banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


駅弁ニュース最新駅弁ニュース

←前は[なし] | 次は[2005年の駅弁の話題]→

 上野・大宮駅で「能登」「北陸」廃止記念駅弁発売(2010.3)

 日本レストランエンタプライズは二〇一〇年三月一日から十二日まで、上野駅と大宮駅で「さよなら寝台特急北陸記念弁当」と「ありがとう急行能登記念弁当」(各千円)を発売。上野と金沢を結ぶ両列車の三月十三日JRグループダイヤ改正での廃止を記念するもの。四日単位で掛紙掲載写真を切り替える。

(情報源:二〇一〇年三月五日閲覧のNRE公式サイトなど)

 水戸駅弁の鈴木屋が倒産の模様(2010.1)

 茨城県の常磐線水戸駅で駅弁を販売する鈴木屋が倒産した模様。一月十五日までに水戸駅と勝田駅の駅弁売店が閉店し、百貨店の駅弁催事で水戸駅弁の入荷が止まり、JR時刻表では二〇一〇年三月号から駅弁販売駅の記号を抜いている。

(情報源:ネット上の各地)

※2007.4〜2010.3 本ページ更新中断
 気仙沼駅に駅弁が十四年振り?に復活(2007.4)

 宮城県気仙沼市の仕出し屋等九業者からなる仙沼コンベンションビューロー協議会御弁当サプライヤー委員会は、二〇〇七年四月十四日からJR気仙沼駅で新作駅弁「纜(ともづな)弁当」(千円)を発売。二〇〇四年に開発して年間一万個が売れる地元の弁当を、駅キヨスクでも売るようにしたもの。中身は日の丸御飯に地元のビンチョウマグロ、フカヒレ、サンマなど九品目のおかずとデザート。なお、気仙沼駅での駅弁販売は一九九三年以来だというが、その後の収穫報告はある。

(情報源:二〇〇七年四月十二日河北新報など)

 輸入駅弁「O−bento」製造子会社売却で年内に販売打切(2007.4)

 JR東日本管内各地で駅弁等を販売する日本レストランエンタプライズは、国内農業利権の抗議の中で二〇〇一年六月に発売された輸入冷凍弁当「O−bento」を製造するアメリカ・カリフォルニア州の子会社「NRE World Bento、Inc.」を売却したことを発表。最盛期の二〇〇三年には年間二百万個を売り、しかし二〇〇六年度には年間五十五万個まで減少したO−bentoの販売も年内で打ち切られる予定。

(情報源:二〇〇七年四月十二日毎日新聞など)

 東京駅に期間限定デザート駅弁「甘之内弁当」登場(2007.3)

 JR東日本管内各地で駅弁等を販売する日本レストランエンタプライズは、二〇〇七年三月十三日から「甘之内弁当」(六百八十円)を発売。御飯や焼鮭をティラミスで、唐揚をシュークリームで、玉子焼をチーズケーキで、など幕の内駅弁の中身をデザートで表現した。東京、上野、新宿の各駅で三千個を販売する。

(情報源:二〇〇七年三月十日時事通信など)

 日光直通特急一周年で東武日光駅などに記念駅弁が登場(2007.3)

 JR東日本と東武鉄道は、新宿・池袋〜東武日光・鬼怒川温泉間での特急直通運転開始一周年を記念し、二〇〇七年三月十八日から六月三十日まで、「あじわい街道」(千二百円)を東武日光駅と鬼怒川温泉駅で、「日光名物弁当けっこうづくめ」(千五十円)を東武日光駅で、「日光まるごと味の弁当」(千円)を下今市駅で、「御弁当鮎美」(千二百円)を鬼怒川温泉駅で、それぞれ販売する。発売初日は各四十個ずつの抽選プレゼントも実施。

(情報源:二〇〇七年三月五日付東武鉄道ニュースリリースなど)

 コンビニに大船軒ブランドのカップ麺が登場(2007.3)

