banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


中部の駅弁愛知県 > 豊橋駅 > いなりずしの駅弁 (3種類・3枚収蔵)

←前は[静岡県の速弁] | 次は[豊橋駅幕の内の駅弁]→

JR東海 東海道本線・飯田線 豊橋(とよはし)駅 2015年9月5日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東京駅から新幹線ひかり号で約1時間半。豊橋市は愛知県の南東部で三河湾と遠州灘に面する人口約37万人の城下町で、野菜や果樹などの農産や、ちくわやゼリーなどの食品産業がさかん。駅弁は明治時代からの駅弁屋が、コンコースの各地で昔ながらの駅弁を販売。1888(明治21)年9月1日開業、愛知県豊橋市花田町西宿。

稲荷寿し(520円) 2003年1月3日に豊橋駅新幹線乗換通路駅弁売店で購入

掛紙 外観 中身

 日本一美味いと評価されることの多い、豊橋駅の稲荷寿司駅弁。木目を印刷した発泡材容器と青いビニール紐を使用するものの、掛紙はとても古風なデザインで伝統をアピール。中身は見た目は何の変哲もないいなりずしが7個入るだけ。口の中に放り込めばきっと違いが分かるはず。約20分間熱湯で油抜きをした油揚げを、醤油と砂糖のタレで約40分間煮て、酢飯を詰めて作られる。価格は購入当時は450円、後に480円、2012年10月から500円、2014年4月の消費税率改定により520円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
※2013年5月補訂:値上げを追記

【東海道本線豊橋(とよはし)駅】1888(明治21)年9月1日開業 愛知県豊橋市花田町西宿
【合資会社壷屋弁当部】愛知県豊橋市白河町11番地 TEL:0532(31)1131
 http://tsuboya-toyohashi.com/
催事駅弁 お好み稲荷寿し(700円) 2007年1月28日に阪神百貨店駅弁大会で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 取扱種類数では日本一の駅弁催事である、阪神百貨店駅弁大会で見付けた実演販売品。名駅弁「稲荷寿し」の掛紙と同じ柄を描く耐水紙製容器に、おいなりさんが6個。うち2個が通常版、2個がアサリ入り、2個がウナギ入り。

 これを200円引きタイムサービスで販売していたが、残念ながらブース前は閑古鳥。ここの駅弁屋は鰻重にも定評があることを知る人は、催事場に何人いただろうか。爪を隠しすぎている印象だった。

【東海道本線豊橋(とよはし)駅】1888(明治21)年9月1日開業 愛知県豊橋市花田町西宿
【合資会社壷屋弁当部】愛知県豊橋市白河町11番地 TEL:0532(31)1131
 http://tsuboya-toyohashi.com/
三州いなほ寿し(630円) 2006年1月24日に京王百貨店駅弁大会で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 豊橋の駅弁ではない稲荷寿司。ボール紙の箱に収められた経木折に五目稲荷が7個。出来立ての実演販売なので風味は良好、醤油色にどす黒い外観に警戒すると、風味は逆に軽く柔らかく、名物と名乗るだけのことはある。「いなほ寿し」そのものは名物でもなんでもないと思うが、稲荷寿司発祥の地と言われる豊橋稲荷の門前で売られるとなれば、これは名物だ。

【有限会社門前そば山彦】愛知県豊川市門前町1 TEL:0533(85)6729
 http://yamahiko.net/
【掛紙】稲荷寿し(50円) 調製年月日不詳

昔の駅弁掛紙

 1950年代の調製と思われる、昔の豊橋駅弁の掛紙。とはいえそこは伝統の稲荷寿司、現在の掛紙とデザインはほぼ同一。左隅の注意書きは一字一句変わらない。
【掛紙】助六御寿司(100円) 調製年月日不詳

昔の駅弁掛紙

 昭和40年代の調製と思われる、昔の豊橋駅弁の掛紙。助六なのに海老が描かれるのは変な感じだが、仕出し料理ならば違和感がないので、そういうセンスなのだろう。
【掛紙】助六寿司(450円) 2001年1月1日に豊橋駅で購入

昔の駅弁掛紙

 2001(平成13)年1月1日19時の調製と思われる、昔の豊橋駅弁の紙蓋。助六寿司など駅弁にしなくてもコンビニや持ち帰り寿司チェーンで充分、と思う人が多いためか、今や東海道新幹線沿線を除き、駅弁としてはほぼ絶滅してしまった感がある。
←前は[静岡県の速弁] | 次は[豊橋駅幕の内の駅弁]→

2001年6月17日開設 2008年7月27日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.