banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

1.疑義駅弁について※2008年10月補訂

テレビや雑誌などで年間を通して何度も駅弁紹介の特集が組まれたり、秋冬のスーパーやデパートで駅弁催事が企画され多くの買い物客を集めたり、駅弁に対する注目度は引き続き高位を維持しているものと思われます。その紹介や販売の方法を見ていると、旅情や郷愁を誘ったり、地域の特産物や名産品あるいは名所旧跡などを取り入れたりしていますので、普通の方々が駅弁に対して持つイメージはそういうものなのでしょう。

駅弁特集や駅弁催事があると、通常より雑誌や店舗の売れ行きが良いなどという話も聞きます。しかしそれに乗じてか、とても駅弁とは呼べないような商品に駅弁を名乗らせて、デパートやスーパーの駅弁催事で販売するケースが目に付くようになりました。あるいは駅弁サイトの制作を手掛けてから、またはネット上で駅弁情報を交換するようになってから、気が付くようになりました。

駅弁には、旧国鉄や一部の私鉄が駅弁だと認めている商品から、販売業者が自ら駅弁と名乗るだけの商品まで、あるいは駅弁と名乗らないもののその外観や中身や販売形態などから駅弁と呼ぶに相応しい商品や、その逆の商品など、様々な形態の商品が混在しています。また、当館「駅弁入門」に記載するとおり、駅弁には確固たる定義がないため、駅弁には本物がないかわりに偽物もありません。

しかし、実態を知れば購入者や消費者に失望を与え、駅弁全体に疑惑の目が注がれイメージダウンを招きそうな商品は、ニセモノと呼ばざるを得ません。当館ではそのような駅弁を「疑義駅弁」と名付け、次のような定義を与えたうえで、その定義をすべて満たす駅弁を紹介し、この問題を提起することとしました。

  1. 特定の実在駅の駅弁を名乗り、販売されている。
  2. 該当の実在駅での販売実態がないか、事実上存在しない。
  3. 販売時に上記の実態を売り場やチラシなどで公表していない。

※2006年1月追記 疑義駅弁
 当館で疑義駅弁と考えている商品の紹介箇所には、右のようなアイコンを付けました。

2.今後も販売が予想される主な疑義駅弁(2017年10月時点)

(1)駅弁催事で輸送販売される静内駅弁※2017年10月補訂

外観

子持ししゃも昆布めし」、「襟裳黄金はらこめし」、「襟裳うにイクラ蟹弁当」など。2003年11月の大手スーパー駅弁催事で突然に登場した駅弁群で、その後も同じスーパーで販売が続いています。調製元はすべて「西谷辨當店」。

上記調製元と所在地が同じである、北海道静内郡静内町の西谷弁当店は、かつて国鉄公認の駅弁業者で「とりめし」などを静内駅で販売しており、現在も駅構内でそば屋を営業していますが、駅弁販売は1990年代に終えました。疑義駅弁の指摘を受けてか、2005年春頃から上記商品とは異なる「いかめし」のみ一日2個だけ売り、他の駅弁の空き箱を店内に積み上げる一方で、事前予約でも現地販売は応じない体制を整えたそうです。2006年からは駅弁催事期間中だけ上記商品を札幌から数点ずつ輸送し駅で売っているそうで、まるでアリバイ作りだと指摘されてもいます。

なお、「日高名物北海いかめし」は、市販の時刻表では静内駅弁と紹介されており、現地で西谷弁当店の商品を買えるようです。

(2)駅弁催事で売る「かきめし」以外の厚岸駅弁※2012年11月更新

外観

現在は「氏家さん家の厚岸たこめし」、過去には「いくら」、「うなぎ」など。調製元は「有限会社氏家待合所」「氏家待合所」など。

上記調製元と所在地が同じである、北海道厚岸郡厚岸町の掛紙記載「厚岸駅前氏家待合所」は、現在も駅舎内キヨスクに毎日駅弁を卸す旧国鉄公認の駅弁業者で、「かきめし」は北海道や日本を代表する名物駅弁です。しかし少なくとも北海道以外の駅弁催事で販売する「かきめし」以外の商品は、厚岸駅での販売実態がないようです。

