banner 汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
 旅の友「駅弁」。実際に食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。

佐賀牛すき焼き弁当(1,620円)2012年3月30日に武雄温泉駅の改札外食堂で注文購入
Sagagyu Sukiyaki Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年4月に武雄温泉駅の駅弁として登場。商品名や宣伝文を細かく描いたクリーム色の掛紙で、黒いトレーを接着したふたが透明な長方形の容器を包む。中身は白御飯を佐賀牛のすき焼きで覆い、レンコンきんぴらを添えるもの。

内容としてはごくありふれた牛肉駅弁であるが、そこそこ厚くにゅるにゅるとした牛肉の赤身と脂身の香りと柔らかさに、他の駅弁で思い浮かばない品質の良さが感じられる。同年度のJR九州「第8回九州駅弁グランプリ」で1位を獲得し、九州内での知名度が爆発的に広がった。

JR佐世保線武雄温泉駅付近連続立体交差事業により地べたから上空へ移動した線路の下で、2010年3月に観光案内所と観光売店とカフェの一体施設がオープンした。同時に武雄温泉駅史上初の駅弁がそのカフェで生まれ、今も「武雄温泉駅弁当」の文字と写真が外壁面に残るが、この商品は長続きしなかったらしい。しかし2012年2月24日の受賞日から、この牛丼駅弁を買い求める客がちらほら訪れるようになった。有田駅に続き、21世紀の佐賀県内にまた新たな名物駅弁が生まれた。価格は発売当時や購入時で1,260円、2014年4月の消費税率改定により1,300円、2018年時点で1,620円。

※2019年8月補訂:値上げを追記
※2015年8月補訂:値上げを追記
販売駅
佐世保線 武雄温泉(たけおおんせん)駅 1895(明治28)年5月5日開業 佐賀県武雄市武雄町大字富岡
調製元
カイロ堂 佐賀県武雄市武雄町富岡8249−4 0954(22)2767 http://kairodo.com/

佐賀牛弁当(佐賀牛すき焼き弁当)(1,620円)2021年1月7日に京王百貨店駅弁大会で購入
Sagagyu Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

武雄温泉駅の駅弁「佐賀牛すき焼き弁当」を、京王百貨店駅弁大会で購入したもの。掛紙がすべての実演販売商品で共通の「佐賀牛弁当」となっている。白飯を牛すき焼きで覆い、レンコンきんぴらと漬物と酢の物を添える内容は、上記の現地版と同じ。催事場でも常温の牛肉駅弁として圧倒的なうまさを持っていたが、今回はなぜか、牛すき焼き肉の味が平凡であり、赤身の柔らかさも脂の豊かさも香りの良さも感じられなかった。これもまさかのコロナ禍か。

販売駅
佐世保線 武雄温泉(たけおおんせん)駅 1895(明治28)年5月5日開業 佐賀県武雄市武雄町大字富岡
調製元
カイロ堂 佐賀県武雄市武雄町富岡8249−4 0954(22)2767 http://kairodo.com/

佐賀牛極上カルビ焼肉弁当(1,944円)2014年1月17日に京王百貨店駅弁大会で購入
Sagagyu Gokujo Galbi Yakiniku Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年度のJR九州の駅弁キャンペーン「九州駅弁グランプリ(第9回)」へのエントリーに向け、同年10月までに発売。翌2013年度の同キャンペーンにもエントリーされ、そこで優勝した。武雄温泉駅の他の駅弁とは違い、牛肉の写真を美しく載せた黒い掛紙を使う。容器は共通で、中身も牛肉以外は同じ。駅弁の名前のとおり、白御飯を佐賀牛の極上カルビとスライス肉の焼肉で覆う。上で何度も書いているが、常温にしても駅弁として美味すぎる焼肉弁当。価格は2014年の購入時で1,575円、2017年時点で1,620円、2019年時点で1,944円。

※2019年8月補訂:値上げを追記
販売駅
佐世保線 武雄温泉(たけおおんせん)駅 1895(明治28)年5月5日開業 佐賀県武雄市武雄町大字富岡
調製元
カイロ堂 佐賀県武雄市武雄町富岡8249−4 0954(22)2767 http://kairodo.com/

