banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東海 豊橋(とよはし)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Toyohashi Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線ひかり号で約1時間半。豊橋市は愛知県の南東部で三河湾と遠州灘に面する人口約37万人の城下町で、野菜や果樹などの農産や、ちくわやゼリーなどの食品産業がさかん。駅弁は明治時代からの駅弁屋が、コンコースの各地で昔ながらの駅弁を販売。1888(明治21)年9月1日開業、愛知県豊橋市花田町西宿。

ヒレカツ弁当(980円)2015年9月5日に豊橋駅在来線改札内コンコース台売りで購入
Fillet Cutlet Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

1986(昭和61)年の発売。スーパーの惣菜弁当の容器に白御飯を詰め、ヒレカツの小塊を2個置き、フライドポテト、しそ団子串、かまぼこ、玉子焼、わさび漬、春雨サラダ、大根漬を添える。掛紙を外せばスーパーの特売弁当という印象も、食べればカツは常温の作り置きなのにサクサクで、御飯もたっぷり盛られて、実用的に満足感を持つ。掛紙の絵柄も含めて、昭和の雰囲気。掛紙の文明開化は、中身も含めて豊橋とのつながりはない模様。

販売駅
東海道本線 豊橋(とよはし)駅 1888(明治21)年9月1日開業 愛知県豊橋市花田町西宿
調製元
合資会社 壷屋弁当部 愛知県豊橋市白河町11番地 0532(31)1131 http://tsuboya-toyohashi.com/

うなぎ飯(1,240円)2008年3月20日に豊橋駅在来線改札内コンコース駅弁売店で購入
Unagimeshi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

豊橋駅伝統の駅弁。小ぶりで深めな経木枠の長方形容器を使用。中身は白御飯を敷いてタレを少々塗り、しっかりタレに漬けた鰻の蒲焼きを2切れ載せるもの。それ以外には何もない、シンプルな駅弁。香り高く溶ける食感の鰻をたっぷり使い、タレや御飯にも手抜かりがない仕上がり。2002年に京王百貨店駅弁大会で買った時は900円、今回購入時点では1,050円、2012年10月から1,200円、2014年4月の消費税率改定により1,240円。

豊橋を擁する愛知県は、浜名湖を擁する静岡県よりウナギの生産量が多く、1983年から1997年までは全国一を誇った。駅弁のウナギ弁当は一般に、皮ばかり厚い小さなウナギを載せる高くて不味い弁当との印象が広がっているから、この駅弁が上質でなく標準と言えるように、一部他所のウナギ駅弁の品質向上を願いたい。

※2015年10月補訂:値上げを追記
※2013年5月補訂:値上げを追記
※2008年6月補訂:写真の更新と解説文の一部改訂
※2007年3月補訂:価格改定を追記
販売駅
東海道本線 豊橋(とよはし)駅 1888(明治21)年9月1日開業 愛知県豊橋市花田町西宿
調製元
合資会社 壷屋弁当部 愛知県豊橋市白河町11番地 0532(31)1131 http://tsuboya-toyohashi.com/

花まつり弁当(980円)2003年12月20日に豊橋駅新幹線乗換通路駅弁売店で購入
Hanamatsuri Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身

愛知県奥三河地方の東栄町、豊根村、津具村の神事芸能「花まつり」を題材にした駅弁。鬼面と舞人を描く長方形のボール紙容器に黒いトレーを入れる。中身は山菜おこわにシメジの天ぷらやワカサギ南蛮煮など。中身のコンセプトが不明なうえにおかずの見た目も食感もくすみがちで、やや残念な印象の駅弁。中身の渋さを補うウンチクは欲しい。価格は購入当時で900円、2015年時点で980円。

鎌倉時代に伝わったとされる花祭は、毎年秋から冬にかけて夜を徹して舞うことで悪霊祓除や五穀豊穣を願うもので、1976(昭和51)年には国の重要無形民俗文化財に指定されているが、観光的にはほぼ無名な存在だと思う。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 豊橋(とよはし)駅 1888(明治21)年9月1日開業 愛知県豊橋市花田町西宿
調製元
合資会社 壷屋弁当部 愛知県豊橋市白河町11番地 0532(31)1131 http://tsuboya-toyohashi.com/

手筒花火(1,130円)2002年11月10日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入
Tezutsu Hanabi

掛紙 外観 外観 中身

1987(昭和62)年11月に「新幹線グルメ」キャンペーンで登場した駅弁。経木を巻いた二段重ねの円筒形容器を使用、下段は円筒形の巻き寿司が打ち上げ花火の断面状に配置され、上段は海老天に焼き魚に煮物に、そして豊橋名物チクワも入っている。良好な味に加え特徴的な構成は、駅弁の名品と断言して過言ではない。手筒花火の由来を記したしおり付き。価格は発売時で900円、購入当時で1,000円、2015年時点で1,130円。

1950年に誕生した日本初の「民衆駅」である豊橋駅舎は1970年に建て替えられ、さらに1996年には真新しい橋上駅舎に生まれ変わった。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 豊橋(とよはし)駅 1888(明治21)年9月1日開業 愛知県豊橋市花田町西宿
調製元
合資会社 壷屋弁当部 愛知県豊橋市白河町11番地 0532(31)1131 http://tsuboya-toyohashi.com/

【終売】常滑焼うなぎめし(1,350円)2003年1月21日に京王百貨店駅弁大会で購入
Tokonameyaki Unagimeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2001(平成13)年の登場。愛知県常滑焼の美しい容器を使用し、中身は御飯の上に地元三河の養殖鰻の蒲焼きだけを載せ、タレをかけるウナギ弁当。量は少なく、価格の多くは容器代に費やされているようだが、確かに容器に手抜かりはなく、茶碗として十分実用に耐えるばかりでなく観賞用にも向く。

福井の業者が「日本窯元めぐり」として加賀温泉・名古屋・豊橋・草津・岡山・和田山の各駅の駅弁業者に声を掛け、同じ大きさの容器と同じ値段で6種の駅弁をプロデュース、駅弁大会に売り込んだのだろう。現地で入手できるかは不明。食べたロットは豊橋駅「うなぎめし」より鰻が固くタレが少ない気がしたが、両者の中身は全く同じのはず。

販売駅
東海道本線 豊橋(とよはし)駅 1888(明治21)年9月1日開業 愛知県豊橋市花田町西宿
調製元
合資会社 壷屋弁当部 愛知県豊橋市白河町11番地 0532(31)1131 http://tsuboya-toyohashi.com/

【掛紙】御鮨(20銭)1929年4月27日調製
Osushi

掛紙

1929(昭和4)年4月17日の調製と思われる、昔の豊橋駅弁の掛紙。上の駅弁でイラストとして描かれた豊橋が、こちらではモノクロ写真で掲載される。また、その上部の略地図により当時の航路や市街の範囲が分かる。

販売駅
東海道本線 豊橋(とよはし)駅 1888(明治21)年9月1日開業 愛知県豊橋市花田町西宿
調製元
つぼや辨當部 所在地の記載なし 143番