banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東海 豊橋(とよはし)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Toyohashi Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線ひかり号で約1時間半。豊橋市は愛知県の南東部で三河湾と遠州灘に面する人口約37万人の城下町で、野菜や果樹などの農産や、ちくわやゼリーなどの食品産業がさかん。駅弁は明治時代からの駅弁屋が、コンコースの各地で昔ながらの駅弁を販売。1888(明治21)年9月1日開業、愛知県豊橋市花田町西宿。

中華風幕の内(980円)2008年3月20日に豊橋駅在来線改札内コンコース駅弁売店で購入
Chukafu Makunouchi

掛紙 外観 外観 中身 中身

昭和の頃からありそうな雰囲気のある駅弁。正八角形の経木枠容器に木目柄のボール紙でふたをして、龍と中国・北京の天安門を思わせる絵柄を載せる古風な掛紙をかけて、ひもで十字にしばる。中身は白御飯にエビチリ、牛肉炒め、オムレツ、鳥肉団子、ビーフン、ザーサイなど。

内容は確かに中華風だが、崎陽軒と横浜中華街のお膝元でそういう料理をよく食べている目では、見た目も風味も厳しい評価になる。逆に豊橋でこういう駅弁を出して、どんな客層が付いてるのだろうかと気になる。少なくとも腹は満ちるし、個性もある。価格は購入当時で950円、2014年4月の消費税率改定により980円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 豊橋(とよはし)駅 1888(明治21)年9月1日開業 愛知県豊橋市花田町西宿
調製元
合資会社 壷屋弁当部 愛知県豊橋市白河町11番地 0532(31)1131 http://tsuboya-toyohashi.com/

幕の内おべんとう(780円)2007年8月12日に豊橋駅新幹線乗換通路駅弁売店で購入
Makunouchi Obento

掛紙 外観 外観 中身 中身

豊橋駅の幕の内弁当。駅弁の名前と価格は異なるが、中身は下記「幕の内弁当」と同一なので、値上げを伴う改訂か。相変わらず本当に特徴がない内容。一応品質は良さげで、ミニちくわが微妙に豊橋を主張している。価格は購入当時で750円、2015年時点で780円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 豊橋(とよはし)駅 1888(明治21)年9月1日開業 愛知県豊橋市花田町西宿
調製元
合資会社 壷屋弁当部 愛知県豊橋市白河町11番地 0532(31)1131 http://tsuboya-toyohashi.com/

三河路花の味めぐり(880円)2005年8月6日に豊橋駅新幹線コンコース駅弁売店で購入
Mikawaji Hana no Ajimeguri

掛紙 外観 外観 中身 中身

名前は可憐だが、つまり豊橋駅の並等幕の内駅弁。花の写真を載せた専用の長方形ボール紙容器を、セロテープで封をして割箸も無造作にセロテープで貼る。中身は日の丸御飯に焼鮭と蒲鉾と玉子焼、エビフライと魚フライ、煮物と付け合わせ。

食いっぱぐれ防止の車中食として機能的だが、旅の食事としては見ても食べても寂しい感じ。旅の思い出にするには別の駅弁を選びたいが、豊橋駅の駅弁売店で幕の内と助六以外の駅弁が置いてある光景をほとんど見ていないような。

販売駅
東海道本線 豊橋(とよはし)駅 1888(明治21)年9月1日開業 愛知県豊橋市花田町西宿
調製元
合資会社 壷屋弁当部 愛知県豊橋市白河町11番地 0532(31)1131 http://tsuboya-toyohashi.com/

毎月0の付く日は駅弁の日(880円)2003年7月26日に豊橋駅新幹線乗換通路駅弁売店で購入
Maitsuki 0 no Tsukuhi wa Ekiben no Hi

掛紙 外観 中身 中身

1990年代に日本鉄道構内営業中央会静岡支部加盟の駅弁業者6社が共同でプロデュースした、毎月10,20,30日に販売される幕の内駅弁。ただし、現存するのは豊橋駅のみ。掛紙は全社共通だが、中身はおそらく各社独自のもので、豊橋駅のものはおかずに鰻蒲焼と竹輪を入れて豊橋をアピールしている。他は青ジソと胡麻を少量かけた白御飯に煮物や焼魚やかき揚げなど。強度のない発泡材容器に透明の立体蓋をして掛紙をかけてビニールひもでしばる。価格は購入当時で820円、2015年時点で880円。

なお、これはなぜか販売日でないはずの7月26日に売られていたもの。現在の豊橋駅では0の付く日にこだわらず販売している感じ。掛紙記載の6駅弁業者のうち、清水駅の(資)やすい軒は駅弁販売から既に撤退しているが、他の5社は安泰か。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 豊橋(とよはし)駅 1888(明治21)年9月1日開業 愛知県豊橋市花田町西宿
調製元
合資会社 壷屋弁当部 愛知県豊橋市白河町11番地 0532(31)1131 http://tsuboya-toyohashi.com/

幕の内弁当(710円)2003年7月21日に豊橋駅新幹線乗換通路駅弁売店で購入
Makunouchi Bento

掛紙 外観 中身 中身

豊橋駅の幕の内弁当。小さい梅干しの日の丸御飯に焼魚・蒲鉾・玉子焼その他という、変哲のない幕の内駅弁。外観はまともだが中身は透明トレー内の空き地の多さで見栄えを落としているため、具の小ささや味気なさを感じてしまった。稲荷寿しや手筒花火等の他の駅弁を選択したほうが良い。

販売駅
東海道本線 豊橋(とよはし)駅 1888(明治21)年9月1日開業 愛知県豊橋市花田町西宿
調製元
合資会社 壷屋弁当部 愛知県豊橋市白河町11番地 0532(31)1131 http://tsuboya-toyohashi.com/

【掛紙】御辨當(20銭)調製年月日不詳
Obento

掛紙

戦前の調製と思われる、昔の豊橋駅弁の掛紙。豊橋の地名は豊川に架かる東海道の橋の名に由来するそうで、その橋の当時の姿が描かれているようだ。

販売駅
東海道本線 豊橋(とよはし)駅 1888(明治21)年9月1日開業 愛知県豊橋市花田町西宿
調製元
壷屋弁当部 所在地の記載なし 3307番

【掛紙】三河路(820円)2001年1月1日に豊橋駅で購入
Mikawaji

掛紙

2001(平成13)年1月1日16時の調製と思われる、昔の豊橋駅弁の紙蓋。豊橋の鬼まつり、といってもピンと来ないが、国の重要無形文化財であり毎年2月に約6万人の観客を集める一大イベント。となると、紙蓋の絵柄をもっと工夫して興味を引くようにしたいもの。

販売駅
東海道本線 豊橋(とよはし)駅 1888(明治21)年9月1日開業 愛知県豊橋市花田町西宿
調製元
合資会社 壷屋弁当部 愛知県豊橋市白河町11番地 0532(31)1131