佐賀牛弁当(佐賀牛サーロインステーキ&焼肉弁当)(2,484円)2014年1月17日に京王百貨店駅弁大会で購入
Sagagyu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年1月の京王百貨店駅弁大会で実演販売。掛紙には「佐賀牛弁当」とあるが、百貨店での商品名は「佐賀牛サーロインステーキ&焼肉弁当」であった。武雄温泉駅弁躍進の立役者である「佐賀牛すき焼き弁当」と、同じようなパッケージ。中身は百貨店での商品名のとおり、佐賀牛のサーロインステーキと焼肉で御飯を覆うもの。タレも赤身も脂身も香るすき焼き肉も、噛むとキュッと音が鳴りそうな霜降りの柔らかいステーキ肉も、この大会で食べた牛肉弁当では群を抜くうまさ。

現地では「佐賀牛ステーキ&焼肉弁当」の名で注文販売される模様。価格は2014年の購入時で2,100円、2017年時点で2,160円、2020年時点で2,300円+税=2,484円。

※2021年2月補訂:終売を取り消し値上げを追記
※2019年8月補訂:終売を追記
販売駅
佐世保線 武雄温泉(たけおおんせん)駅 1895(明治28)年5月5日開業 佐賀県武雄市武雄町大字富岡
調製元
カイロ堂 佐賀県武雄市武雄町富岡8249−4 0954(22)2767 http://kairodo.com/

【終売】佐賀牛焼肉弁当(1,260円)2012年3月30日に武雄温泉駅の改札外食堂で注文購入
Sagagyu Yakiniku Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年4月に武雄温泉駅の駅弁として上記の駅弁「佐賀牛すき焼き弁当」とともに発売か。掛紙のデザインも、容器も、中身の印象も、使われる牛肉も、価格も「佐賀牛すき焼き弁当」と同じ。あちらの牛肉はすき焼きの味付けで煮て、こちらの牛肉は焼き肉の味付けで焼いたものだろう。受賞の有無で知名度に大差は付いたが、うまさや品質には何の差もない。現在は価格が上がっていると思う。2014年までの販売か。

駅前にはまだ事業用地と杭1本があるだけだが、武雄温泉駅は九州新幹線長崎ルート改め西九州ルートの起点として整備事業が始まっている。空港や高速道路と違い新幹線は、無駄な事業だと糾弾するマスコミ報道の合間を縫って少しずつ事業化されるから、まずは2008年3月に武雄温泉〜諫早間で始まり、続いて2012年6月に諫早〜長崎間で始まった。既存の新幹線とつながる新鳥栖〜佐賀〜武雄温泉の整備の見通しはまだ立たず、とりあえず佐世保線の肥前山口から武雄温泉までを複線化するという。

※2020年5月補訂:終売を追記
販売駅
佐世保線 武雄温泉(たけおおんせん)駅 1895(明治28)年5月5日開業 佐賀県武雄市武雄町大字富岡
調製元
カイロ堂 佐賀県武雄市武雄町富岡8249−4 0954(22)2767

【終売】佐賀牛弁当(佐賀牛三昧ステーキ&すき焼き弁当)(1,860円)2015年1月17日に京王百貨店駅弁大会で購入
Sagagyu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年1月の京王百貨店駅弁大会で実演販売。掛紙には「佐賀牛弁当」とあるが、百貨店での商品名は「佐賀牛三昧ステーキ&すき焼き弁当」であった。武雄温泉駅弁躍進の立役者である「佐賀牛すき焼き弁当」と、同じようなパッケージ。中身は百貨店での商品名のとおり、佐賀牛のステーキとすき焼きで御飯を覆うもの。今回も催事場で客の大行列を作っていた。ステーキは常温でとろける味。すき焼きはタレの味が濃くなり、普通のレベルに落ちた気がしたが、それでも牛肉駅弁で最上の味。佐賀牛が他のブランド牛に対して格段に美味というわけではないのに、A5ランクの牛肉駅弁は他にも時々出ているのに、弁当にするとなぜこうも違うのか、不思議なものだ。この京王百貨店駅弁大会以外で売られたかどうかは分からない。

販売駅
佐世保線 武雄温泉(たけおおんせん)駅 1895(明治28)年5月5日開業 佐賀県武雄市武雄町大字富岡
調製元
カイロ堂 佐賀県武雄市武雄町富岡8249−4 0954(22)2767

