banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 一ノ関(いちのせき)駅2014年9月21日訪問Googleマップ
JR-East Ichinoseki Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線やまびこ号で約2時間半、東北新幹線と東北本線や大船渡線との接続駅。一関市(駅名は一ノ関で市名は一関)は岩手県の南端に位置し、北上川沿いの北上盆地を中心街とする人口約12万人の城下町。駅弁は国鉄時代から2社が販売位置を交換しながら競争しており、首都圏へも年間を通して駅弁を輸送している。1890(明治23)年4月16日開業、岩手県一関市深町。

世界文化遺産平泉(1,400円)2011年10月21日に上野駅駅弁売店「駅弁屋 匠」で購入
Sekai Bunka Isan Hiraizumi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年7月頃の発売か。金色の正方形発泡材容器に、平泉の風景写真を印刷した掛紙を巻く。中身はウニと錦糸卵とクリとギンナンで金色の御飯に、アワビ煮、エビや菜の花などの酢の物、ごま寒天、しいたけやがんもどきなどの煮物、鶏もち、大根桜漬など。御飯とその仕切りで金色堂をイメージしたという。黄色というか茶色というか金色が勝る単色のお弁当は、味も見栄えも掛紙も、ふんわりよくできていると思った。価格は発売時や購入当時で1,300円、2016年時点で1,400円。

「平泉−仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群−」は、2011年6月にフランス・パリで開催されたユネスコの第35回世界遺産委員会で世界文化遺産に登録された。白神山地や白川郷の賑わいを見ながら2001年に暫定リスト入りしたものの、同期の紀伊山地や石見銀山には先を越され、2008年には登録基準に満たないとして登録延期を勧告されたほど、国内の世界遺産で最も難産なものとなった。東日本大震災から3か月後のことであるが、登録報道直後から大勢の観光客が押し寄せており、以前の静かな平泉は当分見られないであろう。

※2016年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
有限会社 あべちう 岩手県一関市上大槻街3−3 0191(23)2490

平泉うにごはん(1,000円)2011年5月1日に一ノ関駅改札外駅舎内駅弁売店で購入
Hiraizumi Uni Gohan

掛紙 外観 中身 中身 中身

小柄な正八角形の発泡材容器に透明なふたをして掛紙代わりの紙帯をテープ貼りする。中身はひとめぼれを使用した味付け御飯の上を、イクラと錦糸卵と三陸産のウニで覆い尽くす。全体もウニも量は決して多くないが、その味の良さに定評があるという。この種の駅弁は東北・北海道地方ではすっかりお馴染みの顔となった。2004年1月の購入時は900円、今回の2011年時点で1,000円、2016年時点で1,200円。

※2016年10月補訂:値上げを追記
※2012年3月補訂:写真の更新と価格改定の追記
販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
株式会社 斎藤松月堂 岩手県一関市上大槻街2−37 0191(26)3000 http://www.ekiben.or.jp/saitho/

平泉義経(1,030円)2005年2月5日に川崎さいか屋駅弁大会で購入
Hiraizumi Yoshitsune

掛紙 外観 外観 中身

2005(平成17)年のNHK大河ドラマ「義経」放送に伴い、2004年9月22日に登場。大きな正方形の木目調発泡材容器にお品書きと割り箸を添えて、中尊寺金色堂、正確には金色堂を覆い保護する建物の写真を載せた大きな掛紙をかけて紙ひもでしばる。中身は古代米御飯とくるみごはん、鶏照焼に鮭唐揚、きじ風もちに枝豆揚に煮物や漬物など。

開発に平泉町観光推進実行委員会や農協も絡んだ、地域挙げての新作駅弁で、登場時には地元紙に取り上げられ、購入者の評判も上々な模様。大河ドラマの放送終了後も生き残れそうな商品。価格は発売時や購入当時で1,000円、2014年4月の消費税率改定により1,030円。

※2016年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
有限会社 あべちう 岩手県一関市上大槻街3−3 0191(23)2490

【終売】平泉ふかひれ海鮮弁当(1,100円)2011年1月24日に京王百貨店駅弁大会で購入
Hiraizumi Fukahire Kaisen Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