2004〜2005年の駅弁大会シーズンでは、調製元電話番号の末尾で本物と疑義駅弁が区別できましたが、翌シーズンではどちらも同じ電話番号を掲載しているようです。ほとんどのケースで疑義駅弁と併売される「かきめし」は、厚岸駅でない場所で製造していると思われますが、風味は以前の実演販売より現地版に近付いています。

なお、「かきめし」は2011年6月から厚岸駅での販売が取り止められ、以後は駅前弁当として生き残っているようです。

3.疑義駅弁に該当する可能性がある商品

(1)駅弁催事で輸送販売される小淵沢駅弁の一部※2008年10月補訂

外観

過去には「豊かな大地の恵み」「極松茸・鮑入り甲州釜めし」など。調製元は株式会社丸政。

上記調製元は山梨県の中央本線小淵沢駅で「元気甲斐」などを売る旧国鉄公認の駅弁業者で、中央本線で最も元気な駅弁販売駅であり駅弁業者だと思います。しかしどうも、スーパーやデパートの駅弁催事で売る商品には残念ながら、小淵沢駅で売る気や予定がないものが含まれているようです。または、駅弁催事を市場調査に使い、売れたものを現地で新商品に採用しているのかもしれません。

駅弁業者の公式サイトに掲載がないか販売未定旨の案内があったり、地元新聞の公式サイトで記事になっていない商品は、疑義駅弁である可能性が否定できないと思われます。

(2)日本古窯弁当シリーズの各商品※2006年2月補訂

2001年に6種で登場したと思われる、焼き物の茶碗を容器に使用した駅弁大会専用商品。その後も新作がリリースされ、現在は下記の9種があると思われます。

外観

それぞれの調製元はすべて、現地で駅弁を販売する旧国鉄公認の駅弁業者で、上記商品と中身が同一か類似の商品は現地で販売されています。しかし上記商品が店頭に並ぶことはどうもないようで、予約購入にも応じられない商品もあるようです。例えば加賀温泉駅では、現地で買えない上記商品の好評を受けて、現地販売商品「かにぼろワッパ」が登場したことが明らかになっています。

ただ、少なくとも調製元と中身には実態がありますので、疑義駅弁と断定することには少々の抵抗感はあります。また、和田山駅版の現地調製のテレビ報道や、西明石駅版の駅弁大会シーズン時現地販売の情報提供は耳にしています。なお、2005〜2006年の駅弁大会シーズンでは、阪神百貨店を除き上記商品の取り扱いを縮小しているように感じられます。

4.疑義駅弁が生まれる背景

疑義駅弁は世にほとんど知られていないため、それについて記したり考察した資料を目にしていません。また、当館の運営方針により各調製元への問い合わせもしておらず、運営者自身が駅弁業界との関連を持たないため、以下の考察は感想に近いものであり、客観的な根拠を持ちません。

メディアの情報は多くが東京から発信されます。東京駅と京王百貨店駅弁大会、あるいはそれに加えてせいぜい名古屋駅と(新)大阪駅と阪神百貨店駅弁大会の状況を見れば、記者は駅弁がますます盛況とのイメージを持って記事にしますし、視聴者や読者にもそのイメージが植え付けられます。しかし実態は四十年来の衰退産業。駅弁業者や販売駅は年々減り続けて今や最盛期の1/3程度、近年でも年に数件の業者倒産や撤退が続いています。

実演や輸送による遠隔地での駅弁販売は、そのギャップを利用した商売と呼べるでしょう。その主体は百貨店やスーパーであることも、催事屋であることも、駅弁屋であることもありますが、地元では市場が小さく販売が伸びないか困難な駅弁を、旅情と郷愁を付けて都会に持ち込めば、販売による直接的な収入の他に宣伝等の間接効果も望めるようです。

