banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 鳥取(とっとり)駅2010年8月1日訪問Googleマップ
JR-West Tottori Station

駅名標 駅舎 駅構内

大阪駅から特急「スーパーはくと」で約2時間半。鳥取市は鳥取県の東部に位置する県庁所在地で、日本海に面した人口約20万人の城下町。日本最大の砂丘で知られるほか、いくつかの温泉地を抱える一方で、商工業のさかんな山陰地方を代表する都市のひとつ。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が「元祖かにめし」など十数種の駅弁を朝から晩まで改札外コンコースの駅弁売店で販売する。1907(明治40)年4月28日開業、鳥取県鳥取市東品治町。

素晴ら椎茸しいたけ弁当(1,030円)2004年11月14日にユニーイセザキ店駅弁大会で購入
Subarashiitake Shiitake Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身

2004年夏頃の新作。経木と竹でできた円形容器を、駅弁名を大書きしたボール紙で巻いて留める。中身は餅米混じりの御飯の上に、鳥取の特産品だというジャンボ椎茸の切り身をふんだんに載せて、ミツバとなめこやタケノコや鶏肉などを添える。

気持ち悪いほど大きなメインの椎茸には、意外にも普通の椎茸と同等以上のうまみが詰まっていて、世にも珍しい椎茸丼としてモリモリ食べられる。あまりにもベタなネーミングによるインパクトも十分で、見た人や食べた人を魅了するだろう。鳥取駅弁ナンバー2の地位に行けそうな実力を感じた。価格は購入当時で950円、2014年時点で1,030円。

鳥取県は大分や群馬より格段に椎茸の生産量が少ないが、国内唯一のキノコに関する学術研究機関や専門学校が鳥取市内にあり、ここでジャンボ椎茸も生まれたそうだ。直径は9センチ程度になり、ステーキ用にもなるという。

※2015年2月補訂:値上げを追記
販売駅
山陰本線 鳥取(とっとり)駅 1907(明治40)年4月28日開業 鳥取県鳥取市東品治町
調製元
株式会社 アベ鳥取堂 鳥取県鳥取市富安2−28 0857(26)1311 http://www.abetori.co.jp/

鳥取の炊き込み松茸めし(1,080円)2003年1月10日に横浜松坂屋駅弁大会で購入
Tottori no Takikomi Matsutake Meshi

掛紙 外観 中身

透明な蓋が付いたプラスティックのお椀に、掛紙を一周させて「マジックカット」で留める。松茸の出し汁で炊いたという御飯の上にスライス松茸が5切れとワラビや栗やきくらげや銀杏などが載る、釜飯風で山菜弁当風な松茸弁当。価格は購入当時で980円、2015年時点では四角い容器になって牛肉を入れて1,080円。

※2015年9月補訂:値上げと内容の変更を追記
販売駅
山陰本線 鳥取(とっとり)駅 1907(明治40)年4月28日開業 鳥取県鳥取市東品治町
調製元
株式会社 アベ鳥取堂 鳥取県鳥取市富安2−28 0857(26)1311 http://www.abetori.co.jp/

松茸わっぱ(1,000円)2012年1月29日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Matsutake Wappa

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2012年1月の阪神百貨店駅弁大会で初めて見たが、商品そのものは10年以上前から存在している模様。薄い木でできた楕円形の容器を、社名と商品名くらいしか書いてないシンプルすぎるデザインのボール紙の枠にはめる。中身は茶飯の上を業務用錦糸卵、マツタケ煮のスライス、さつまいも、有頭海老揚げ、レンコン、ニンジン、クリ、昆布、大根桜漬で覆うもの。冬季の輸送販売で御飯がカチカチになっていたものの、普通にうまいマツタケ駅弁だった。

販売駅
山陰本線 鳥取(とっとり)駅 1907(明治40)年4月28日開業 鳥取県鳥取市東品治町
調製元
株式会社 アベ鳥取堂 鳥取県鳥取市富安2−28 0857(26)1311 http://www.abetori.co.jp/

【終売】松茸べんとう(1,000円) 2001年12月2日に天王町サティ駅弁大会で購入
Matsutake Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

鳥取駅弁で初めて、ひもを引くと8分程度で暖まる加熱機能付き容器を使用。中身は味付け御飯の中と上にスライス松茸が載り、殻付き海老や煮物類に付け合わせが添えられる、容器を別にすれば全国各地で見られる松茸駅弁。「元祖かに寿し」に飽きたらこちらをいただこう。価格は購入当時で1,000円、後に1,100円、2011年の鶴屋百貨店駅弁大会で終売か。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
山陰本線 鳥取(とっとり)駅 1907(明治40)年4月28日開業 鳥取県鳥取市東品治町
調製元
株式会社 アベ鳥取堂 鳥取県鳥取市富安2−28 0857(26)1311 http://www.abetori.co.jp/

茸くらべ(1,150円)2013年11月3日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Takekurabe

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2013年の発売か。長方形の加熱機能付き容器にマツタケ飯を敷き、マツタケ、ヤナギマツタケ、レンコン、ニンジン、エダマメ、クリで覆い、青高菜漬と玉子焼を添えるもの。パッケージの絵柄が上記「松茸べんとう」と同じであり、その後継作か。ヤナギマツタケは松茸ではないものの、キノコ飯として温かくおいしくいただける。

販売駅
山陰本線 鳥取(とっとり)駅 1907(明治40)年4月28日開業 鳥取県鳥取市東品治町
調製元
株式会社 アベ鳥取堂 鳥取県鳥取市富安2−28 0857(26)1311 http://www.abetori.co.jp/