 コンビニ中堅のミニストップと、関東地方でコンビニチェーンを展開するスリーエフは、二〇〇七年二月二十七日から新作カップ麺「大船軒てんぷらそば」「大船軒てんぷらうどん」(各二百十八円)を発売。神奈川県の東海道本線大船駅などで駅弁を販売する大船軒が一九五八年から提供する駅構内うどん・そば屋の味、関東で最も濃いと言われる生つゆを、愛知県の製麺業者がカップ麺で再現した。神奈川県内の店舗とインターネット上で販売。

(情報源:二〇〇七年三月四日駅弁資料館談話室など)

 小説新潮が全国駅弁ランキングを掲載(2007.3)

 二〇〇七年二月二十二日に発売された新潮社の月刊誌「小説新潮」三月号が、鉄道特集の中で「2007年版全国傑作駅弁番付」を掲載した。鉄道写真家の櫻井寛氏が相撲番付風のランキングを制作したもので、東西の横綱に釧路駅「たらば寿し」と宮島口駅「あなごめし」を配置、以下二十六種類の駅弁を掲載した。

(情報源:二〇〇七年三月四日駅弁資料館談話室など)

 九州の駅弁ランキングは鮎屋三代が三年連続の一位獲得(2007.2)

 JR九州が二〇〇六年十月から二〇〇七年一月まで実施した駅弁アンケート「第三回九州の駅弁ランキング」の結果が発表された。総合ランキング一位は三年連続で、熊本県・九州新幹線新八代駅「鮎屋三代」。今回は前回の約三倍も集まった一般投票の上位十五駅弁について、料理研究家その他の審査員で順位を選定した。

(情報源:二〇〇七年二月二十一日閲覧のJR九州公式サイトなど)

 一戸駅弁がついに消滅(2007.2)

 岩手県の旧東北本線一戸駅で「ロースカツ弁当」などを販売していた山口松山堂が、二〇〇七年四月頃に閉店する模様。後継者難と思われる。戦後に東北本線の名物駅弁として知名度を得たが、列車の高速化や機関区の廃止で販売個数が減少、二〇〇二年の東北新幹線八戸延伸と平行在来線第三セクター化を乗り越えたが、ついに消滅となる。閉店日は後に三月三十一日へ変更。

(情報源:二〇〇七年二月十五日岩手日報など)

 JR北海道が会社発足二十周年で駅弁キャンペーンを実施(2007.2)

 JR北海道は会社発足二十周年記念行事の一環として、「北海道の新・駅弁コンテスト」を実施する。駅弁業者を対象に道米使用、季節感、地域の特色を条件にレシピを募集、旅雑誌編集長その他の審査委員の審査を経てグランプリを選定、賞品を授与するほか四月十日の「駅弁の日」から発売を開始するもの。春夏秋冬の四回、これを繰り返す。

(情報源:二〇〇七年二月十四日JR北海道プレスリリースなど)

 浜松町駅で二日間限定のラジオ発駅弁が登場(2007.2)

 東京のラジオ局である文化放送が二〇〇七年三月三日と四日の二日間、浜松町駅と羽田空港で期間限定駅弁「文化のかおり」(千百三十四円)を発売。同局の新社屋移転をきっかけに、番組内で駅弁漫画原作者や料理専門家などと共に容器や中身も含めて計画を練り、リスナーの声も反映して商品化した。価格は同局の周波数にちなむ。調製はNREで、二日で四百個を販売。

(情報源:二〇〇七年二月九日駅弁資料館談話室など)

 京王の牛豚対決は催事期間専用駅弁(2007.1)

 京王百貨店新宿店で二〇〇七年一月に開催された全国最大級の駅弁大会で、港町の東西ホテルの牛豚対決として実演販売された新作駅弁、神奈川県・東海道本線大船駅「やまゆりポーク2豚弁当」(九百八十円)と、兵庫県・山陽新幹線新神戸駅「神戸牛100%ミンチカツ港町レストラン」(千五十円)が、最初から駅弁大会期間中のみ駅売りを実施する商品だったことが判明。形を変えた疑義駅弁だと当館館長から非難の声が上がる。

(情報源:二〇〇七年一月の駅弁資料館談話室)

 美濃太田の舟弁当が思わぬ一時復活(2007.1)