【終売】佐賀牛弁当(佐賀牛サーロインステーキ&赤身ローストビーフ弁当)(1,998円)2016年1月18日に京王百貨店駅弁大会で購入
Sagagyu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年1月の京王百貨店駅弁大会で実演販売。掛紙には「佐賀牛弁当」とあるが、百貨店での商品名は「佐賀牛サーロインステーキ&赤身ローストビーフ弁当」であった。武雄温泉駅弁躍進の立役者である「佐賀牛すき焼き弁当」と、同じようなパッケージ。中身は百貨店での商品名のとおり、佐賀牛のサーロインステーキと赤身ローストビーフで御飯を覆うもの。引き続き、常温の高級牛肉駅弁として極上の風味を備えると感じる。価格は2016年の購入時で1,980円、翌2017年の同じ場所では1,998円で販売。京王百貨店駅弁大会以外で売られたかどうかは分からない。

販売駅
佐世保線 武雄温泉(たけおおんせん)駅 1895(明治28)年5月5日開業 佐賀県武雄市武雄町大字富岡
調製元
カイロ堂 佐賀県武雄市武雄町富岡8249−4 0954(22)2767

【終売】佐賀牛弁当(佐賀牛ロースステーキ&カルビ弁当)(1,998円)2017年1月16日に京王百貨店駅弁大会で購入
Sagagyu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2017(平成29)年1月の京王百貨店駅弁大会で実演販売。掛紙には「佐賀牛弁当」とあるが、百貨店での商品名は「佐賀牛ロースステーキ&カルビ弁当」であった。武雄温泉駅弁躍進の立役者である「佐賀牛すき焼き弁当」と、同じようなパッケージ。中身は百貨店での商品名のとおり、佐賀牛のロースステーキとカルビで御飯を覆うもの。東京のデパートの催事場で、行列が絶えない人気。ただ今回は、あるいはこの日は、かどうか、ロースステーキもカルビも固めで、今までのうまさがなかった感じ。半年間ほどは他の催事で売られた模様。

※2019年8月補訂:終売を追記
販売駅
佐世保線 武雄温泉(たけおおんせん)駅 1895(明治28)年5月5日開業 佐賀県武雄市武雄町大字富岡
調製元
カイロ堂 佐賀県武雄市武雄町富岡8249−4 0954(22)2767

【終売】佐賀牛弁当(佐賀牛霜降りと赤身のステーキ弁当)(1,998円)2018年1月11日に京王百貨店駅弁大会で購入
Sagagyu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2018(平成30)年1月の京王百貨店駅弁大会で実演販売。掛紙には「佐賀牛弁当」とあるが、百貨店での商品名は「佐賀牛霜降りと赤身のステーキ弁当」であった。武雄温泉駅弁躍進の立役者である「佐賀牛すき焼き弁当」と、同じようなパッケージ。中身は百貨店での商品名のとおり、佐賀牛の霜降りステーキと赤身ステーキで御飯を覆うもの。

見た目も食べた感じも、味付けが淡く噛み切りにくいローストビーフという印象。まったく個人的な意見だが、通常版のすき焼きのほうがはるかに美味で、今回のこの催事場で三大百貨店対決その他で多量に出ていた他の牛肉駅弁に勝てる気がしなかった。この京王百貨店駅弁大会以外で売られたかどうかは分からない。

販売駅
佐世保線 武雄温泉(たけおおんせん)駅 1895(明治28)年5月5日開業 佐賀県武雄市武雄町大字富岡
調製元
カイロ堂 佐賀県武雄市武雄町富岡8249−4 0954(22)2767

【終売】佐賀牛弁当(佐賀牛ロースステーキ三昧弁当)(1,998円)2019年1月16日に京王百貨店駅弁大会で購入
Sagagyu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2019(平成31)年1月の京王百貨店駅弁大会での実演販売。掛紙には「佐賀牛弁当」とあるが、百貨店での商品名は「佐賀牛ロースステーキ三昧弁当」であった。武雄温泉駅弁躍進の立役者である「佐賀牛すき焼き弁当」と、同じようなパッケージ。中身は百貨店での商品名のとおり、佐賀牛をロースステーキ、ローストビーフ、バラ肉の煮込みの3種類で分担し御飯を覆うもの。

