banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


館長の駅弁三傑館長の駅弁三傑

 様々なテーマで、館長自身が駅弁三傑(ベスト3)を勝手に選出します。
  • ロングネーム駅弁三傑2014(2014年5月選定)
  • ロングネーム駅弁三傑2013(2013年5月選定)
  • ロングネーム駅弁三傑2012(2012年5月改訂)
  • ロングネーム駅弁三傑2011(2011年6月改訂)
  • 大量調製駅弁三傑(2006年4月選定)
  • 予約せずに買える高額駅弁三傑(2011年6月改訂)
  • 有名駅弁三傑(2002年11月選定)
  • 高額駅弁三傑(2012年2月改訂)

※トリュフ風味牛タンと牛肉のイタリア風すき焼き弁当の写真は未掲載

※本場経産但馬牛母からの贈り物牛肉弁当の写真は未入手

甲州ワインで育った牛と豚の弁当(まんぷく甲斐?)

ロングネーム駅弁三傑2014 2014年5月選定

第1位 青森県・東北新幹線八戸駅「トリュフ風味牛タンと牛肉のイタリア風すき焼き弁当」(1,480円)
第2位 兵庫県・山陰本線和田山駅「本場経産但馬牛母からの贈り物牛肉弁当」(1,100円)
第3位 山梨県・中央本線小淵沢駅
甲州ワインで育った牛と豚の弁当(まんぷく甲斐?)」(1,100円)

 当館まとめ「駅弁一覧」2014年版より、よみがなの長い駅弁を集めました。

 前年に続き八戸駅弁の、よみがなで33文字、表記で24文字「とりゅふふうみぎゅうたんとぎゅうにくのいたりあふうすきやきべんとう」が首位。前年と同じ和田山駅弁の、よみがなで32文字、表記で18文字「ほんばけいさんたじまぎゅうははからのおくりものぎゅうにくべんとう」が第2位。しかし前者は京王百貨店駅弁大会で、後者は阪神百貨店駅弁大会で、それぞれ販売されているものであり、今後や現地での販売があるかどうか分かりません。

 小淵沢駅弁の、よみがなで29文字、表記で24文字の「こうしゅうわいんでそだったうしとぶたのべんとうまんぷくかい」は、2006年から売られ続けているため、その点では心配ありません。「牛と豚の弁当」や「まんぷく甲斐」と略されることは、あるようです。続いてよみがな28文字で4種類の駅弁が並びますが、その中で表記が22文字と最も多い松江駅弁「出雲大社おそなえ三福かにさばしじみもぐり寿司(いずもおおやしろおそなえさんふくかにさばしじみもぐりずし)」を次点とします。

 なお、表記では釧路駅弁「さばのほっかぶり寿司といわしのほっかぶり寿司詰合せ」の25文字が首位となります。短いほうでは、よみがなでは小樽駅と南千歳駅の「寿司(すし)」が2文字で、表記では加賀温泉駅の「麗(うるわし)」が1文字で、それぞれ首位です。

※奥入瀬黒豚味噌しゃぶしゃぶVS十和田黒牛すき焼き風対決弁当第3弾の写真は未入手

※本場経産但馬牛母からの贈り物牛肉弁当の写真は未入手

※御食国濱のかあちゃんのまごころ焼き鯖そぼろ寿司弁当の写真は未入手

ロングネーム駅弁三傑2013 2013年5月選定

第1位 青森県・東北新幹線八戸駅「奥入瀬黒豚味噌しゃぶしゃぶVS十和田黒牛すき焼き風対決弁当第3弾」(1,100円)
第2位 兵庫県・山陰本線和田山駅「本場経産但馬牛母からの贈り物牛肉弁当」(1,100円)
第3位 福井県・小浜線小浜駅
御食国濱のかあちゃんのまごころ焼き鯖そぼろ寿司弁当」(840円)

 当館まとめ「駅弁一覧」2013年版より、よみがなの長い駅弁を集めました。

 よみがなで47文字、表記で32文字の八戸駅弁「おいらせくろぶたみそしゃぶしゃぶばーさすとわだくろうしすきやきふうたいけつべんとうだいさんだん」がタイトルを保持。出典により「第3弾(だいさんだん)」がないものもありますが、それでも他を寄せ付けません。