 岐阜県の高山本線美濃太田駅で四十年以上に渡り名物駅弁として紹介され、容器切れで二〇〇六年春限りで販売が終了した「舟弁当」(九百五十円)が、同年末にひっそりと復活。駅弁屋の年末大掃除で容器が出てきたとのこと。この在庫が切れ次第、再度の販売終了となる見込み。

(情報源:二〇〇七年一月十四日駅弁資料館談話室)

 長野駅弁のナカジマ会館 事実上の廃業で駅弁が消滅(2007.1)

 長野県の信越本線長野駅で駅弁を販売するナカジマ会館は、二〇〇七年一月三十一日限りで駅弁を含む食品事業から撤退。食品工場買収などの事業拡大が裏目に出た模様。今後は不動産事業を家業として行う。同社及びJR東日本長野支社が後継業者を探したが、一月末までに現れなかった。

(情報源:二〇〇七年一月十二日信濃毎日新聞など)

 伊那谷駅弁の自己破産により飯田線で駅弁が全滅(2006.12)

 長野県の飯田線飯田駅などで駅弁を販売していた伊那谷駅弁は、二〇〇六年十二月五日付で事業を停止し自己破産を申請する模様。経営不振のためと思われる。

(情報源:二〇〇六年十二月七日信濃毎日新聞サイトなど)

 小林しのぶ氏監修の駅弁DVDが登場(2006.11)

 ソニーミュージックは二〇〇六年十一月十二日にDVDビデオソフト「日本駅弁大図鑑 第一巻−関東・甲信越編」(三千九百九十円)を発売。駅弁評論家の小林しのぶ氏が選んだ、関東甲信越地方の五十駅弁を紹介、駅や沿線の風景も収録する。

(情報源:二〇〇六年十一月十四日閲覧のソニーミュージック通販サイトなど)

 長野電鉄湯田中駅に駅弁が登場?(2006.11)

 長野県の長野電鉄は二〇〇六年十二月九日から湯田中駅で新作駅弁「ゆけむり弁当」を販売する模様。同日の新型特急電車による特急「ゆけむり」運行開始にちなみ、長野県山ノ内町総合開発公社が開発を進めたもの。価格や内容、正確な発売駅は不詳。

(情報源:二〇〇六年十一月十四日閲覧の長野電鉄貸切ツアー案内など)

 土讃線須崎駅でSL列車運転記念の駅弁を販売(2006.11)

 香川県の予讃線高松駅で駅弁を販売する高松駅弁は二〇〇六年十一月二十三日から二十六日まで、土讃線須崎駅で期間限定駅弁「SL紀行」(八百八十円)を一日七十個発売。土讃線高知〜須崎間でのSL列車運転に伴うもの。須崎駅での駅弁販売は初めてと思われる。

(情報源:二〇〇六年十一月十三日JR四国プレスリリース)

 仙台駅で駅弁コンテスト受賞作品を商品化(2006.11)

 宮城県の東北本線仙台駅などで駅弁を販売する日本レストランエンタプライズ仙台支社は、二〇〇六年十二月から仙台駅などで新作駅弁「南三陸海宝弁当」(千円)「みやぎ南三陸滋養弁当」(千二百円)「宮城だっちゃ弁当」(千二百円)の三種を発売。五十八作品の応募があった同社の駅弁レシピ募集企画「みやぎOrara(おらら)駅弁コンテスト」での受賞作品を商品化したもの。

(情報源:二〇〇六年十一月十日河北新報)

 仙台駅にペーパークラフト駅弁が登場(2006.11)

 宮城県の東北本線仙台駅などで駅弁を販売するウェルネス伯養軒は、二〇〇七年から仙台駅で新作駅弁「伊達飯好(だてはんこう)」(千二百円)を発売。容器が仙台で開催される七夕など六種の祭りを再現したペーパークラフトになっている。月間九百個の販売を見込む。

(情報源:二〇〇六年十一月六日毎日新聞)

 全国産業教育フェア埼玉大会で高校生開発の駅弁を販売(2006.10)

 二〇〇六年十一月十日から十二日まで埼玉県さいたま市で開催される第十六回全国産業教育フェア埼玉大会で、同県越谷市の高校生が開発した弁当「懐石風彩の国弁当」(八百円)が販売される。中身は浦和の鰻飯、秩父のしゃくし菜御飯など県産品を九区画に詰めるもの。高校生が製作した線路に乗車可能な車両を走らせ駅舎や乗降場も設け、この弁当を駅弁に見立てる。