駅弁ファンの間では、現地以外の場所で販売する駅弁そのものに疑いのまなざしを向け、実演でも疑義駅弁でも現地で調製していない駅弁の存在を敵視する声もあります。しかし鉄道の衰退とホカ弁やコンビニの普及で、駅弁専業は相当な好条件を抱えていない限り不可能な状況にある中で、ウソでない範囲における現地での駅弁販売の存続に役立つ現地以外での駅弁販売は、個人的には肯定したいと思います。

北海道に疑義駅弁が集中するのは、鉄道網や公共交通の崩壊による駅弁需要の大幅減退と、人気の旅行地として注目され続ける土地との間により大きなギャップが存在することに加え、駅弁実演販売の開拓者である森駅「いかめし」の生誕地である地域に、そんなノウハウとネットワークが存在するのではないかと感じられます。

北海道には、現地でも売るけれど主戦場は駅弁大会という、疑義駅弁ではないけれど感心はできない商品が数多く存在しますし、その一部あるいは多数が、現地ではなく大都市近郊で調製されているとも聞きます。また、秋冬シーズンあるいは特定の駅弁大会に向けて駅弁の新商品を開発することは全国で一般的に行われています。これを一歩進めると、駅弁大会には出すけれど現地ではどうせ売れないから作らない、あるいはもともと現地で売る気のない商品、つまり疑義駅弁が生まれるのでしょう。

また、上記の事情とは全く別の仕組みで生まれる疑義駅弁もあります。近年は大規模な駅弁大会が新作商品の市場調査として利用されることがあり、そこに試作品を投入して好評ならば現地で商品化し、そうでなければ販売断念ということをするそうです。後者であれば疑義駅弁となり、しかし二度と販売されなければ誰も気が付かなくなります。

産地偽装問題や食品表示の厳格化など、食品販売に関するウソに対する世間の目が非常に厳しくなってきている中で、疑義駅弁が堂々と販売され商品が増殖さえしている現状は、駅弁業界全体にとって確実にマイナスの影響をもたらすと思いますし、最悪の場合には日本の駅弁文化が消滅する可能性さえ考えられます。

駅弁ファンや鉄道ファンは特に、駅弁は鉄道旅行になくてはならないものだと考えがちですが、欧州その他の諸外国、あるいは山陰や四国や埼玉県などの事例を見ていると、そんなことはありません。駅弁への信頼の確保、あるいは駅弁文化の存続を願うのであれば、悪質な業者や行動の淘汰や業界の健全化を望むとともに、消費者も百貨店やスーパーなり駅弁屋あるいは行政機関や相談窓口などに、苦情を入れたり情報を発信することが必要かもしれません。

5.その後の疑義駅弁に関する動き※2007年5月更新

2005年7月25日に当ページを開設して以降、個人的に疑義駅弁問題の改善につながるのではないかという動きが少し出てきましたので、ここに記します。

(1)日本鉄道構内営業中央会で製造委託が話題になった※2006年9月追加

日本鉄道構内営業中央会で、駅弁マークの使用について製造委託に関する議論があり、2005年秋に届出書提出のルールや『「駅弁マーク」使用規則』の改正を実施したそうです。改正内容や規則の全文は分かりませんが、この事柄は当時、「駅弁屋のホームページ(http://www.ekiben.or.jp/)」内「事業報告」(リンク切れ)に掲載されました。「現地以外の場所で販売する駅弁そのものに疑いのまなざしを向け現地で調整(ママ)していない駅弁の存在を敵視する声」がこの動機であるとしています。

(2)輸送駅弁販売催事でチラシに調製地を書いた事例が出た※2006年9月追加

2005〜2006年の駅弁大会シーズンにおいて年明け頃から、一部の中小スーパーの駅弁催事チラシで、森駅弁「いかめし」の写真に「この商品は群馬県内で製造しています」旨の注記が付くようになりました。

(3)駅弁大会専用駅弁を催事期間中には駅でも売るようになった※2007年5月追加

2006〜2007年の駅弁大会シーズンにおいて、新作として催事場で実演販売を実施した駅弁のいくつかが、その催事期間中だけ駅でも販売されていたことを確認しています。スーパーなどに輸送販売される駅弁の一部にも、そういうものがあるようです。