常温の薄切りステーキも添付のタレも、常温で極上の味。そんな感想を述べるとなぜか駅弁ファンから批判を受けるのだが、この催事場では個人的に最も美味い牛肉弁当だと思うのも毎年同じ。この京王百貨店駅弁大会以外で売られたかどうかは分からない。

販売駅
佐世保線 武雄温泉(たけおおんせん)駅 1895(明治28)年5月5日開業 佐賀県武雄市武雄町大字富岡
調製元
カイロ堂 佐賀県武雄市武雄町富岡8249−4 0954(22)2767

【終売】佐賀牛弁当(佐賀牛ロースステーキ三昧弁当)(1,998円)2020年1月10日に京王百貨店駅弁大会で購入
Sagagyu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2020(令和2)年1月の京王百貨店駅弁大会での実演販売。掛紙には「佐賀牛弁当」とあるが、百貨店での商品名は「佐賀牛ザブトンステーキ・ローストビーフ・ロースすき焼き弁当」であった。武雄温泉駅弁躍進の立役者である「佐賀牛すき焼き弁当」と、同じようなパッケージ。中身は百貨店での商品名のとおり、佐賀牛をザブトンステーキ、ローストビーフ、ロースすき焼きの3種類で分担し御飯を覆うもの。

相変わらず、常温で美味すぎる牛肉弁当。今回は催事場で「ザブトンはどこだ」などの声が聞かれ、会場内実演の駅弁では最も行列が長く見えて、好評だった模様。この年の阪神百貨店駅弁大会や鶴屋百貨店駅弁大会でも実演販売された。それ以外の場所で売られたかどうかは分からない。

販売駅
佐世保線 武雄温泉(たけおおんせん)駅 1895(明治28)年5月5日開業 佐賀県武雄市武雄町大字富岡
調製元
カイロ堂 佐賀県武雄市武雄町富岡8249−4 0954(22)2767

【終売】佐賀牛弁当(佐賀牛肉ちらし弁当)(2,916円)2021年1月7日に京王百貨店駅弁大会で購入
Sagagyu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身

2021(令和3)年1月の京王百貨店駅弁大会での実演販売。掛紙には「佐賀牛弁当」とあるが、百貨店での商品名は「佐賀牛肉ちらし」または「佐賀牛肉ちらし弁当」であった。仕切りのない容器に、酢飯を詰めて錦糸卵で覆い、サイコロ状の牛肉、タレのジェル、イクラ、青菜などを散らし、ガリを添える。この佐賀牛の上質な肉質による香りが、酢飯とガリの酸っぱい臭いで打ち消されてしまった感じ。内容は興味深いので、他の駅で千円程度で模倣されれば面白そう。この年の阪神百貨店駅弁大会でも実演販売された。それ以外の場所で売られたかどうかは分からない。

販売駅
佐世保線 武雄温泉(たけおおんせん)駅 1895(明治28)年5月5日開業 佐賀県武雄市武雄町大字富岡
調製元
カイロ堂 佐賀県武雄市武雄町富岡8249−4 0954(22)2767

【終売】佐賀牛弁当(佐賀牛サーロインとランプステーキ&すき焼き弁当)(1,998円)2021年1月7日に京王百貨店駅弁大会で購入
Sagagyu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2021(令和3)年1月の京王百貨店駅弁大会での実演販売。掛紙には「佐賀牛弁当」とあるが、百貨店での商品名は「佐賀牛サーロインとランプステーキ&すき焼き弁当」であった。佐賀牛すき焼き弁当と同じ容器と、この実演販売で共通の掛紙を使う。中身は白飯を牛ステーキと牛すき焼きで覆い、酢の物とタレを添えるもの。ステーキはさすがの常温でとろける霜降り牛。一方で牛すき焼き肉の味が平凡だったのは意外。この年の阪神百貨店や鶴屋百貨店の駅弁大会でも実演販売された。それ以外の場所で売られたかどうかは分からない。

販売駅
佐世保線 武雄温泉(たけおおんせん)駅 1895(明治28)年5月5日開業 佐賀県武雄市武雄町大字富岡
調製元
カイロ堂 佐賀県武雄市武雄町富岡8249−4 0954(22)2767