banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 鳥取(とっとり)駅2010年8月1日訪問Googleマップ
JR-West Tottori Station

駅名標 駅舎 駅構内

大阪駅から特急「スーパーはくと」で約2時間半。鳥取市は鳥取県の東部に位置する県庁所在地で、日本海に面した人口約20万人の城下町。日本最大の砂丘で知られるほか、いくつかの温泉地を抱える一方で、商工業のさかんな山陰地方を代表する都市のひとつ。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が「元祖かにめし」など十数種の駅弁を朝から晩まで改札外コンコースの駅弁売店で販売する。1907(明治40)年4月28日開業、鳥取県鳥取市東品治町。

山陰鳥取かにめし(1,140円)2002年1月11日に横浜松坂屋駅弁大会で購入
San-in Tottori Kanimeshi

掛紙 外観 外観 中身

1999年の発売か。赤い部分分解性樹脂でカニ型に整形した容器を、ボール紙製の立体パッケージに詰める。中身はおそらくカニ味噌で炊いた御飯の上にカニほぐし身を載せる、駅弁名どおりの「かに」「めし」。

容器のカニのハサミの位置にちゃんとカニのハサミが据えられ、これが飾りではなく切れ目が入り身を食べられるほか、焼却時には紙と同じ特性を持ち、土中に埋めると自然に分解される素材を使用するなど、工夫された駅弁。味は淡泊で、ほのかな香りを感じながらいただく品だ。個人的には上記「元祖かに寿し」よりオススメ。価格は購入当時で1,000円、2014年時点で1,140円。

※2014年7月補訂:値上げを追記
販売駅
山陰本線 鳥取(とっとり)駅 1907(明治40)年4月28日開業 鳥取県鳥取市東品治町
調製元
株式会社 アベ鳥取堂 鳥取県鳥取市富安2−28 0857(26)1311 http://www.abetori.co.jp/

ほかほか駅弁蟹めし(1,240円)2005年3月5日に日本橋三越の弁当大会で購入
Hokahoka Ekiben Kanimeshi

掛紙 外観 外観 中身 中身

2004〜5年の駅弁大会シーズンに向けて投入か。円形の加熱機能付き容器を、カニが釜風呂に入る赤く暖かい柄のボール紙パッケージに入れる。中身はカニの煮汁で炊いた御飯の上に、細い細いカニ脚2本とカニ身をひとつなど。いずれも身が少ないうえにとても食べにくく、鳥取駅の他のカニ駅弁をさしおいてこれを選択する意義はない。ただ、暖かい御飯はけっこういける。価格は購入当時で1,100円、2013年時点で1,200円、2014年時点で1,240円。

>※2015年9月補訂:値上げを追記
※2014年7月補訂:値上げを追記
販売駅
山陰本線 鳥取(とっとり)駅 1907(明治40)年4月28日開業 鳥取県鳥取市東品治町
調製元
株式会社 アベ鳥取堂 鳥取県鳥取市富安2−28 0857(26)1311 http://www.abetori.co.jp/

お好みかに寿し(1,290円)2003年2月8日に川崎さいか屋駅弁大会で購入
Okonomi Kanizushi

掛紙 外観 外観 中身

横長なボール紙の容器。ふたを開くと、鳥取駅弁名物かに寿しを収めた箱と、カニの握りと細巻きを入れた箱が入っている。裏ぶたにかに寿し駅弁の豆知識に近隣のイラストマップがあり、カニの身のピンクが鮮やかな中身と同時に目で楽しめる駅弁。味も悪くない。価格は購入当時で1,250円、2014年4月の消費税率改定により1,290円。

※2014年7月補訂:値上げを追記
販売駅
山陰本線 鳥取(とっとり)駅 1907(明治40)年4月28日開業 鳥取県鳥取市東品治町
調製元
株式会社 アベ鳥取堂 鳥取県鳥取市富安2−28 0857(26)1311 http://www.abetori.co.jp/