 よみがなで32文字、表記で18文字の和田山駅弁「ほんばけいさんたじまぎゅうははからのおくりものぎゅうにくべんとう」が第2位に浮上。ただ、阪神百貨店駅弁大会と鶴屋百貨店駅弁大会の販売リストにその名があるだけで、現地その他での販売が確認できていません。写真や実物もまだ見ていません。

 新聞などで日本一のロングネーム駅弁と紹介される小浜駅弁「みけつくにはまのかあちゃんのまごころやきさばそぼろすしべんとう」は今回も第3位。これも巡り合わせが悪く、現地に何度訪れても、調製元へ出向いても、まだ買えないところです。

 次点も昨年と同じく、釧路駅弁「炙り秋刀魚の甘辛にぎりといわしのほっかぶり詰合」(あぶりさんまのあまからにぎりといわしのほっかぶりつめあわせ)と小淵沢駅弁「甲州ワインで育った牛と豚の弁当(まんぷく甲斐?)」(こうしゅうわいんでそだったうしとぶたのべんとうまんぷくかい)。高山駅弁は終売だそうです。短いほうでは、よみがなでは小樽駅と南千歳駅と徳島駅の「寿司」(すし)と東武鉄道北千住駅の「江戸」(えど)が2文字、表記では東海道新幹線各駅の「心」(こころ)と加賀温泉駅「麗」(うるわし)が1文字となります。

※奥入瀬黒豚味噌しゃぶしゃぶVS十和田黒牛すき焼き風対決弁当第3弾の写真は未入手

三浦所長お気に入り黒毛和牛牛肉焼売弁当

※御食国濱のかあちゃんのまごころ焼き鯖そぼろ寿司弁当の写真は未入手

ロングネーム駅弁三傑2012 2012年5月改訂

第1位 青森県・東北新幹線八戸駅「奥入瀬黒豚味噌しゃぶしゃぶVS十和田黒牛すき焼き風対決弁当第3弾」(1,100円)
第2位 埼玉県・東北本線大宮駅「三浦所長お気に入り黒毛和牛牛肉焼売弁当」(950円)
第3位 福井県・小浜線小浜駅
御食国濱のかあちゃんのまごころ焼き鯖そぼろ寿司弁当」(840円)

 当館まとめ「駅弁一覧」2012年版より、よみがなの長い駅弁を集めました。

 よみがなで47文字、表記で32文字の八戸駅弁「おいらせくろぶたみそしゃぶしゃぶばーさすとわだくろうしすきやきふうたいけつべんとうだいさんだん」は大差を付けての第1位。これは記録を狙ったのではないかと想像します。実物を目にしていませんが、ネット上の写真を見ると牛肉と豚肉を半分ずつ貼り付けた肉丼のようです。

 よみがなで34文字、表記で19文字の大宮駅弁「みうらしょちょうおきにいりくろげわぎゅうぎゅうにくしゅうまいべんとう」は、米沢駅の駅弁屋が調製する大宮駅限定商品というややこしい存在。この駅弁の考案者である販売店の営業所長の名前を冠したことで、名前を長くできました。

 今までの覇者である小浜駅弁「みけつくにはまのかあちゃんのまごころやきさばそぼろすしべんとう」は第3位。新聞などでも日本一名前が長い駅弁と紹介されているところですが、今後はどうなるのでしょう。

 次点は釧路駅弁「炙り秋刀魚の甘辛にぎりといわしのほっかぶり詰合」、小淵沢駅弁「甲州ワインで育った牛と豚の弁当(まんぷく甲斐?)」、高山駅弁「飛騨牛入り牛しぐれ弁当とろ〜りチーズカレー味」の3点がよみがな29文字。短いほうでは、よみがなでは小樽駅と南千歳駅と徳島駅の「寿司」が2文字、表記では岡山駅「和」と加賀温泉駅「麗」が1文字となります。

