banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 姫路(ひめじ)駅2015年10月17日訪問Googleマップ
JR-West Himeji Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で3時間強。姫路市は兵庫県の南西部で瀬戸内海に面する人口約53万人の城下町で、製鉄や液晶などの臨海工業で栄え、国宝で世界遺産の姫路城が観光客を集める。駅弁は明治時代からの駅弁屋「まねき食品」が、アナゴや姫路城などの駅弁を販売。1888(明治21)年12月23日開業、兵庫県姫路市駅前町御殿前。

まねきのえきそば(261円)2013年1月27日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Maneki no Ekisoba

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

1949(昭和24)年10月に姫路駅のホーム上で誕生した、姫路の名物である「えきそば」が即席麺になった。透明なプラ容器に150グラムの麺、粉末スープ、天ぷら、ねぎ、七味唐辛子が入る。まずは麺を湯通しし、次に粉末スープを沸騰させ汁をつくり、最後に鉢の中に入れた麺と天ぷらと薬味の上から汁をかける。これであの味と香りが家庭で再現できる。この1人前の他に、2人前(540円)や乾麺タイプの箱入り3人前(1,080円)というパッケージもある模様。

姫路では「えきそば」は、駅の立ち食いそば全般を指すのではなく、ここのこれの固有名詞である。この存在がどれだけすごいか、21世紀に国庫補助の公共事業で高架化された駅のホームに、給排水設備を設けてまで、しかも山陽本線の上りホームと下りホームの2箇所も、立ち食いそば屋が設けられたことが示す。和風だし汁のラーメンという奇抜な組合せはきっと、一度目は駄目でも二度目からはくせになるはず。

販売駅
山陽本線 姫路(ひめじ)駅 1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
調製元
まねき食品 株式会社 兵庫県姫路市北条953番地 079(224)0255 http://www.maneki-co.com/
疑義駅弁

秋のおもてなし弁当(1,080円)2016年9月18日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Aki no Omotenashi Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

調製元と商品名から、姫路駅の秋駅弁と推測。しかし公式にも非公式にも、東京駅とスーパーの駅弁催事にしか情報がなく、姫路で売らない疑義駅弁の可能性がある。白御飯を錦糸卵で覆い、焼き鮭、鮭フレーク、クリ、シメジ、イクラ、サツマイモ、マツタケなどを散らし、鶏照焼ときんぴらを添え、クリとイモとキノコを描いたふたをかける。悪いところはないが、構造も見た目も味も内容も、まるで日本レストランエンタプライズ(NRE)の東京駅弁。ここに姫路も関西も西日本も何もなく、東京駅で売っても姫路やその駅弁を思い起こすことはないだろう。「おかめ弁当」でも持ってこればいいのにと思う。

販売駅
山陽本線 姫路(ひめじ)駅 1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
調製元
まねき食品 株式会社 兵庫県姫路市北条953番地 079(224)0255 http://www.maneki-co.com/

FRESH SANDWICH(420円)2015年10月17日に姫路駅新幹線下りホーム駅弁売店で購入
Fresh Sandwich

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

朝の姫路駅の駅弁売店で買えた箱サンド。コンビニやエキナカでない駅弁売店でサンドイッチが売られることは少なくなったため、これは珍しいぞと思い買ってみたら、関東と関西でありふれた神戸屋の商品であった。中身はタマゴ、ハムときゅうり、ハムカツ、ポテトが各2切れで、箱サンドとしてはかなりの具だくさん。

販売駅
山陽本線 姫路(ひめじ)駅 1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
調製元
株式会社 神戸屋 大阪府大阪市東淀川区豊新2−16−14 0120-470-184 http://www.kobeya.co.jp/

SNOOPY LUNCH(1,010円)2012年8月11日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Snoopy Lunch

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年9月に姫路駅で主に土日曜日に販売される駅弁として登場したらしいが、東京駅の駅弁売店では8月から毎日販売されている。駅弁の名前は日本でもキャラクター商品や企業の販売促進アイテムなどでよく知られるアメリカ漫画「ピーナッツ」の主人公の飼い犬「スヌーピー」から公式に採用したもので、赤く丸いプラ製容器のふたにはその姿が、ボール紙のパッケージにはその仲間と含めて描かれる。