(情報源:二〇〇六年十月二十五日中日新聞など)

 岡山駅の橋上化に合わせて新作駅弁「後楽園のお弁当」を投入(2006.10)

 岡山県の山陽本線岡山駅で駅弁を販売する三好野本店は、二〇〇六年十月十五日から新作駅弁「岡山後楽園のお弁当」(千円)を発売。内容は県産の黒豚角煮や鶏肉照焼に祭ずしなど。後楽園と県産品を発信するために「後楽園特産品ブランド化プロジェクト」で共同開発、同日の駅橋上化完成に合わせ、翌年の観光キャンペーンに向けて投入した。

(情報源:二〇〇六年十月十二日岡山日日新聞など)

 今年も立山黒部貫光で鉄道の日記念駅弁を発売(2006.10)

 富山県の立山黒部貫光は、二〇〇六年十月十三日から十七日まで、期間限定駅弁「紅葉山舞(ざんまい)」(千円)と「星に一番近い駅弁」(千円)を発売。十月十四日の鉄道の日を記念するもの。一日各五十個ずつが発売される。

(情報源:二〇〇六年十月十一日朝日新聞富山)

 別府駅で新規参入業者による駅弁立売が登場(2006.09)

 大分県の食品製造販売会社である学食は、二〇〇六年九月二十一日から別府駅ホーム上で「とり天弁当」等の、特急列車の発着に合わせた立売販売を開始。同年七月の駅構内での同社売店「とり天小屋」別府店の開業前後に、JRや駅などと交渉を続けた。同駅約三十年ぶりの駅弁立売だという。

(情報源:二〇〇六年九月二十二日大分合同新聞など)

 全国の駅弁を紹介する駅弁DVDが登場(2006.09)

 ジェネオンエンタテインメントは二〇〇六年九月二十六日にDVDビデオソフト「日本駅弁図鑑100」第1巻〜第5巻(各千九百九十五円)を発売。全国百種類の駅弁を十巻に分けて各巻十駅弁ずつ、駅弁屋の幹部や調理人のインタビューを交えて紹介し、簡単な観光案内も付く。残る第6巻〜第10巻も翌年春頃に発売予定。

(情報源:二〇〇六年九月十五日駅弁資料館談話室など)

 テレビ朝日系列のバラエティ番組が芸人駅弁収穫記を放送(2006.08)

 テレビ朝日系列のバラエティ番組「いきなり!黄金伝説」が二〇〇六年八月二十四日に「全国縦断3800km2泊3日駅弁生活」を放送。お笑い芸人のアンガールズが、森駅弁「いかめし」や横川駅弁「峠の釜めし」など、上野松坂屋駅弁大会での人気上位駅弁と思われる十種類を、三日間かけて現地に買いに行って食べる内容。

(情報源:二〇〇六年八月二十五日閲覧の番組公式サイトなど)

 高速道路のサービスエリア弁当は「速弁(はやべん)」(2006.08)

 愛知県の中日本高速道路と旅行代理店のJTB中部は、高速道路のサービスエリアで販売する弁当を「速弁(はやべん)」と名付け、二〇〇六年八月二十二日に共同で商標登録を出願した。鉄道の駅弁や空港の空弁のような名物を目指し、各地域の弁当業者等と共同で商品の開発を進めている。発売開始は十一月三日。

(情報源:二〇〇六年八月二十三日中日新聞など)

 旭川駅で旭山動物園の動物写真を載せた駅弁が二種登場(2006.08)

 北海道の函館本線旭川駅などで駅弁を販売する旭川駅立売は、新作駅弁「グルメBOX」(八百四十円)と「手巻きソフト」(五百二十五円)を旭川駅で発売。北海道を代表する観光名所となった旭山動物園の動物をパッケージに描き、それを切り取ると絵はがきにもなる。

(情報源:二〇〇六年八月二十一日北海道新聞)

 直江津駅に新作駅弁「上越後ふるさと弁当」登場(2006.08)