※御食国濱のかあちゃんのまごころ焼き鯖そぼろ寿司弁当の写真は未入手

炙り秋刀魚の甘辛にぎりといわしのほっかぶりずし詰合 甲州ワインで育った牛と豚の弁当(まんぷく甲斐?) 箱館烏賊内海物語北斗ホッキねぎ味噌弁当の写真は未入手

飛騨牛入り牛しぐれ弁当とろ〜りチーズカレー味の写真は未入手

ロングネーム駅弁三傑2011 2011年6月改訂

第1位 福井県・小浜線小浜駅
御食国濱のかあちゃんのまごころ焼き鯖そぼろ寿司弁当」(840円)
第1位 北海道・根室本線釧路駅
炙り秋刀魚の甘辛にぎりといわしのほっかぶりずし詰合」(840円)
第3位 山梨県・中央本線小淵沢駅
甲州ワインで育った牛と豚の弁当(まんぷく甲斐?)」(1,100円)
第3位 北海道・函館本線函館駅
箱館烏賊内海物語北斗ホッキねぎ味噌弁当」(1,300円)
第3位 岐阜県・高山本線高山駅
飛騨牛入り牛しぐれ弁当とろ〜りチーズカレー味」(1,100円)

 駅弁の商品名は通常、一般名詞の範囲に収まるかなり短いものが多いのですが、そうでない駅弁も少しは存在します。当館まとめ「駅弁一覧」2011年版より、よみがなの長い厳密な検証はしていませんが、おそらく名前の長さでベスト3に入るのではないかという駅弁は上記のとおり。

 よみがなで31文字、文字数で25文字の小浜駅弁「みけつくにはまのかあちゃんのまごころやきさばそぼろすしべんとう 」は、2004年末に登場した地域おこしの駅弁。小浜駅で土休日に販売されていますが、過去に3度訪問して3度とも売り切れており、いまだに買えていません。同じくよみがなで31文字、文字数で25文字の釧路駅弁「あぶりさんまのあまからにぎりといわしのほっかぶりずしつめあわせ」は、いわしのほっかぶり寿司シリーズのひとつ。これは駅弁催事での実演販売でおなじみの商品です。

 第3位はよみがなで29文字が3点。小淵沢駅弁は2006年3月の登場か。しかし副題を外すとベスト10外、したりJR時刻表での表記「牛と豚の弁当」となると100位以下に落ちてしまいます。函館駅弁は2008年までに登場した箱館烏賊内海物語シリーズの一員。高山駅弁は2009年6月の登場だそうで、従前の加熱機能式容器の牛しぐれ弁当をカレー味にしてチーズをかけたもの。

 駅弁でなくても、商品名が長いことにあまり良いことはなさそうですが、駅弁の話題作りによる少々の宣伝効果は見込めると思いますし、小浜駅弁は新聞記事になっています。なお、駅弁一覧の2010年版では、宮城県・東北本線仙台駅の「仙台山形越境膳出逢い街道塩の道・花の道(せんだいやまがたえっきょうぜんであいかいどうしおのみちはなのみち)」がよみがなで32文字の日本一でした。

横浜駅 > シウマイ御弁當 東京駅 > 釜めし弁当 横川駅 > 峠の釜めし
大量調製駅弁三傑 2006年4月選定

○ 神奈川県・東海道本線横浜駅「シウマイ御弁當」(710円)
○ 東京都・東海道本線東京駅「釜めし弁当」(880円)
○ 群馬県・信越本線横川駅「峠の釜めし」(900円)

 駅弁の販売個数は積極的には公開されていないうえ、駅弁の定義も定まらないため、この項目でベスト3を挙げるのはやや困難です。

 それでもナンバーワンが横浜の「シウマイ御弁當」であることに、おそらく異議はないと思います。東京駅全体の駅弁販売個数を上回ると思われる一日約2万個が、横浜駅や新横浜駅その他横浜市内や神奈川県内や東京の数十駅で、そして駅ビルやデパートや路面売店など横浜市内やその周辺の各地で、販売され消費されています。

 東京駅など都内各駅の売れ筋で、JR東日本の各新幹線車内販売の定番商品でもある「釜めし弁当」も一日数千個の調製(2010年夏までに「わっぱ飯五目めし」へリニューアル)。約40年で一億個を売ったという横川駅の有名駅弁「峠の釜めし」も、それくらいのオーダーでしょう。ひとつの駅という殻に収まらず、広く親しまれるお弁当が、ここに名を連ねられるようです。