中身はタラコ、のりたま、鮭と若菜のふりかけをかけた俵飯が各1個と、エビフライ、鶏唐揚、肉団子、ポテトサラダ、スパゲティ、ミニゼリーといった、まるで運動会のお弁当のようなお子様ランチ。まともな味を持つ容器収集向け駅弁。価格は購入時点で980円、2014年4月の消費税率改定により1,010円。

※2014年6月補訂:値上げを追記
販売駅
山陽本線 姫路(ひめじ)駅 1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
調製元
まねき食品 株式会社 兵庫県姫路市北条953番地 079(224)0255 http://www.maneki-co.com/

栗おこわ弁当(850円)2003年3月22日に姫路駅播但線ホーム駅弁売店で購入
Kuri Okowa Bento

掛紙 外観 中身

小さな正方形の発泡材容器に、桃色の和風な掛紙をかけ、事務用の輪ゴムでしばる。中身は半分が赤飯の栗おこわ、四分の一が肉団子に人参などの煮物、四分の一が焼魚や玉子焼にカニ蒲鉾とマカロニサラダ。最後の2品が全体の雰囲気を壊している気がしてならず、小粒な具や少量の割に並みの値段が付き、割り箸が短いので食べるのに苦労するが、それ以外に欠点はなく、赤飯は旨かった。価格は購入当時で750円、2014年時点で810円、2016年時点で850円。

※2016年10月補訂:値上げを追記
※2014年6月補訂:値上げを追記
販売駅
山陽本線 姫路(ひめじ)駅 1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
調製元
まねき食品 株式会社 兵庫県姫路市北条953番地 079(224)0255 http://www.maneki-co.com/
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

おかめ弁当(900円)2001年12月30日に姫路駅新幹線高架内駅弁売店で購入
Okame Bento

掛紙 外観 外観 中身

1974(昭和49)年頃の登場か。発泡材でできた独特の形状の六角形容器を使用、中身は一面にだし御飯が敷かれた上に、牛肉に鳥そぼろに錦糸卵やゆで卵スライス、山菜に銀杏にしめじ、海老にアサリにタコという具合に多種の食材が載る。駅弁名は多種多様のおかずを載せて「おかめ八目」から名付けたという。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。価格は購入当時で870円、2014年4月の消費税率改定により900円。見た目は当時と変わっている模様。

姫路といえば姫路城。国宝である上に世界遺産にも指定され、多くの観光客を集める名城は、駅舎の約1.5km先に駅と向かい合うように天守閣が立つ。城の前には広大な三の丸広場があり見栄えも良い。夕暮れ時に駆け足で訪問すると惜しくも閉館直後で中に入れなかった。

※2014年6月補訂:値上げを追記
販売駅
山陽本線 姫路(ひめじ)駅 1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
調製元
まねき食品 株式会社 兵庫県姫路市北条953番地 079(224)0255 http://www.maneki-co.com/

【掛紙】おかめ弁当(870円)2004年7月25日に姫路駅新幹線高架内駅弁売店で購入
Okame Bento

掛紙

2004(平成16)年7月25日の調製である、姫路駅弁の掛紙。上記駅弁の2004年版。紙蓋に「駅弁の達人」シールが貼られた以外は、容器も中身も価格も変わらない。飯の上に互いに関連のない具材を散らすだけなのに、見た目も味も乱雑なところがない、不思議な駅弁。

販売駅
山陽本線 姫路(ひめじ)駅 1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
調製元
まねき食品 株式会社 兵庫県姫路市北条953 079(224)0255

【終売】オラ悟空!!BENTO(1,150円)2016年1月9日に京王百貨店駅弁大会で購入
Ora Goku!! Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年1月の京王百貨店駅弁大会でデビューか。世界中で人気の漫画作品でテレビアニメ「ドラゴンボール」の駅弁で、悟空とはその主人公である孫悟空のことで、「オラ悟空」はテレビの次回予告時の冒頭句。パッケージには駅弁の発売時点での最新作である、2015(平成27)年7月放送開始の「ドラゴンボール超(スーパー)」のロゴマークと、その前作である「ドラゴンボール改」での姿をした主人公が描かれる。