上記「平泉ふかひれ海鮮弁当」の、2011(平成23)年1月時点での姿。掛紙の絵柄が全く異なるため新作だと思って購入したら、容器や中身や価格は全く変わっていなかった。21世紀生まれの駅弁に似つかわしくない、昭和40年代風なデザインの掛紙であると思う。

販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
株式会社 斎藤松月堂 岩手県一関市上大槻街2−37 0191(26)3000 http://www.ekiben.or.jp/saitho/

【終売】平泉牛カツ弁当(950円)2010年6月18日に上野駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Hiraizumi Gyu Cutlet Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年9月1日に盛岡駅の駅弁として登場した模様。調製元は一ノ関駅の駅弁屋であり、今回の購入箇所は上野駅で、平泉の名が駅弁の名前に入っているため、とりあえずここに収蔵する。長方形の赤い発泡材容器を、商品名を書いた黒い掛紙で巻く。中身は白御飯の上に岩手県産牛肉のカツを載せ、パブリカとわさび菜とソースを添えるもの。

牛カツは今まで臭いか硬いものしか食べたことがなかったが、牛肉を3層にしたというこの牛カツは薄身で無臭とはいえ味とサクッとした食感はいい感じ。しかし平泉との関連性は、何もないのではと思う。翌2010年までの販売か。

※2016年10月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
株式会社 斎藤松月堂 岩手県一関市上大槻街2−37 0191(26)3000 http://www.ekiben.or.jp/saitho/

【終売】平泉ふかひれ海鮮弁当(1,100円)2007年11月24日にお台場オトナPARK駅弁まつりで購入
Hiraizumi Fukahire Kaisen Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

JR東日本発足20周年記念駅弁の一ノ関駅斎藤松月堂版として、2007(平成19)年の夏頃に登場。黒い長方形の発泡材容器を輪ゴムで留め、なんとなくフカヒレ色の掛紙で包み、ひもで十字にしばる。中身は酢飯のイクラ丼とフカヒレ丼、茶飯のウニ丼とホタテ丼、小胡瓜と金時豆など。

同駅他社の20周年駅弁と対極的な薄味。メインのフカヒレが価格相応かどうかは分からないが、これが見て明らかに分かる分量と形状で入る駅弁はまずないので、少なくともイベント受けするだろうし、フカヒレなど滅多に食べない私達に感動を与えてくれる。2011年頃までの販売か。

県境を挟むが地理的にも鉄道路線でも一ノ関とつながりのある気仙沼は、サメの水揚げも日本一で、フカヒレの生産も同様。江戸時代末期から鮫のヒレの繊維フカヒレを中華料理の食材として出荷していたそうで、戦後は日本人も食べるようになり、近年は中国の経済成長でますます高級な食材になっているとされる。

※2016年10月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
株式会社 斎藤松月堂 岩手県一関市上大槻街2−37 0191(26)3000 http://www.ekiben.or.jp/saitho/

平泉私の好きな金色うにめし(1,600円)2010年4月16日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Hiraizumi Watashi no Suki na Konjiki Uni Meshi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

東北本線一ノ関駅の駅弁と思われたり紹介されるであろうからここに収蔵したが、実は埼玉県の大宮駅「駅弁屋旨囲門」でで売るために開発された弁当。調製元は一ノ関駅の公式な駅弁屋だが、主人公は大宮駅のカリスマ店長で、「私の好きなものいっぱい入れて頂きました。(所長 三浦)」とも掛紙に書かれる。ということで販売元はNREとなる。2008(平成20)年の末頃に登場か。

とても小柄で黒い発泡材容器に透明なふたをして、商品名やウニを描いた掛紙を巻く。中身は茶飯の上にしそわかめを敷き、その上をたっぷりの蒸しウニで覆い、飯の間にもウニが挟まるもの。ウニの味にも分量にもしつこさにも価格にも驚かされる、確かに駅弁催事受けしそうなタイプの商品。

大宮駅以外のNRE駅弁売店や百貨店などでの駅弁催事が主戦場だろう。もし現地で売るとなれば、定番の駅弁「平泉うにごはん」の1.5倍もする価格が販売のネックとなるのではないかと思う。価格は発売時や購入当時で1,450円、2016年時点で1,600円。

※2016年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
株式会社 斎藤松月堂 岩手県一関市上大槻街2−37 0191(26)3000 http://www.ekiben.or.jp/saitho/