banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR九州 折尾(おりお)駅2017年2月5日訪問Googleマップ
JR-Kyushu Orio Station

駅名標 駅舎 駅構内

博多駅から快速電車で約50分。かつて石炭貨物列車が行き交った、鹿児島本線と筑豊本線が交わる全国初の立体交差駅は、現在は鉄道連続立体交差事業・街路事業・土地区画整理事業で変貌中。駅弁は大正時代からの駅弁屋が販売。「かしわめし」と、鹿児島線ホーム上での立売での販売が有名。1891(明治24)年2月28日開業、福岡県北九州市八幡西区堀川町。

かしわめしおりお(1,030円)2006年1月1日に博多駅九州駅弁スタジアムで購入
Kashiwameshi Orio

掛紙 外観 外観 中身 中身

3種類ある折尾駅弁の「かしわめし」のうち、最も高価なもの。ほぼ同じ大きさの正方形ながら750円のものより背の高い経木の容器は、上げ底なのでかしわめしの分量は同等ないし少量かもしれないが、海老に鮭に玉子焼や蒲鉾やウインナー等のおかずと、デザートのみかんが付いてくるので飽きが来ない。もっとも、折尾のかしわめしに飽きが来る人は少ないと思われる。一見して現代風もよく見るとそうではないデザインの掛紙も特大サイズ。2002年6月の購入時は910円、2004年4月1日から945円、2012年2月時点で1,000円、2014年4月の消費税率改訂により1,030円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
※2012年2月補訂:値上げを追記
※2006年2月補訂:写真の更新
※2004年5月補訂:値上げを追記
販売駅
鹿児島本線 折尾(おりお)駅 1891(明治24)年2月28日開業 福岡県北九州市八幡西区堀川町
調製元
株式会社 東筑軒 福岡県北九州市八幡西区堀川町4−1 093(601)2345 http://www.tochikuken.co.jp/

長崎街道大名道中駕籠(1,030円)2005年12月29日に折尾駅駅舎内駅弁売店で予約購入
Nagasaki Kaido Daimyo Dochu Kago

掛紙 外観 外観 中身 中身

小倉と長崎を結んだ長崎街道をコンセプトにした駅弁。駕籠をイメージした黒いボール紙製の容器は二段重ねで、下段は折尾駅名物かしわめし、上段は海老や煮物や肉団子や玉子焼などおかずのエリア。かしわめしの味はもちろん、見栄えもなかなかのもの。掛紙のイラストも楽しい。購入時の価格は945円、2007年10月現在で1,000円、2014年4月の消費税率改訂により1,030円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
※2006年2月補訂:写真の更新
販売駅
鹿児島本線 折尾(おりお)駅 1891(明治24)年2月28日開業 福岡県北九州市八幡西区堀川町
調製元
株式会社 東筑軒 福岡県北九州市八幡西区堀川町4−1 093(601)2345 http://www.tochikuken.co.jp/

驛物語(1,030円)2011年3月19日に小倉駅新幹線改札内売店で購入
Eki Monogatari

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

JR九州「第6回九州の駅弁ランキング」の実施に合わせて、2009(平成21)年10月に登場。平たく四角い木製容器に経木でふたをして、折尾駅舎の写真を載せた掛紙で包む。中身はかしわめし、白御飯と桜漬、鶏唐揚とミートローフと牛肉しぐれ煮、カボチャやシイタケなどの煮物とエビフライで4区画。

上等幕の内駅弁のような価格と容器と内容を持っていたが、おかずの味は並等幕の内駅弁のレベルであり、食材や詰め方の見栄えも含め、900円の雰囲気が出ない。かしわめしがうまい調製元の作品であったり、折尾駅へ何度か訪問しても買えなかった駅弁であり、その分だけ期待を持ちすぎたのかもしれない。価格は発売時や購入当時で900円、後に1,000円、2014年4月の消費税率改訂により1,030円。

掛紙のとおり、この駅弁の主題は折尾駅舎。1891(明治24)年の駅の開業と共に建てられ、1916(大正5)年に増改築されたという木造駅舎は現役で使用されており、21世紀のICカード対応自動改札機や昭和の駅弁売店と共存しているが、2004(平成16)年から18年間で総額830億円を投入する折尾地区総合整備事業により、仮設駅舎の用地が確保でき次第解体される予定だという。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
鹿児島本線 折尾(おりお)駅 1891(明治24)年2月28日開業 福岡県北九州市八幡西区堀川町
調製元
株式会社 東筑軒 福岡県北九州市八幡西区堀川町4−1 093(601)2345 http://www.tochikuken.co.jp/

【終売】折尾名物かしわめし(1,000円)2011年3月19日に小倉駅新幹線改札内売店で購入
Orio Meibutsu Kashiwameshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

九州新幹線全線開業記念駅弁22種のひとつとして、2011年1月1日から8月31日まで販売。平たく四角い木製容器に経木でふたをして、九州新幹線の車両の写真や停車駅に2種のロゴマークを印刷した掛紙で包む。中身はかしわめし、赤飯と白御飯の俵飯、アジフライ、「寿」の焼き印入りの玉子焼、鶏唐揚、プチトマト、イカ黄金焼、カボチャやシイタケなどの煮物など。揚げ物がちょっと小粒かなと思うくらいで、身が詰まり味も締まる、気持ちの良い旅の味。

折尾駅に新幹線が止まることは未来永劫ないと思うし、小倉駅は九州新幹線の駅ではない。しかし一応、1987(昭和62)年に国鉄を分割民営化する際に、山陽新幹線のうち小倉駅と博多駅の間を九州会社に持たせるかどうかという話は出たらしい。当時は整備新幹線の建設凍結中であり、順当に新大阪駅から博多駅までを西日本会社が持つことに。ここに北九州と福岡との間で新幹線、在来線、高速バスの三つ巴の戦いが始まった。

販売駅
鹿児島本線 折尾(おりお)駅 1891(明治24)年2月28日開業 福岡県北九州市八幡西区堀川町
調製元
株式会社 東筑軒 福岡県北九州市八幡西区堀川町4−1 093(601)2345 http://www.tochikuken.co.jp/