banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 相生(あいおい)駅2004年8月12日訪問Googleマップ
JR-West Aioi Station

駅名標 駅舎 駅構内

新大阪から新幹線で約1時間、または新快速で約1時間半の、山陽新幹線と山陽本線の接続駅で赤穂線を分ける駅。相生市は兵庫県南西部に位置する人口約3万の造船業の街だが、産業構造の変化で経済停滞や人口流出に悩む。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が2007年11月に倒産し、現在は売られていない模様。1890(明治23)年7月10日開業、兵庫県相生市本郷町。

【終売】瀬戸内の味ままかり寿司(800円)2004年1月19日に京王百貨店駅弁大会で購入
Setouchi no Aji Mamakari Zushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

古風な形と大きさの経木枠容器を、大きな掛紙で包み紙ひもでしばる。中身はつややかなママカリのにぎり寿司が6個、そのひとつひとつにレモンのかけらを載せて入り、その皮混じりの切干大根等が添えられる。岡山駅の同種駅弁と比較して、その駅や街の大きさが格段に小さい分だけ知名度で分が悪いが、品質は全く劣らない。

なお、この駅弁は2007年11月の調製元の破産により終売となった模様。

※2007年12月補訂:終売を追記
販売駅
山陽本線 相生(あいおい)駅 1890(明治23)年7月10日開業 兵庫県相生市本郷町
赤穂線 播州赤穂(ばんしゅうあこう)駅 1951(昭和26)年12月12日開業 兵庫県赤穂市加里屋
調製元
有限会社 えのき 兵庫県相生市本郷町1−7 0791(23)2736

【終売】かきめし(900円)2002年1月19日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kakimeshi (end of sales)

掛紙 外観 中身

駅弁らしい経木枠の長方形容器を使用、カキの煮汁で炊いたと思われる味付け御飯の上に錦糸卵や海苔に紅生姜が敷かれ、煮ガキと焼ガキとカキフライで合計6個のカキが載る。それを駅弁らしく掛紙をかけて紙ひもでしばる。瀬戸内のカキ駅弁で最も著名な広島駅「しゃもじかきめし」より150円ほど安い分、150円分くらい安い味がするがそんな比較はナンセンス、美味しく仕上がった駅弁だ。11〜3月の冬季限定発売。

なお、この駅弁は2007年11月の調製元の破産により終売となった模様。

※2007年12月補訂:終売を追記
販売駅
山陽本線 相生(あいおい)駅 1890(明治23)年7月10日開業 兵庫県相生市本郷町
赤穂線 播州赤穂(ばんしゅうあこう)駅 1951(昭和26)年12月12日開業 兵庫県赤穂市加里屋
調製元
有限会社 えのき 兵庫県相生市本郷町1−7 0791(23)2736

【終売】播州室津あなごめし(950円)2005年7月31日に相生駅改札外食堂で購入
Banshu Murotsu Anagomeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

相生駅と播州赤穂駅の穴子駅弁の廉価版。長方形の経木枠容器に木目調の紙蓋をかけて、割箸を置いて掛紙ですっぽり包んで、紙ひもでしばる。中身は見た目に、ちょっと穴子が少ない感じの穴子蒲焼重。しかし、タレがしっかり染みた焦茶色の御飯、手作り感たっぷりの錦糸卵、タレもおこげも色鮮やかな穴子、その三点の色彩や風味の調和には、見るべきものがある。

室津は相生駅南南東約6kmの瀬戸内海に面する小漁港。奈良時代あるいは神武天皇の頃から歴史が始まる天然の良港で、江戸時代には西国大名の参勤交代における陸海交通の中継点として繁栄し、明治以後は鉄道や道路に見放されて衰退した。今は残存ないし再現された古い街並みや6つもの本陣跡などが、伝統や伝説と共に残る。バス便は山陽電鉄網干駅から。

なお、この駅弁は2007年11月の調製元の破産により終売となった模様。

※2007年12月補訂:終売を追記
販売駅
山陽本線 相生(あいおい)駅 1890(明治23)年7月10日開業 兵庫県相生市本郷町
赤穂線 播州赤穂(ばんしゅうあこう)駅 1951(昭和26)年12月12日開業 兵庫県赤穂市加里屋
調製元
有限会社 えのき 兵庫県相生市本郷町1−7 0791(23)2736

【終売】美味うなぎめし(1,050円)2005年10月16日に「駅弁図鑑」宅配サービスで購入
Bimi Unagimeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

経木枠の長方形容器に木目調の紙ぶたをかけて、うなぎと何ら関係のなさそうなデザインの掛紙で包み、紙ひもでしばる。中身は駅弁名そのままの、うなぎめし。鰻の品質は並だったが、蒲焼と御飯に浸みるタレの風味は、掛紙での文句どおり美味だと思った。

なお、この駅弁は2007年11月の調製元の破産により終売となった模様。

※2007年12月補訂:終売を追記
販売駅
山陽本線 相生(あいおい)駅 1890(明治23)年7月10日開業 兵庫県相生市本郷町
赤穂線 播州赤穂(ばんしゅうあこう)駅 1951(昭和26)年12月12日開業 兵庫県赤穂市加里屋
調製元
有限会社 えのき 兵庫県相生市本郷町1−7 0791(23)2736

【終売】深山榊の松茸べんとう(1,050円)2005年10月16日に「駅弁図鑑」宅配サービスで購入
Miyama Sakaki no Matsutake Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

経木枠の正方形容器に木目調の紙ぶたをかけて、松茸を漢字とイラストで描いた掛紙で包み、紙ひもでしばる。中身は松花堂風に四分割され、それぞれに松茸御飯、松茸ちらし、玉子焼・蒲鉾・焼魚・煮物など、フルーツ四種と和菓子のデザート。

この価格で松茸三昧は無理な注文だが、松花堂にした成果か、全体的な見栄えや風味は、他駅の同価格帯な松茸駅弁より優れている感じ。10〜11月ないし9〜12月限定発売と案内される。

なお、この駅弁は2007年11月の調製元の破産により終売となった模様。

※2007年12月補訂:終売を追記
販売駅
山陽本線 相生(あいおい)駅 1890(明治23)年7月10日開業 兵庫県相生市本郷町
赤穂線 播州赤穂(ばんしゅうあこう)駅 1951(昭和26)年12月12日開業 兵庫県赤穂市加里屋
調製元
有限会社 えのき 兵庫県相生市本郷町1−7 0791(23)2736
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

【終売】播州室津あなご弁当(1,050円)2004年8月12日に相生駅改札外食堂で購入
Banshu Murotsu Anago Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

内部を十字に仕切った田の字型の正方形経木枠容器を使用、木目のボール紙で蓋をして、広重「山海見立相撲・室津図」風に室津の港を描いた掛紙をかけて紙ひもでしばる。中身は穴子飯、穴子鮨、穴子ちらしと穴子づくしで、デザートとしてフルーツと地元の銘菓を添える。

薄手の穴子はタレと焼きで香ばしく、見栄えも味もコンセプトも良い駅弁。能書きが垂れてあればなお良かった。播州赤穂・相生駅弁ナンバー2の存在。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。

なお、この駅弁は2007年11月の調製元の破産により終売となった模様。

※2007年12月補訂:終売を追記
販売駅
山陽本線 相生(あいおい)駅 1890(明治23)年7月10日開業 兵庫県相生市本郷町
赤穂線 播州赤穂(ばんしゅうあこう)駅 1951(昭和26)年12月12日開業 兵庫県赤穂市加里屋
調製元
有限会社 えのき 兵庫県相生市本郷町1−7 0791(23)2736