 新潟県の信越本線直江津駅で駅弁を販売するホテルハイマートは、二〇〇六年七月二十九日から新作駅弁「上越後(かみえちご)ふるさと弁当」を販売。上越後産コシヒカリの御飯に五色十一種の米穀を混ぜた「伍色十一穀米」を混入、九種類のおかずも含めた健康志向の駅弁。

(情報源:二〇〇六年八月九日交通新聞ニュース)

 新山口駅で映画公開にちなんだ新作駅弁が登場(2006.08)

 山口県の山陽本線新山口駅で駅弁を販売する小郡駅弁当は、二〇〇六年八月一日から新作駅弁「幕の内希望NOZOMI弁当維新山口駅長州幕NOSOTO」(八百円)を発売。映画「長州ファイブ」の公開を記念し、山口県出身で明治政府で活躍した伊藤博文ら五名の写真を掲載し、中身も彼らの好物を取り入れた幕の内弁当。

(情報源:二〇〇六年八月八日中国新聞)

 横浜駅弁の崎陽軒 九月一日からシウマイ値上げ(2006.08)

 神奈川県の東海道本線横浜駅などで駅弁を販売する崎陽軒は、二〇〇六年九月一日に商品の価格改定を実施。豚肉や帆立貝柱の価格高騰などのため。「シウマイ」十五個入りが四十円値上げの五百五十円、「特製シウマイ」十二個入りが百円値上げの千三百円など、二十二製品の価格を平均約七パーセント引き上げる。「シウマイ御弁當」の価格は七百十円で据え置き。

(情報源:二〇〇六年八月八日日本経済新聞など)

 新大阪駅に段ボール製ミニトレイン付き駅弁が登場(2006.07)

 大阪府の東海道本線大阪駅などで駅弁を販売する水了軒は、二〇〇六年七月二十日から新作駅弁「はこでんべんとう」(千円)を発売。ハンバーグやオムレツが入る洋風幕の内駅弁に、事務用品大手のコクヨが出す紙製組立鉄道車両「はこでん」の新幹線を付ける。

(情報源:二〇〇六年七月二十七日閲覧の駅弁図鑑「おすすめ!新製品情報」)

 豊肥本線新型観光列車向け弁当「阿蘇のうなり弁当」登場(2006.07)

 JR九州は二〇〇六年七月二十二日から新作弁当「阿蘇のうなり弁当」(千二百円)を発売。同日から熊本〜宮地間で運行を開始した観光列車「あそ1962」の車内弁当で、中身は阿蘇米の五目飯、あか牛ハンバーグ、馬スジ煮込みなど。二日前までにJR九州の駅で引換券を購入し、熊本発宮地行列車内で引き換える。土休日は車内販売でも購入可能。水曜日と年末年始は販売しない。

(情報源:二〇〇六年七月二十七日付JR九州プレスリリースなど)

 横浜駅弁三種類同時リニューアル(2006.07)

 神奈川県の東海道本線横浜駅などで駅弁を販売する崎陽軒は、二〇〇六年八月一日に「横浜炒飯」「横濱中華弁当」「お赤飯弁当」を同時にリニューアルする。商品名は「横濱炒飯」のみ以前の「横濱チャーハン」に戻し、価格はそれぞれ五百五十円、千円、八百五十円で据え置く。

(情報源:二〇〇六年七月二十四日付崎陽軒プレスリリース)

 横浜駅弁三種類同時リニューアル(2006.07)

 神奈川県の東海道本線横浜駅などで駅弁を販売する崎陽軒は、二〇〇六年八月一日に「横浜炒飯」「横濱中華弁当」「お赤飯弁当」を同時にリニューアルする。商品名は「横濱炒飯」のみ以前の「横濱チャーハン」に戻し、価格はそれぞれ五百五十円、千円、八百五十円で据え置く。

(情報源:二〇〇六年七月二十四日付崎陽軒プレスリリース)

 札幌駅に新作駅弁「ばんえい競馬応援賭け支え弁当」が登場(2006.07)

