

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

東京駅の銀の鈴弁当の、2013(平成25)年時点での姿。おいなりさんがイクラ軍艦巻に、鶏照焼が鶏唐揚に、煮物類が有頭海老やチキンボールに、それぞれ変わったような気がするが、内容や雰囲気はおおむね変わらない。変わったのは容器であり、名称が鮮明な駅弁らしい感じから、名前の分からないデパ地下弁当のような感じに変わってしまった。というのも、かつての調製元「ぎんざ日乃出」が2010年10月限りで休業、事実上廃業し、古市庵が調製を引き継いだからか。価格は購入時で850円、2014年4月の消費税率改定により875円。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 古市庵 福岡県久留米市天神町146 連絡先の記載なし http://www.koichian.co.jp/