(4)雑誌が疑義駅弁問題を取り上げた※2007年5月追加

2007年5月発売の月刊誌「日経トレンディ」6月号が、「ブームの裏にあるもの 駅弁ビジネス過熱中!」のタイトルで、疑義駅弁問題を取り上げた模様です。

6.疑義駅弁は減少に転じたか※2008年10月追加

2007〜2008年の駅弁大会シーズンでは、疑義駅弁あるいはその疑いがある駅弁を見掛ける機会が、一部特定のスーパーとデパートを除き少なくなったような印象があります。

過去に当ページや当館で疑義駅弁と紹介した駅弁のうち、摩周駅弁や一部の稚内駅弁は現地での販売が開始され、大牟田駅弁は現地でも消滅し、貞光駅弁は試験販売という位置付けながら2011年まで現地での販売が続けられ、それが雑誌などでも徳島県唯一の公式駅弁と紹介されました。

また、過去にはあたかも現地の駅で販売されているような宣伝を行っていた、デパートでの駅弁大会で売られる実演販売専用弁当あるいはその駅弁大会のために用意された弁当について、その旨をチラシやブースに明示することも始まっています。JRの駅弁大会で売られる当該駅弁大会専用弁当についても同様に、駅名と商品名ではなく特別版である旨を掲示や掛紙にうたうようになりました。スーパーで販売される輸送駅弁についても、駅弁ではなく駅弁屋の味を再現したと表現する、過去に見なかったタイプの弁当類が登場しました。

上記「2」のとおり、疑義駅弁が完全に消滅したわけではないと思います。しかし、産地偽装や農薬残留など消費者を欺いたり脅かす問題がいっこうに収まらない食品業界の中で、駅弁業者やその団体あるいは駅弁催事業者は、より信頼できる商売を目指すようになってきたのでしょうか。

7.現地で調製していない輸送駅弁について※2008年10月追加

デパートやスーパーで売られる駅弁は、実演販売商品を除きすべて、現地で調製されてトラックや飛行機などで輸送されてきているような印象を持たれていると思います。また、催事場ではほぼ例外なく、そういう案内で駅弁が売られています。しかし一部の少なからぬ駅弁、もしかすると中小規模の催事で売られるものは、ほぼ全量が、現地で調製し販売される駅弁と異なり、「製造委託」により調製されていると思われます。

製造委託そのものは、下請法その他の法律で定義され認められる商取引です。テーマパーク内で売られるチョコレートやクッキーなどで、テーマパークの名前で販売される商品がその一例です。一部の空弁や大都市私鉄の駅弁にも実例が存在し、通常は掛紙などに記載された調製元の会社名の末尾にアルファベットが付いていることで区別できます。

製造委託による輸送駅弁が疑義駅弁と言えるかどうかは悩ましいところです。当館では開館時にはそういう事実に気付かず、2006年から疑義駅弁の定義に加え、2008年から外しています。必要な食品表示を偽ったり、スーパーや販売員が「現地で作って航空便で持ってきた」と宣伝すれば問題になりますが、例えば弁当の輸送に適さない遠隔地からの出品要請や、中小企業や家内工業で輸送や実演に対応できない場合、駅弁屋が実物の駅弁ではなくレシピで応える手法も考えられると思います。

昔ながらの駅弁は、駅前の駅弁屋が作り、駅で売られる弁当です。しかしそんな商売に固執する調製元は、駅弁業者の言葉を借りると「みんなつぶれ」ました。現存する駅弁屋の多くは、仕出し部門やホテル業その他の本業を持ち、しかし創業や発展の礎は駅弁業であることから、駅での駅弁販売も続けているという会社か、鉄道会社やその子会社か、駅売店に弁当を卸す市中の食品会社です。

駅弁催事は基本的に秋冬限定のイベントであり、これだけで喰っていける商売ではないと思いますが、駅弁の知名度と収益を確保してその存続を助ける機会であることは、確かだと思います。県庁所在地の新幹線駅でも駅弁屋が倒産や清算の憂き目に遭う時代、ウソのない範囲で大都市の催事場が活用されてもよいのではと思い、館長の考えを少々修整したいと思います。