中身はキャラクター駅弁なので、4つの星を記した丸いオレンジ色のプラ製容器にカレーピラフを詰め、ハンバーグ、コロッケ、スパゲティ、焼売、煮玉子、フライドポテトなどを載せたお子様ランチ。容器は大切な四星球、ハンバーグは一星球、コロッケも星型で、超人戦闘漫画になる前の週刊少年漫画雑誌での連載漫画「ドラゴンボール」の世界観を持っているように感じた。現地でも販売されたのかもしれないが、このシーズンのデパートやスーパーの駅弁大会で大いに売り、ゴールデンウィークの頃までに売り終えた模様。

販売駅
山陽本線 姫路(ひめじ)駅 1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
調製元
まねき食品 株式会社 兵庫県姫路市北条953番地 079(224)0255 http://www.maneki-co.com/

【終売】忠臣蔵陣太鼓牡蠣御飯弁当(1,250円)2015年1月8日に京王百貨店駅弁大会で購入
Chushingura Jindaiko Kaki Gohan Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年11月13日に、冬季限定の駅弁として発売。厚紙を重ねた円形の容器に、カキのだしで炊いた御飯を詰め、刻み海苔と錦糸卵を敷き、播磨灘産カキの蒸し焼き4個、きんぴらごぼう、小松菜漬、ワカメ、赤穂塩使用の大根漬け、播磨灘産のイカナゴくぎ煮を散らす。カキ飯とカキ焼でカキ駅弁を名乗るが、実はカキ以外の様々な具が良い味を出している丼もの。この時に話題では上であった、姫路城や竹田城の駅弁より、味は間違いなく上。この冬季のみの販売であった模様。

※2016年10月補訂:終売を追記
販売駅
山陽本線 姫路(ひめじ)駅 1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
調製元
まねき食品 株式会社 兵庫県姫路市北条953番地 079(224)0255 http://www.maneki-co.com/

【終売】Aloha☆SNOOPYLOCOMOCO(1,080円)2013年12月28日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Aloha Snoopy Locomoco (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年の夏頃の発売か。商品名は「スヌーピーロコモコ」とも。キャラクターが描かれたピンク色のプラ製カップに、御飯を詰めてデミグラスソースをかけて、やはりキャラクターを印刷したハンバーグ、丸い目玉焼きというかオムレツ、ソーセージ、ハート形のニンジンを載せる。

つまり商品名どおりの、ハワイ名物ロコモコ丼のようなもの。この内容では、寒い冬に冷蔵された状態で食べてよいものではない。味で選ばれる駅弁ではなくても、何らかの方法で加熱したいもの。価格は購入当時で1,050円、2014年4月の消費税率改定により1,080円。1年間ほどの販売であった模様。

※2016年10月補訂:終売を追記
販売駅
山陽本線 姫路(ひめじ)駅 1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
調製元
まねき食品 株式会社 兵庫県姫路市北条953番地 079(224)0255 http://www.maneki-co.com/

【終売】姫路おでん風弁当(880円)2012年1月12日に京王百貨店駅弁大会で購入
Himeji Oden-fu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年1月の京王百貨店駅弁大会で実演販売にてデビューか、この大会での限定販売か。円形の白い紙カップに透明なふたをして、日本地図と商品名を印刷したオレンジ色の掛紙を載せる。中身はカップに白御飯と柴漬けが詰まり、ふたと一体になった透明なトレーに、ダイコン、もちきんちゃく、海老焼売、シイタケ、昆布巻、鶏つくね、こんにゃく、うずら卵などのおでんが入るもの。

駅弁向けにあんかけにしたというおでんの汁は、姫路おでんの特徴とされる生姜の風味はどこへやら、まるで塩辛で、単独で飯や酒のお供になりそうなくらいだった。駅弁大会史上初のおでん駅弁という週刊誌の考察があるようだが、2010年1月に同じ調製元が阪神で売った上記「トライスバーガー弁当」もそうなのでは。あれはやはり催事専用の疑義駅弁だったということか。

販売駅
山陽本線 姫路(ひめじ)駅 1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
調製元
まねき食品 株式会社 兵庫県姫路市北条953番地 079(224)0255 http://www.maneki-co.com/

【終売】トライスバーガー弁当(750円)2010年1月23日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Torice Burger Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

流通科学大学観光・生活文化事業学科の頭師ゼミナールと駅弁屋が共同で開発し、2010(平成22)年1月18日に登場した駅弁。しかし実態としては、2010年1月の阪神百貨店駅弁大会で販売するために、その会期中を含めた1月18日から26日までの予定で現地でも販売を行った、疑義駅弁に限りなく近い商品ではないかと思う。

