banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

催事駅弁

【終売】復刻浜頓別駅お弁當(700円)2002年1月12日に京王百貨店駅弁大会で購入
Fukkoku Hamatonbetsu Obento (end of sales)

掛紙 外観 中身

2002(平成14)年1月の京王百貨店新宿店の駅弁大会で2週間だけ復刻販売された弁当。経木枠の長方形容器にふわふわした白御飯が敷かれ、鮭フレークに川海老とワカサギの佃煮、玉子焼や蒲鉾に、最近の弁当には入らなくなった昔懐かしい真っ黄色のスライス沢庵が入る。

天北線は宗谷本線の音威子府と南稚内をオホーツク海沿いに結んだ148.9kmの路線で、現在の宗谷本線より先に稚内に到達した路線であり、1930(昭和5)年まではこちらが宗谷本線であった。浜頓別は1985(昭和60)年6月30日までは興浜北線を分岐し、廃止日まで札幌・稚内間の急行「天北」の停車駅であり、昭和40年代前半までこの駅弁が販売されていたという。

販売駅
天北線 浜頓別(はまとんべつ)駅 1918(大正7)年8月25日開業 1989(平成元)年4月30日限りで廃止 北海道枝幸郡浜頓別町字浜頓別
催事駅弁

ホタテめし(880円)2010年9月18日にそごう横浜店北海道物産展で購入
Hotatemeshi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

これは駅弁ではなく、国道238号線沿いの「道の駅さるふつ公園」で販売される弁当で、デパートの北海道物産展で実演販売されていた商品。プラ製トレーを詰めた正方形の発泡材容器に透明なふたをして、中身の写真や商品名などを印刷した掛紙を巻く。中身は北海道美瑛産の御飯の上にホタテを2個とそのひもを少々置き、錦糸卵やアスパラなどを添えるもの。現地では道の駅さるふつ公園で販売されているのだそうな。調製元所在地の地名には、1989(平成元)年に廃止された天北線の駅名「猿払」「鬼志別」があり、これは懐かしい。

販売駅
道の駅さるふつ公園 1998(平成10)年4月17日開業 北海道宗谷郡猿払村浜鬼志別
調製元
有限会社 夢喰間 北海道宗谷郡猿払町鬼志別西町52番地 01635(2)3433