 北海道の函館本線札幌駅で駅弁を販売する札幌駅立売商会は、二〇〇六年七月二十二日から新作駅弁「ばんえい競馬応援賭け支え弁当」(七百円)を発売。旅雑誌「北海道じゃらん」と北海道市営競馬組合と駅弁業者との共同開発商品で、北海道のばんえい競馬の開催地や走路の障害にちなんだ食材や形状を中身で表す。競馬柄の缶茶と競馬場の入場券が付く。岩見沢競馬開催日の土休日のみ、札幌駅と岩見沢競馬場で販売。

(情報源:二〇〇六年七月二十日北海道新聞など)

 函館駅に旅雑誌企画の期間限定駅弁「のり弁当」登場(2006.07)

 北海道の函館本線函館駅で駅弁を販売するみかどは、二〇〇六年七月二十日から八月三十一日まで期間限定駅弁「のり弁当」(八百四十円)を発売。旅雑誌「北海道じゃらん」とのタイアップ。道南産米ふっくりんこの御飯に、北海道せたな町産の岩のりを敷き詰め、焼鮭や玉子焼などのおかずを添える。

(情報源:二〇〇六年七月二十日付みかど公式サイト「新商品・新情報一覧」)

 豊岡に全国四種類目の一万円駅弁が登場(2006.07)

 日本鉄道構内営業中央会西日本地区本部の公式サイト「駅弁図鑑」によると、豊岡の予約制駅弁「柳ごうり弁当」の価格が六千円から一万円に値上げされた模様。金沢、東武日光、松阪に続く一万円駅弁が登場したことになる。豊岡の伝統工芸品である柳ごうりを容器に使ったお弁当。

(情報源:二〇〇六年七月十八日付駅弁図鑑「駅弁あれこれ」No.48)

 NRE仙台支社が駅弁レシピコンテストを実施(2006.07)

 宮城県の東北本線仙台駅などで駅弁を販売する日本レストランエンタプライズ仙台支社は、二〇〇六年七月十三日から八月三十一日まで「みやぎOrara駅弁コンテスト」を開催。宮城の食材を盛り込んだ新たな郷土駅弁のレシピを一般公募、グランプリ作品には賞金十万円を進呈し、十一月から二〇〇七年三月まで実際に販売する予定。

(情報源:二〇〇六年七月十三日NREプレスリリースなど)

 「こまち」「はやて」利用者向け駅弁ネット予約配達サービスを開始(2006.07)

 JR東日本管内各地で駅弁等を販売する日本レストランエンタプライズは、二〇〇六年七月三日十三時からインターネット上の通信販売サービス「えきねっとshopping」で、新幹線「こまち」「はやて」利用者向けの駅弁配達サービスを開始。乗車日の三日前までに商品、乗車駅、乗車日、列車名、座席番号を入力すると、注文した駅弁を座席まで届けてくれる。

(情報源:二〇〇六年七月三日交通新聞ニュースなど)

 東京駅の改札内駅弁売店でも地方駅弁の取り扱いを開始(2006.07)

 JR東日本管内各地で駅弁等を販売する日本レストランエンタプライズは、二〇〇六年六月二十四日から東京駅北通路「6号売店」でJR東日本管内の駅弁を販売開始。週替わりで駅別に数種類ずつ取り寄せる。東京駅では従来、NREの仙台や盛岡の駅弁や「膳まい」扱いの富山駅弁ますのすしなどを除き、八重洲中央口改札外「駅弁屋旨囲門」でのみ、地方の駅弁を取り扱っていた。

(情報源:二〇〇六年七月三日閲覧のNRE公式サイト)

 釧路駅に新作駅弁「くしろ鱧(はも)寿司」が登場(2006.06)

 北海道の根室本線釧路駅で駅弁を販売する釧祥館は、二〇〇六年七月七日から新駅弁「くしろ鱧(はも)寿司」(八百四十円)を発売。二月の「しか肉もみじ弁当」「鮭と昆布のお弁当」に続く、地元の団体「くしろ食彩研究会」開発の地産地消駅弁の第二弾。釧路でハモが獲れることをアピールする。

(情報源:二〇〇六年六月十九日北海道新聞など)

 今年も「東北旅メッセ」で東北地方の駅弁を販売(2006.06)