白いボール紙の箱を、表面にトラや商品開発経緯や商品名などを、裏面に姫路おでんマップを印刷した掛紙で巻き、ゴムで留める。プラ製トレーに収まる中身は、イカ墨ライスにネギ天と生姜天とレンコン煮を挟んだライスバーガーと、サフランライスに牛すじコロッケやタマネギを挟んだライスバーガーがひとつずつと、煮玉子、ブロッコリー、こんにゃく。

2006年から地域ブランドとして売り込み中の姫路おでん。姫路城大天守保存修理事業に伴い2010年4月から2014年度まで続く見込みの見学中止により観光客の減少が懸念される姫路で、これを新たな観光資源にしようというコンセプトで、この弁当は開発されたそうな。商品名にはトラとトライとライスバーガーを合わせたという。

確かに中身はおでんで、奇抜だけれども味はまとも。こんな面白い商品を疑義駅弁に留めておくのは惜しいし、駅で売り続ければ年に何度かはテレビに出て名前を売れると思うのだが、販売期間は2月14日までしか延伸されなかった。表面上の登場経緯からは考えられないこの取り扱いは、百貨店の意向でもあったのだろうか。

販売駅
山陽本線 姫路(ひめじ)駅 1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
調製元
まねき食品 株式会社 兵庫県姫路市北条953番地 079(224)0255 http://www.maneki-co.com/
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

【終売】一国一城(1,050円)2004年8月28日に姫路駅新幹線高架内駅弁売店で購入
Ikkoku Ichijo (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身

東海道・山陽新幹線ダイヤ改正による姫路駅のぞみ号停車を記念して、2003(平成15)年10月1日に登場。姫路城を模した陶製容器を使用、中身は炊込御飯に焼穴子、タケノコ、蓮根、エビ、アサリなど。

石垣で末広がりな陶製容器は、その隅の米粒をほじくるのに苦労するが、その特徴的な容器と味の良さで姫路駅一の名物駅弁に成長しており、売り切れが早く午後にふらりと来ても買えないことが多い。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。2006年時点で駅では売られなくなったという情報がある。

※2007年4月補訂:現地販売状況を追記
※2004年10月補訂:写真の更新と解説文の一部変更
販売駅
山陽本線 姫路(ひめじ)駅 1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
調製元
まねき食品 株式会社 兵庫県姫路市北条953番地 079(224)0255 http://www.maneki-co.com/

【終売】剣聖武蔵弁当(900円)2003年8月30日に姫路駅駅舎内駅弁売店で購入
Kensei Musashi Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

NHK大河ドラマ「武蔵MUSASHI」の放映を記念して、2002(平成14)年11月30日に登場。2001年登場の「21世紀出陣弁当」から各地の駅弁で使われ始めた竹籠容器を使用、さらに笹の葉を敷いて雰囲気を出して、中身は白飯黒胡麻の三角おにぎりがふたつと、月見玉子に焼き鳥に煮物の数々、そしてメザシを二本刺して武蔵の二刀流を表現。価格の割に中身が少ないような気はするが、雰囲気が良く売れそうな駅弁。現在は売られていない模様。

※2013年5月補訂:終売を追記
販売駅
山陽本線 姫路(ひめじ)駅 1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
調製元
まねき食品 株式会社 兵庫県姫路市北条953番地 079(224)0255 http://www.maneki-co.com/

【掛紙】御壽し(20銭)1931年8月8日調製
Osushi

掛紙

1931(昭和6)年8月8日2時の調製と思われる、昔の姫路駅弁のとても小さな掛紙。姫路城天守閣の右側に「お城は見物出来ます」という注記を入れているのは興味深い。

販売駅
山陽本線 姫路(ひめじ)駅 1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
調製元
まねき 所在地の記載なし 連絡先の記載なし

【掛紙】御壽し(100円)調製年月日不詳
Osushi

掛紙

昭和30年代頃の調製と思われる、昔の姫路駅弁の掛紙。価格と三桁の電話番号から年代を特定できるかもしれない。やはり姫路駅弁は昔も今も姫路城。

販売駅
山陽本線 姫路(ひめじ)駅 1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
調製元
まねき食品 株式会社 所在地の記載なし 255