banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 大船(おおふな)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-East Ofuna Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から電車で約45分。大船駅は明治時代からの分岐駅で、鉄道の車庫や工場が置かれた鉄道の要衝であり、駅弁が売られ、鎌倉の文人や映画撮影所の関係者に親しまれた。今もその当時からの駅弁屋が、下り側の改札口の内外に駅弁売店を構える。1888(明治21)年11月1日開業、神奈川県鎌倉市大船1丁目。

神奈川牛肉弁当(1,080円)2016年3月4日に新宿駅の駅弁売店「駅弁屋 頂」で購入
Kanagawa Gyuniku Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年12月の発売。白御飯を少々の牛肉煮で覆い、残りをささがきごぼうで埋め、ひじき煮と大根漬を添える。神奈川県のブランド牛「やまゆり牛」を使うといい、肉の香りと柔らかさに優れるが、写真のとおり分量が少なく、牛の知名度も低く、駅弁の中身に他の個性がないため、東京都内に数十種類が進出する他の牛肉駅弁に歯が立たない印象。神奈川県内に牛肉の駅弁が少ないため、種類を多様にする役割はあると思う。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】昼弁夜弁大盛(820円)2011年6月12日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Hiruben Yoruben Omori (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年6月に「朝弁昼弁」と共に登場か。やや小柄な長方形の発泡材容器に透明なふたをして、商品名を書いた紙帯を下部に締める。中身は見えるとおり、白御飯の上にみそカツ2個を置き、ニンジンやちくわなどの煮物、玉子焼とかまぼこ、マグロ角煮とタクアンを添えるもの。名前に違いそれほど大盛でもない味噌カツ弁当。東京都内が主戦場の商品かもしれない。この年限りの販売か。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】チャーシューめし(680円)2007年7月21日に大船駅南口改札内コンコース駅弁売店で購入
Char Siu Meshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2007(平成19)年4月27日の登場。少々小さく浅めな正方形の発泡材容器に、ボール紙でふたをして、中身のイラストを描いた掛紙で包み、ひもでしばる。中身は駅弁名どおり、タレ御飯の上に豚肉チャーシューが貼り付けられ、煮玉子と高菜とうぐいす豆を添付。

世の中のチャーシューは、口の中でいかに溶かせるかを脂肪分の多さで競っている気がするが、このチャーシューは濃い醤油味と固めの食感で一線を画すもの。駅弁では見栄えも風味も、このほうが合っている。あぶり焼きの香りも加わり、焼肉やラーメンが好物であれば、食べて美味い駅弁。しかし発売開始当初から数量限定を考えていたらしく、公式サイトでは2007年11月現在で販売終了商品扱いとなっている。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】粽子(ちまき)弁当(680円)2002年8月31日に大船駅コンコース駅弁売店で購入
Chimaki Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

2000(平成12)年6月12日に登場し、2002年夏に再登場。小柄な長方形の発泡材容器に事務用紙風の模造葉を敷き、豚角煮がたっぷり混ざったおこわが敷かれる。揚げ焼売が2個とシナチクに椎茸などを添え、名前も粽ではなく粽子とした中華風駅弁。中華料理の猪肉粽子(豚肉入りちまき)に該当か。

掛紙には「体力増強」「疲労回復」の文字が刻まれ、豚肉と餅米のビタミンB1の効用を説き、成分表にもビタミンB1の含有量を記す機能性駅弁。それを抜きにしてもこの粽子は美味く、飯で食わせる駅弁では折尾駅「かしわめし」に負けない。しかし今度もレギュラー商品として定着せず、2003年には消えている。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】ぎょうざ弁当(710円)2002年4月10日に大船駅コンコース駅弁売店で購入
Gyoza Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

2002(平成14)年3月29日登場。発泡材の長方形容器の内部は仕切で二分され、片方に胡麻振り御飯に大きめの梅干しがひとつ、片方に独自開発の冷めても美味しい餃子が5つと、大小の椎茸がまるごとふたつ、そしてメンマとブロッコリー。大船駅を西側から見下ろす大船観音を描いた朱色の掛紙をかける。横浜のシウマイに匹敵する名物をとのアテは残念ながら外れ、餃子を焼き餃子から揚げ餃子に変更した後、同年6月30日で終売となった。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