極附弁当 贈答用祭ずし 吾左衛門鮓 鯛
予約せずに買える高額駅弁三傑 2011年6月改訂

第1位 東京都・東海道本線東京駅「極附弁当」(3,800円)
第2位 岡山県・山陽本線岡山駅「贈答用祭ずし」(2,800円)
第3位 鳥取県・山陰本線米子駅「吾左衛門鮓 鯛」(2,572円)

 駅弁は高い高いと言われがちですが、その価格はせいぜい千円台。二千円を超える駅弁は、予約制のものを除くと全国で十数種類しかないのではと思います。その中で、2011年時点での三傑を選定しました。

 東京駅の極附(きわめつき)弁当は2003年10月に登場。容器や素材にこだわった高級幕の内弁当で、東京駅に数ある駅弁売店のうち「東京5号売店」一箇所だけで販売。予約すればJR東日本の新幹線の指定席まで配達してくれるサービスもユニークです。

 この駅弁の登場まで日本最高額と思われていたのが、第3位の米子駅弁「吾左衛門鮓」シリーズのタイ版で、鯛の分厚い身を巻いた棒寿司。駅弁と言うより土産物としての需要が多いのではと思います。

 近年の値上げにより米子駅弁を追い抜いたのが、岡山駅弁の祭ずしシリーズの最高峰。黒い塗り箱の中には岡山の郷土料理「ばらずし」が3人前も入っています。予約制とは案内されているものの、駅弁売店や駅弁催事で陳列されている姿を何度も見ているため、ここに含めました。

 このようにして並べると、高額駅弁の通常販売には強力な知名度、長期の消費期間あるいは需要旺盛な市場が必要なようです。

森駅 > いかめし 横川駅 > 峠の釜めし 富山駅 > ますのすし
有名駅弁三傑 2002年11月選定

○ 北海道・函館本線森駅「いかめし」(470円)
○ 群馬県・信越本線横川駅「峠の釜めし」(900円)
○ 富山県・北陸本線富山駅「ますのすし」(1,300円)

 いずれも駅弁の代名詞として語られる有名駅弁ばかり。

 「いかめし」は駅弁の遠隔地実演販売という新たなジャンルを開拓した功労者で、「峠の釜めし」は釜飯駅弁の元祖で陶製容器を駅弁界に持ち込んだ立役者、「ますのすし」はもはや駅弁というジャンルを超えて富山の名産品として観光客を魅了する存在。

 今後、どんなに新しい駅弁が登場しようとも、これほどの巨匠は出ないと思われます。たとえ駅弁が滅びたとしても、地域の名物弁当として末永く生き残っていける駅弁です。


東武日光駅「日光埋蔵金弁当」 松阪駅「極上松阪牛ヒレ牛肉弁当」 金沢駅「加賀野立弁当」
高額駅弁三傑 2012年2月改訂

第1位 栃木県・東武日光線東武日光駅「日光埋蔵金弁当」(157,500円)
第2位 三重県・紀勢本線松阪駅「極上松阪牛ヒレ牛肉弁当」(10,500円)
第3位 石川県・北陸本線金沢駅「加賀野立弁当」(10,000円)

 いずれも要予約の駅弁なので、幸か不幸か鉄道利用のふらり旅では入手はできません。

 東武日光駅弁は市価で10万円以上する日光彫を容器に使用し、クルマエビ塩焼きやとちぎ和牛ヒレステーキや日光鱒寿しなどを詰めた超豪華弁当。松阪駅弁は最高級の松阪肉のヒレステーキを金箔入りで詰める豪華な駅弁。金沢駅弁は寝台特急「トワイライトエクスプレス」の乗客向けに開発された二段重ねの料亭弁当。

 レストランや料理屋やデパ地下に行けば暖かい食事や弁当が買えるではないか、駅弁に1万円も払うなんて馬鹿らしいと思う方には全くおすすめできない、駅弁や弁当というものを楽しめる方のみがその風味を味わえる駅弁だと思います。

2001年6月17日開設 2013年5月14日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.