banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

三陸鉄道 久慈(くじ)駅2008年9月13日訪問Googleマップ
Sanriku Railway Kuji Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京から新幹線と路線バス「スワロー号」を乗り継いで約4時間半。JR八戸線と三陸鉄道北リアス線との接続駅。久慈市は岩手県北東部で太平洋に面した人口約3.5万人の港町で、陸中海岸観光の玄関口や琥珀の産地として知られる。駅弁はJR駅になく、三陸鉄道駅の立ちそば屋で4〜10月に「うに弁当」を販売、そのうまさと入手難で駅弁ファンの憧れの的となっている。1930(昭和5)年3月27日開業、岩手県久慈市中央3丁目。

うに弁当(1,470円)2008年9月13日に三陸鉄道久慈駅そば屋で購入
Uni Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

1986(昭和61)年7月26日に、三陸鉄道北リアス線の車内販売弁当として登場。日本有数の「幻の駅弁」であり、全国最強のウニ駅弁。赤い発泡材の正方形容器をラップで包み、木目調のボール紙でふたをして、三陸鉄道の列車やウニなどを描いた青い厚手の掛紙を巻く。中身はウニの混ぜ御飯の上を大量の蒸しウニで覆い尽くし、レモンとタクアンを添えるもの。この駅弁に欠点は何もない。私なりの感想を新たに書き起こす必要もない。一生に一度は食べてみるべし。価格は購入時点で1,260円、2011年から1,360円、2013年8月から1,470円。

月曜を除く4〜10月のみ一日20個限定の販売なので確実な入手が難しいことと、久慈が大量高速交通に恵まれず訪問しにくいことから、駅弁好きが一度は食べたいと憧れる駅弁。以前は三陸鉄道北リアス線の車内販売や宮古駅でも買うことができた。もとは盛岡の仕出屋が転業移転した岩手県普代村の旅館が作っていたが、今は旅館をやめて弁当と観光列車車内販売の専業らしい。

久慈は、2011年3月11日14時46分に発生した東日本大震災の被災地である。震度5弱の地震に加えて高さ7mの津波が襲い、死者3名、負傷者7名、行方不明者2名を出した。約千棟の家屋が被災し、9割の漁船が流失し、久慈が誇る全国唯一の地下水族館「もぐらんぴあ」は全壊した。久慈市における震災による被害額は200億円を超えるという。

しかしこの街の復旧は早かった。翌日には電気が通じ、3月16日の三陸鉄道「復興支援列車」の運行は全国に発信された。3月中には港湾の復旧、避難所の閉鎖、魚市場の再開が実現し、市の広報誌も4月1日に「災害緊急特集号」が発行されている。三陸鉄道の久慈駅に入居する駅うどん・そば屋「リアス亭」も、鉄道の運行に合わせて営業を再開し、4月中には「うに弁当」の販売も始まった。これもまたテレビ番組で紹介され、震災からの復興を発信した。

※2013年9月補訂:値上げを追記
※2012年5月補訂:値上げと震災を追記
※2009年9月補訂:登場年月日の掲載
※2009年3月補訂:写真の掲載と解説文の増強
販売駅
三陸鉄道 久慈(くじ)駅 1930(昭和5)年3月27日開業 岩手県久慈市中央3丁目
調製元
リアス亭(清雅荘弁当部)岩手県久慈市中央3丁目38−2 0194(52)7310

うに弁当(1,470円)2015年1月12日に京王百貨店駅弁大会で購入
Uni Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年1月の京王百貨店駅弁大会で、初めて実演販売された、久慈駅のうに弁当。この後に阪神百貨店駅弁大会でも実演販売された。よくぞ大都会の催事場に来たものだと思う。駅で買った体験と比べ、調製印とラップと、舌と喉に感じた苦味の他は、現地のものが同じ価格で、本当に良く再現されていると思った。両大会でも目玉商品として紹介され、大変な人気を集め、買い物客の長い待ち行列ができた。

販売駅
三陸鉄道 久慈(くじ)駅 1930(昭和5)年3月27日開業 岩手県久慈市中央3丁目
調製元
リアス亭(清雅荘弁当部)岩手県久慈市中央3丁目38−2 0194(52)7310

磯の宝弁当(1,750円)2017年1月12日に京王百貨店駅弁大会で購入
Iso no Takara Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2017(平成27)年1月の京王百貨店駅弁大会と、2月の鶴屋駅弁大会で実演販売された、久慈駅の新作のうに弁当。従前のうに弁当とよく似たパッケージに、ウニの身と汁で炊いた御飯を詰め、ウニとイクラとアワビで覆い、レモンとタクアンを添えるもの。ウニは前年の同じ催事場と同じく貧相で、アワビはとても柔らかく、イクラは普通。しかし、現地では「うに弁当」一日20個を作るのが精一杯のはずが、新作なんて出せるのだろうか。疑義駅弁の懸念を抱いた。一応現地では、数日前までの要予約で販売している模様。

販売駅
三陸鉄道 久慈(くじ)駅 1930(昭和5)年3月27日開業 岩手県久慈市中央3丁目
調製元
清雅荘 弁当部 三陸リアス亭 岩手県久慈市中央3−38−2 0194(52)7310

(いなりずし)(200円)2011年4月10日に三陸鉄道久慈駅そば屋で購入
Inarizushi

外観 中身 中身

上記「うに弁当」が販売されている、駅舎の中のそば屋で買った惣菜で、一個100円のおいなりさんの2個入りパック。柔らかい五目飯でまるまる太り、食べ応えがある。

訪問時の三陸鉄道久慈駅は、東日本大震災による鉄道の被害により、「復興支援列車」と名乗る2駅先の陸中野田駅までの5往復が発着するのみであったが、駅の窓口もそば屋も営業しており、4月中旬からは例年どおり「うに弁当」の販売も始まったという。津波の被災地でもある久慈の再始動は、駅弁ファンにも復興を印象付けた。

販売駅
三陸鉄道 久慈(くじ)駅 1930(昭和5)年3月27日開業 岩手県久慈市中央3丁目
調製元
リアス亭(清雅荘弁当部)岩手県久慈市中央3丁目38−2 0194(52)7310