神戸ロースカツ重(979円)2008年8月3日に大船駅コンコース惣菜屋で購入
Kobe Loin Cutlet Ju

掛紙 外観 外観 中身 中身

大船駅改札内コンコースで、2006(平成18)年2月に開業したエキナカ商業施設「Dila大船」内のテナント「元祖神戸コロッケ」で販売されていたお弁当。駅弁でもよく見掛ける発泡材枠トレー接着の長方形容器に透明なふたをして、割りばしを置いて商品名を書いた掛紙で巻く。

中身は梅混じりの白御飯の上に赤味噌ソースたっぷりのロースカツを1個置き、ネギを刻んで玉子焼と漬物を添えるもの。その内容を例えれば、甘辛さを増して肉を減らし衣を増やした名古屋駅弁「びっくりみそかつ」。御飯に梅が刻んで混ぜてあってもさっぱりしないコテコテ系は、駅弁では苦情が来そうで、デパ地下では人気を集めそう。

これは全国各地のデパ地下や商業施設に出店している東証一部上場の大手惣菜屋の商品だから、大船駅弁ではなく全国各地で同じものが買える属地性のない惣菜弁当。しかし大船駅改札内の通路に面して売られる点では、国鉄時代からの駅弁屋と何ら変わりない。駅構内営業の権利を駅弁屋に与えてやっているJRが自ら、子会社を通じて駅弁屋店舗の目と鼻の先でこういう商売にどんどん進出しており、駅弁はますます厳しい状況に追いやられていることだろう。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 ロックフィールドRF+SELECTION ディラ大船店 神奈川県鎌倉市大船1−1−1 連絡先の記載なし
疑義駅弁

【終売】やまゆりポーク2豚弁当(980円)2007年1月17日に京王百貨店駅弁大会で購入
Yamayuri Pork Two Ton Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2007(平成19)年1月の京王百貨店駅弁大会で目玉商品として実演販売され、その催事期間中だけひっそりと大船駅で売られ、催事の終了後ほどなく、おそらく予定どおり人知れず消滅させた、大船駅弁史上初めてかもしれない疑義駅弁。

長方形発泡材容器に木目調の紙ぶたをかけて、豚と神奈川県花ヤマユリと横浜や江ノ島の風景を描いた掛紙を巻いて、ゴムで留める。中身は神奈川県のブランド豚「やまゆりポーク」を、味噌カレー風味と中国醤油照焼風で味付けた豚丼が半分ずつ。横浜の有名ホテルの総料理長がプロデュースした、豚肉の柔らかさ、特に食感のほうは特筆すべきもの。現地で偶然に出会えれば絶賛にも値するが、淡泊な風味は人気駅弁への道に不利となりそう。

催事場では神戸駅弁と港町対決、牛豚対決を演じていた。しかしなぜ、横浜のホテルで豚肉で大船駅弁なのか分からない。相手は神戸のホテルで牛肉で新神戸駅弁という分かりやすさで、BSE騒動が終わったことで豚肉に不利な面があるとはいえ、大行列と無行列の大差が付いた。その神戸駅弁も販売期間イコール催事期間中であり、駅弁文化への悪影響度に差はない。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
京王百貨店 東京都新宿区西新宿1−1−4 連絡先の記載なし http://www.keionet.com/
催事駅弁

大船軒特製鶏めし(750円)2008年1月12日にさいか屋藤沢店駅弁大会で購入
Ofunaken Tokusei Tori Meshi

掛紙 外観 外観 中身 中身

2008(平成20)年1月のさいか屋藤沢店駅弁大会で、大船軒のブースにて販売されたお弁当。発泡材の正八角形容器に透明なふたをして、ニワトリや商品名にデパートの名前を記した正方形の掛紙をかけて、ひもで十字にしばる。中身は白御飯の上を鶏照焼スライス4切れと鶏そぼろと玉子そぼろで覆い、しば漬けを添えるもの。

駅売りの実態はないが、見た目だけでは駅弁そのもの。ここで好評ならば駅売りが開始されるのだろうか。内容や風味は並だが、大船に鶏飯駅弁はないため、駅弁売店に置けば実需で普通に売れるのではないかと思う。

調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/