banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR九州 折尾(おりお)駅2017年2月5日訪問Googleマップ
JR-Kyushu Orio Station

駅名標 駅舎 駅構内

博多駅から快速電車で約50分。かつて石炭貨物列車が行き交った、鹿児島本線と筑豊本線が交わる全国初の立体交差駅は、現在は鉄道連続立体交差事業・街路事業・土地区画整理事業で変貌中。駅弁は大正時代からの駅弁屋が販売。「かしわめし」と、鹿児島線ホーム上での立売での販売が有名。1891(明治24)年2月28日開業、福岡県北九州市八幡西区堀川町。

鯖棒寿司(930円)2002年3月18日に折尾駅駅舎内駅弁売店で購入
Saba Bozushi

掛紙 外観 外観 外観 中身

1987(昭和62)年の発売。「かしわめし」の折尾駅にもこんな駅弁がある。駅弁名そのままの鯖の棒寿司を、一口サイズに切れ目を入れ、ラップに包んで竹の皮でくるんで、箸とナイフと手拭きを一緒に針金で巻いて掛紙をかけ、ごついひもでしばっている。購入時は820円、2004年4月1日から840円、2007年10月現在で900円、2014年4月の消費税率改訂により930円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
鹿児島本線 折尾(おりお)駅 1891(明治24)年2月28日開業 福岡県北九州市八幡西区堀川町
調製元
株式会社 東筑軒 福岡県北九州市八幡西区堀川町4−1 093(601)2345 http://www.tochikuken.co.jp/

【終売】おべんとう玄海(910円)2004年2月29日に小倉駅新幹線コンコース売店で購入
Obento Genkai (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

折尾駅の幕の内弁当。枠と蓋が経木の長方形容器を大きな掛紙で包み、スズランテープでしばる。中身はご飯が九州型か梅花型の日の丸御飯に紅生姜などの巻物三個、おかずが焼魚(マス)、蒲鉾、玉子焼に帆立や有頭海老、鶏唐揚げとウインナーなど。「かしわめし」のついでに片手間で一応幕の内駅弁を用意している、ということはないと思うが、体裁や内容になんとなく貫禄ある余裕を感じる。2006年頃に終売か。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
鹿児島本線 折尾(おりお)駅 1891(明治24)年2月28日開業 福岡県北九州市八幡西区堀川町
調製元
株式会社 東筑軒 福岡県北九州市八幡西区堀川町4−1 093(601)2345 http://www.tochikuken.co.jp/

【終売】玄界灘海の幸押し寿司(1,000円)2005年12月29日に折尾駅駅舎内駅弁売店で予約購入
Genkainada Uminosachi Oshizushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年の秋に登場した要予約駅弁。大きな長方形の経木枠容器に薄板のふたをして、割箸とおしぼりを添えて駅弁名を書いた掛紙で包み、ビニールひもでしばる。中身は穴子寿司と海老寿司とかっぱ巻、鯖塩焼に有頭海老にイカ天ぷらに蒲鉾や煮物など。

内容も見栄えも雰囲気も購入方法も、特別な日の仕出し弁当という感じで、駅弁のかしわめしのイメージからだいぶ離れるが、紙のチラシや公式サイトを見るとそういう性格が感じ取れる。駅の規模や性格の割に立派な駅弁売店も、そんな役割を持っているのかも。現在は販売されていない模様。

※2013年5月補訂:終売を追記
販売駅
鹿児島本線 折尾(おりお)駅 1891(明治24)年2月28日開業 福岡県北九州市八幡西区堀川町
調製元
株式会社 東筑軒 福岡県北九州市八幡西区堀川町4−1 093(601)2345 http://www.tochikuken.co.jp/

【掛紙】折尾ちらし寿司(300円)1977年頃調製
Orio Chirashizushi

掛紙

入手状況等から1977(昭和52)年の調製と思われる、昔の折尾駅弁の掛紙。ご覧の通り掛紙に駅弁らしいデザインや記述が何もなく、調製元の情報がなければ駅弁の掛紙と認識できないだろう、あるいは街弁用の掛紙であった可能性もあると思う。

販売駅
鹿児島本線 折尾(おりお)駅 1891(明治24)年2月28日開業 福岡県北九州市八幡西区堀川町
調製元
株式会社 東筑軒 福岡県北九州市八幡西区堀川町4番1号 (601)2345