 JR東日本は二〇〇六年六月十四日から十八日まで上野駅で「第5回東北旅メッセ2006」を開催。毎年恒例の東北観光宣伝企画。今回はプレスリリース等で駅弁販売の案内はなかったが、上野駅中央改札内コンコースに東北各地の駅弁販売ブースがひとつ存在し、大館駅「鶏めし弁当」など十数種類の駅弁を販売していた。

(情報源:二〇〇六年六月十八日の館長の現地訪問)

 松江駅に新作駅弁「出雲の国さらさら健康御膳」登場(2006.06)

 島根県の山陰本線松江駅で駅弁を販売する一文字家は、二〇〇六年六月十四日から新作駅弁「出雲の国さらさら健康御膳」(千二百円)を販売。TBS系列の情報番組「2時ピタッ!」が二千五百円の高級駅弁の開発から発売開始までを追い、しかし高価で売れなかったことで価格と内容を見直した。ユニバーサルデザインの容器に、島根県産と血液サラサラにこだわった中身を詰める。

(情報源:二〇〇六年六月十四日のテレビ放送結果など)

 鹿児島中央駅弁のわたなべ 駅弁から撤退?(2006.04)

 鹿児島県の鹿児島本線鹿児島中央駅で駅弁を販売するわたなべが、二〇〇六年四月までに駅弁販売から撤退した模様。国鉄時代からの名物駅弁「薩摩鳥めし弁当」(七百八十円)「とんこつ弁当」(九百円)などが入手できなくなったと思われる。なお、九州新幹線開業前後に参入した新規業者の駅弁は、従来どおり販売されている模様。

(情報源:二〇〇六年四月「駅弁の小窓」掲示板「駅弁情報玉手箱」など)

 高崎駅で復刻版だるま弁当「復古だるま」(2006.04)

 群馬県の高崎線高崎駅で駅弁を販売する高崎弁当は、二〇〇六年五月一日から「復古だるま」(千三百円)を発売。有名駅弁「だるま弁当」で一九七二年まで使用された、達磨大師の顔を模した陶製容器を使用。一日三十個の販売。現在の「だるま弁当」(九百円)も併売される。

(情報源:二〇〇六年四月二十一日日本経済新聞関東など)

 O−bentoに新作「鶏唐あげ弁当」登場(2006.04)

 JR東日本管内各地で駅弁等を販売する日本レストランエンタプライズは、二〇〇六年四月二十一日から「O−bento鶏唐あげ弁当」(五百円)を発売。五百円オーベントーシリーズの最新作。この時点で「豚生姜焼き」「ピリ辛豚味噌」「マス西京焼き」「焼き鳥」「カレー風味チキン照り焼き」の他五種のラインナップ。

(情報源:二〇〇六年四月二十日NREプレスリリースなど)

 NREの仙台駅駅弁催事は今年も盛況(2006.04)

 JR東日本管内各地で駅弁等を販売する日本レストランエンタプライズが、二〇〇六年四月七日から九日までJR仙台駅構内で開催した駅弁催事「名物駅弁まつり」での三日間の駅弁販売個数が、前年比約二割増の千八百六十三個となった。

(情報源:二〇〇六年四月十八日交通新聞ニュース)

 駅弁の日で駅弁屋四社が駅弁を福祉施設に寄贈(2006.04)

 横浜駅弁の崎陽軒、大船駅弁の大船軒、小田原駅弁の東華軒、伊東駅弁の祇園の、駅弁業者四社の従業員が二〇〇六年四月七日、神奈川県横浜市の加賀原地域ケアプラザを訪問し、「シウマイ御弁當」などの各社駅弁計百三十個を寄贈した。駅弁の日にちなむもの。外出しないお年寄りが旅の気分を味わえたとのこと。

(情報源:二〇〇六年四月八日神奈川新聞)

 今年も東京駅で駅弁の日記念駅弁大会を実施(2006.04)

 JR東日本管内各地で駅弁等を販売する日本レストランエンタプライズは、二〇〇六年四月八日と九日にJR東京駅改札内中央通路で「駅弁の日東日本縦断駅弁大会(春)」を開催。二日間で約一万七千個の駅弁を販売した。

(情報源:二〇〇六年四月七日交通新聞ニュースなど)

 大船駅弁「鯵の押寿し」など一〜三割値上げ(2006.04)

