banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR北海道 旭川(あさひかわ)駅2014年9月13日訪問Googleマップ
JR-Hokkaido Asahikawa Station

駅名標 駅舎 駅構内

札幌駅から特急列車で約1時間半。旭川市は北海道の中央部に位置する人口約35万人の軍都で、稲作や蕎麦などの農業、家具その他の工業、買物公園に代表される商業、旭山動物園などの観光もさかん。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が店舗を持つほか、改札口付近の売店でも販売。東京など遠隔地での輸送や実演での販売もよく見る。1898(明治31)年7月16日開業、北海道旭川市宮下通8丁目。

蝦夷わっぱミックス(1,050円)2014年1月13日にさいか屋藤沢店駅弁大会で購入
Ezo Wappa Mix

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

昭和60年代頃の登場か。盆地の町に海の幸。丸い漆器風プラスティック製容器の中は、味付け御飯の上にイクラ・ウニ・ホタテ・カニほぐし・錦糸卵といろんなものが載るから「ミックス」。いろいろ食べられて、楽しい駅弁。価格は2014年の購入当時で1,000円、2017年時点で1,050円。過去には「ミックス」に加えて、イクラやウニやカニの「蝦夷わっぱ」もあったと思うが、今はこれだけ。

旭川駅を出ると真正面に伸びる歩行者専用道路が「平和通買物公園」。1972(昭和47)年6月に国内初の恒久歩行者天国として整備された旭川のメインストリートで、全国共通の中心市街地空洞化に悩みながらも、買い物客や観光客に利便と安心を景観を与え続けてくれている。

※2017年5月補訂:写真を更新
販売駅
函館本線 旭川(あさひかわ)駅 1898(明治31)年7月16日開業 北海道旭川市宮下通8丁目
調製元
旭川駅立売 株式会社 北海道旭川市2条通22丁目1−64 0120-323-190 http://www.ekiben.ne.jp/

【掛紙】蝦夷わっぱミックス(1,000円)2005年11月12日に本牧サティ駅弁大会で購入
Ezo Wappa Mix

掛紙

2005(平成17)年11月12日に購入した、旭川駅弁のパッケージ。上の8年半後のものと変わらない。調製元の情報の印刷内容が、ちょっとだけ違う。中身も中身の見本写真も変わらない。

販売駅
函館本線 旭川(あさひかわ)駅 1898(明治31)年7月16日開業 北海道旭川市宮下通8丁目
調製元
旭川駅立売 株式会社 北海道旭川市2条通22丁目1−64 0120-323-190

【掛紙】蝦夷わっぱミックス(1,000円)2001年11月9日に東急ストア横浜店駅弁大会で購入
Ezo Wappa Mix

掛紙

2001(平成13)年11月9日に購入した、旭川駅弁のパッケージ。後のものと形状が異なるが、容器の形と中身は変わらない。

販売駅
函館本線 旭川(あさひかわ)駅 1898(明治31)年7月16日開業 北海道旭川市宮下通8丁目
調製元
旭川駅立売 株式会社 北海道旭川市2条通22丁目1−64 0120-323-190