banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


東北の駅弁青森県 > 青森駅 > 肉の駅弁 (2種類・1枚収蔵)

←前は[青森駅釜めしの駅弁] | 次は[青森駅その他の駅弁]→

JR東日本 青森(あおもり)駅 2008年9月15日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東京駅から新幹線と普通列車を乗り継いで約3時間半、かつて本州各地から北を目指す幹線鉄道が集まり連絡船と接続した鉄道ターミナル。青森市は本州北部で陸奥湾に面した人口約30万人の港町で、青森県の県庁所在地であり北海道方面の交通結節点である。駅弁は国鉄時代からの商号を持つ駅弁屋がホーム上のそば屋で販売するほか、改札外のコンビニにも置かれる。1891(明治24)年9月1日開業、青森県青森市柳川1丁目。

【掛紙】若鶏弁当(800円) 1997年3月19日に青森駅で購入

昔の駅弁掛紙

 1997(平成9)年3月19日12時の調製と思われる、昔の青森駅弁の紙蓋。JR東日本の観光キャンペーン「東北大陸から」のフレーズを除き、地域色の全くないデザインで、おそらく仙台から青森までの各地で使い回せるようにしたものだろう。少なくとも旅の記念にはならない。
豚弁当(900円) 2008年9月15日に青森駅改札外駅舎内駅弁売店で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 2007年の夏までに登場か。深めの赤い発泡材容器にかかるボール紙のフタには、商品名と豚と奥入瀬かどこかの清流が印刷される。中身は白御飯の上に十和田ガーリック豚を使用したという大きな豚肉南蛮味噌焼が1枚載り、ニンジンときぬさやで彩り、きんぴらとリンゴ甘煮とさくらんぼを添えるもの。

 メインの豚肉は味付けがこってりかつあっさり、柔らかいけれど平ゴム状の脂肪が噛み切れずに残る、優と不可の両方を備えた感じ。これも不思議と収穫報告に乏しいのは、名前が一般的なことと、遠隔地での輸送販売がないからか。

【奥羽本線青森(あおもり)駅】1891(明治24)年9月1日開業 青森県青森市柳川1丁目
【株式会社ウェルネス伯養軒青森支店】青森県青森市安方1丁目2−13 TEL:017(723)1894
 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/
十和田湖産牛肉使用 牛めし(1,050円) 2004年10月30日に横浜松坂屋駅弁大会で購入

掛紙 外観 外観 中身

 2004年の駅弁大会シーズンに向けて投入か。これとかこれとかこれとか、似たような駅弁をいくつも食べたような気がしたのが初対面での印象。中身は御飯の上に、甘めのタレをたっぷりからめた牛肉と牛そぼろを敷くもの。肉そのものの味はブランド牛を名乗るにはちょっと厳しいか。それよりも、原材料名に明記される、十和田牛ではなく「十和田湖牛」というブランドそのものの存在を確かめられていない。

※2005年12月補訂:公式サイトの閉鎖に伴いURLを削除。調製元の名称・所在地・連絡先も変更された可能性がある。

【奥羽本線青森(あおもり)駅】1891(明治24)年9月1日開業 青森県青森市柳川1丁目
【株式会社伯養軒青森支店】青森県青森市安方1丁目2−13 TEL:017(723)1894
 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/
←前は[青森駅釜めしの駅弁] | 次は[青森駅その他の駅弁]→

2001年6月17日開設 2011年8月11日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.