 神奈川県の東海道本線大船駅などで駅弁を販売する大船軒は、二〇〇六年四月一日から「鯵の押寿し」を八五〇円から九六〇円に、「特上鯵の押寿し」を千円から千二百円に、「特上鯵と小鯛の押寿し」を七百四十円から九百八十円に、それぞれ値上げする。同時に「特上鯵の押寿し」六カン入り九百八十円を新発売。

(情報源:二〇〇六年四月二日閲覧の大船軒公式サイト)

 バス弁リニューアル記念で「バス弁すごろく」発売(2006.03)

 福岡県の天神バスターミナルでバス弁を販売する西鉄ステーションサービスは、二〇〇六年四月十日に「九州高速バス路線”バス弁”すごろく」を、同バスセンターと西鉄天神大牟田線主要駅で発売。バス弁のリニューアルを記念したもので、発売前二週間のバス弁購入者にもスピードくじでプレゼントする。なお、バス弁の種類は当初の四種類から三種類に減少した模様。

(情報源:二〇〇六年三月二十四日西日本鉄道ニュースリリース)

 「リゾートしらかみ」新車両投入で新作駅弁も投入(2006.03)

 秋田県の奥羽本線秋田駅で駅弁を販売する関根屋は、二〇〇六年三月一日から新駅弁「白神浪漫」(八百五十円)「あったけぇ きりたんぽ弁当」(千二百円)を発売。秋田県の特産品を使うコンセプトで、後者は加熱機能付き容器で秋田名物きりたんぽを再現した。秋田駅と観光列車「リゾートしらかみ」と新幹線「こまち」の車内での販売。

(情報源:二〇〇六年三月八日交通新聞ニュースなど)

 寝台特急「出雲」廃止記念駅弁は十日間日替わり掛紙(2006.02)

 JR東日本管内各地で駅弁等を販売する日本レストランエンタプライズは、東京駅で二〇〇六年三月八日から十七日まで期間限定駅弁「さよなら出雲記念弁当」(千円)を発売。東京〜出雲市間の寝台特急「出雲」の廃止を記念するもので、事前に公募した同列車の写真から十種を選定し、日替わりで掛紙画像に使用する。

(情報源:二〇〇六年三月六日駅弁資料館談話室など)

 釧路駅にエゾシカ肉の駅弁が登場(2006.02)

 北海道の根室本線釧路駅で駅弁を販売する釧祥館は、二〇〇六年二月二十一日から新駅弁「しか肉もみじ弁当」(千八十円)を発売。地元の団体「くしろ食彩研究会」が一年かけて開発した、北海道阿寒産シカの味付けモモ肉みぞれ煮を御飯の上に載せた加熱式駅弁。同じく新作の「鮭と昆布のお弁当」(九百四十円)と共に、釧路駅ホーム売店で販売される。

(情報源:二〇〇六年三月三日北海道新聞など)

 JRCPの京都駅弁「京のおばんざい弁当」が好評(2006.02)

 東海道新幹線主要駅で駅弁を販売するJR東海パッセンジャーズが、二〇〇五年九月から新幹線京都駅で販売する駅弁「京のおばんざい」(千円)が好評。京都府企画「京のおばんざい弁当普及推進協議会」の認定を得た健康弁当で、一日百個が連日完売し、一月から新幹線新大阪駅でも販売を開始した。

(情報源:二〇〇六年二月九日交通新聞ニュース)

 小倉駅に事実上第三の駅弁業者が進出(2006.01)

 福岡県の夢ぬか工房は二〇〇五年二月一日から、「「ぬかみそ炊きいりこめし」(六百三十円)と「夢ぬか御膳」(八百五十円)を、在来線改札脇コンビニキヨスク前の台売りと特急「ソニック」一部列車車内で発売。百年床と呼ばれる古いぬか床を利用したイワシやサバのお弁当。北九州駅弁当、ジェイアールサービスネット福岡に次ぐ、小倉駅で事実上第三の駅弁業者と見なせるか。

(情報源:二〇〇六年一月の館長現地訪問など)



←前は[なし] | 次は[2005年の駅弁の話題]→

2001年6月17日開設 2007年4月16日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.