あったかかにしゃぶ風弁当(1,400円)2015年1月12日に京王百貨店駅弁大会で購入
Attaka Kani Shabu Fu Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年1月の京王百貨店駅弁大会での実演販売でデビューか。円形の加熱機能付き容器にカニ風味御飯を詰め、カニ脚肉、カニほぐし身、卵とじ、醤油漬で覆う。ゼラチンで固めた汁が、加熱により溶けることで水気を出す模様。かにしゃぶというよりはカニ雑炊であり、カニの量も味もたっぷりで、卵とじが彩りと味気を出す良い仕事。鳥取駅の駅弁は前年のこの大会で、料理人の名前を前面に出した新作駅弁が閑古鳥であったが、今回のこれは買い物客が長い行列を作っていた。

販売駅
山陰本線 鳥取(とっとり)駅 1907(明治40)年4月28日開業 鳥取県鳥取市東品治町
調製元
株式会社 アベ鳥取堂 鳥取県鳥取市富安2−28 0857(26)1311 http://www.abetori.co.jp/

海鮮釜めし(980円)2013年3月16日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Kaisen Kamameshi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2012〜2013年の駅弁大会シーズンに向けて、2012年秋頃に投入か。プラ製の黒い釜型容器に鳥取産の御飯を敷き、日本海のカニの爪とほぐし身、有頭海老、三陸沖のイカ、ホタテ、クリなどを載せたもの。属地不明な外見と内容も、おいしく飽きない味。名前でも中身でもカニの駅弁でないかもしれないが、パッケージでカニを宣伝し、中身でもカニが鮮やかなので、ここに収蔵。価格は購入当時で900円、2015年時点で980円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
山陰本線 鳥取(とっとり)駅 1907(明治40)年4月28日開業 鳥取県鳥取市東品治町
調製元
株式会社 アベ鳥取堂 鳥取県鳥取市富安2−28 0857(26)1311 http://www.abetori.co.jp/

【掛紙】元祖お好みかに寿し(?円) 1977年頃調製
Ganso Okonomi Kanizushi

掛紙

入手状況等から1977年の調製と思われる、昔の鳥取駅弁の掛紙。中身は現在の同名駅弁と同等と思われ、掛紙の写真のように立派な松葉ガニが三杯も入ることはあり得ないが、その雰囲気は感じ取ることができる。

販売駅
山陰本線 鳥取(とっとり)駅 1907(明治40)年4月28日開業 鳥取県鳥取市東品治町
調製元
株式会社 アベ鳥取堂 鳥取県鳥取市東品治町●●の18 (22)●176

【掛紙】元祖おみやげかに寿し(?円)1977年頃調製
Ganso Omiyage Kanizushi

掛紙

入手状況等から1977年の調製と思われる、昔の鳥取駅弁の掛紙。中身は掛紙に写真がある。当時は駅弁のカニ寿司にお土産用というものが存在したようだ。今ならクール宅急便でカニかカニ脚そのものを送るところだろう。

販売駅
山陰本線 鳥取(とっとり)駅 1907(明治40)年4月28日開業 鳥取県鳥取市東品治町
調製元
株式会社 アベ鳥取堂 鳥取県鳥取市富安2丁目28番地 (26)1311

【掛紙】元祖砂丘かに寿し(500円)1977年頃調製
Ganso Sakyu Kanizushi

掛紙

入手状況等から1977年の調製と思われる、昔の鳥取駅弁の掛紙。同時に入手した掛紙4枚の中で唯一、駅弁の価格が書かれていた。これは当時の鳥取駅カニ駅弁の商品群の中でどの位置にいたのであろうか。

販売駅
山陰本線 鳥取(とっとり)駅 1907(明治40)年4月28日開業 鳥取県鳥取市東品治町
調製元
株式会社 アベ鳥取堂 鳥取県鳥取市富安2丁目28番地 (26)1311