banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 鳥取(とっとり)駅2010年8月1日訪問Googleマップ
JR-West Tottori Station

駅名標 駅舎 駅構内

大阪駅から特急「スーパーはくと」で約2時間半。鳥取市は鳥取県の東部に位置する県庁所在地で、日本海に面した人口約20万人の城下町。日本最大の砂丘で知られるほか、いくつかの温泉地を抱える一方で、商工業のさかんな山陰地方を代表する都市のひとつ。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が「元祖かにめし」など十数種の駅弁を朝から晩まで改札外コンコースの駅弁売店で販売する。1907(明治40)年4月28日開業、鳥取県鳥取市東品治町。

2004年度JR西日本「駅弁の達人」

元祖かに寿し(1,010円)2004年12月30日に鳥取駅コンコース駅弁売店で予約購入
Ganso Kani Zushi

掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観 中身

1952(昭和27)年11月に登場したカニ寿司駅弁の元祖。1958(昭和33)年に保存技術の開発で一年中カニ駅弁を提供するようになったのも鳥取が元祖である。カニを描いたボール紙のケースに、またカニを描いた掛蓋をかける八角形の容器が入り、その中で、因幡米の酢飯を覆い隠すようにカニのほぐし身とカニ足が錦糸卵と共に敷き詰められている。

地元でも親しまれる人気駅弁だが、駅弁大会などで遠隔地へ輸送された商品は酢が強くてカニの風味を感じられず、しかし現地で購入したらそんなことはなく、まるで別物のようなカニの光沢と風味にうっとりした。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。価格は購入当時で920円、2015年時点で1,010円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
※2005年3月補訂:写真の掲載と解説文の手直し
販売駅
山陰本線 鳥取(とっとり)駅 1907(明治40)年4月28日開業 鳥取県鳥取市東品治町
調製元
株式会社 アベ鳥取堂 鳥取県鳥取市富安2−28 0857(26)1311 http://www.abetori.co.jp/

【掛紙】元祖かに寿し(?円)1977年頃調製
Ganso Kani Zushi

掛紙

入手状況等から1977年の調製と思われる、昔の鳥取駅弁の掛紙。中身は現在の同名駅弁と同等と思われる。掛紙にはカニ駅弁だからと松葉蟹が描かれ、その隅には観光イラストマップが載るという、当時の駅弁掛紙デザインの王道を行く。

販売駅
山陰本線 鳥取(とっとり)駅 1907(明治40)年4月28日開業 鳥取県鳥取市東品治町
調製元
株式会社 アベ鳥取堂 鳥取県鳥取市富安2丁目28番地 (26)1311

かに寿し(1,000円)2011年1月14日に京王百貨店駅弁大会で購
Kani Zushi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010年5月の調製元の創業百周年を記念して、そしておそらく京王百貨店駅弁大会に合わせて、2010年11月6日に登場した、鳥取駅の名物駅弁「元祖かに寿し」の復刻版。1952(昭和27)年の登場時の姿を再現したという。経木折をイメージしたと思う経木枠の長方形容器に木目を印刷したボール紙でふたをして、渋いデザインの掛紙をかける。

中身は酢飯の上をカニの脚肉とほぐし身や生姜に枝豆スや高野豆腐刻みで覆い、塩こんぶと奈良漬けを添えるもの。現在のものとは枝豆と高野豆腐の有無しか変わらない。味も通常版と同じ。興味深い試みであるが、京王百貨店の催事場では地味に埋もれており、1953(昭和28)年当時の資料発掘!!だとか煽ってあげたい気がした。現地で買うとオリジナルストラップが付いて1,300円(2015年時点で1,340円)だそうな。

販売駅
山陰本線 鳥取(とっとり)駅 1907(明治40)年4月28日開業 鳥取県鳥取市東品治町
調製元
株式会社 アベ鳥取堂 鳥取県鳥取市富安2−28 0857(26)1311 http://www.abetori.co.jp/

元祖かに寿し特選笹かに(2,160円)2010年1月24日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Ganso Kani Zushi Tokusen Sasa Kani

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

木を組み立てた長方形の容器を正方形の掛紙で包み、ひもで十字にしばる。中身は酢飯の上にカニの脚とほぐし身を敷き、笹の葉で包んで押した押寿司がすき間なく詰まるもの。「元祖かに寿し」の変形版というよりかは高級版で、カニの旨みがぎゅっと押し込められているような感じがした。現在は要予約。通信販売対応商品。価格は購入当時で2,100円、2015年時点で2,160円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
山陰本線 鳥取(とっとり)駅 1907(明治40)年4月28日開業 鳥取県鳥取市東品治町
調製元
株式会社 アベ鳥取堂 鳥取県鳥取市富安2−28 0857(26)1311 http://www.abetori.co.jp/
催事駅弁

【終売】ゲゲゲの鬼太郎元祖かに寿し(1,000円)2010年1月12日に京王百貨店駅弁大会で購入
GeGeGe no Kitaro Ganso Kani Zushi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010年1月の京王百貨店駅弁大会で販売された催事向け商品。容器は「ゲゲゲの鬼太郎風呂茶漬け」のものを、中身は鳥取の名物駅弁「元祖かに寿し」のものを、それぞれ使って組み合わせた複合商品。専用に起こされたパッケージには、元祖かに寿しが1966(昭和41)年の京王百貨店駅弁大会で第1位を取ったことと、この商品が今回の京王百貨店駅弁大会の限定品であることが記される。話題にはならなかったけれど、楽しい試みであった。

販売駅
山陰本線 鳥取(とっとり)駅 1907(明治40)年4月28日開業 鳥取県鳥取市東品治町
調製元
株式会社 アベ鳥取堂 鳥取県鳥取市富安2−28 0857(26)1311 http://www.abetori.co.jp/