banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 青森(あおもり)駅2008年9月15日訪問Googleマップ
JR-East Aomori Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線と普通列車を乗り継いで約3時間半、かつて本州各地から北を目指す幹線鉄道が集まり連絡船と接続した鉄道ターミナル。青森市は本州北部で陸奥湾に面した人口約28万人の港町で、青森県の県庁所在地であり北海道方面の交通結節点である。駅弁は国鉄時代からの商号を持つ駅弁屋が健在。1891(明治24)年9月1日開業、青森県青森市柳川1丁目。

【終売】豚弁当(900円)2008年9月15日に青森駅改札外駅舎内駅弁売店で購入
Butabento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2007(平成19)年の夏までに登場か。深めの赤い発泡材容器にかかるボール紙のフタには、商品名と豚と奥入瀬かどこかの清流が印刷される。中身は白御飯の上に十和田ガーリック豚を使用したという大きな豚肉南蛮味噌焼が1枚載り、ニンジンときぬさやで彩り、きんぴらとリンゴ甘煮とさくらんぼを添えるもの。

メインの豚肉は味付けがこってりかつあっさり、柔らかいけれど平ゴム状の脂肪が噛み切れずに残る、優と不可の両方を備えた感じ。これも不思議と収穫報告に乏しいのは、名前が一般的なことと、遠隔地での輸送販売がないからか。2009年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
奥羽本線 青森(あおもり)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県青森市柳川1丁目
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 青森支店 青森県青森市安方1丁目2−13 017(723)1894 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/

【終売】十和田湖産牛肉使用 牛めし(1,050円)2004年10月30日に横浜松坂屋駅弁大会で購入
Towadakosan Gyuniku Shiyo Gyumeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2004(平成16)年の駅弁大会シーズンに向けて投入か。これとかこれとかこれとか、似たような駅弁をいくつも食べたような気がしたのが初対面での印象。中身は御飯の上に、甘めのタレをたっぷりからめた牛肉と牛そぼろを敷くもの。肉そのものの味はブランド牛を名乗るにはちょっと厳しいか。それよりも、原材料名に明記される、十和田牛ではなく「十和田湖牛」というブランドそのものの存在を確かめられていない。そんな接頭辞を変えながら、2016年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
奥羽本線 青森(あおもり)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県青森市柳川1丁目
調製元
株式会社 伯養軒 青森支店 青森県青森市安方一丁目3番26号 0177(23)1894

【掛紙】若鶏弁当(800円)1997年3月19日に青森駅で購入
Wakadori Bento

掛紙

1997(平成9)年3月19日12時の調製と思われる、昔の青森駅弁の紙蓋。JR東日本の観光キャンペーン「東北大陸から」のフレーズを除き、地域色の全くないデザインで、おそらく仙台から青森までの各地で使い回せるようにしたものだろう。少なくとも旅の記念にはならない。

販売駅
東北本線 青森(あおもり)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県青森市柳川1丁目
調製元
株式会社 伯養軒 青森支店 青森県青森市安方一丁目3番26号 0177(23)1894