banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 盛岡(もりおか)駅2017年7月29日訪問Googleマップ
JR-East Morioka Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で2時間十数分。盛岡市は岩手県の中部に位置する人口約29万人の城下町で県庁所在地。盛岡駅は東北新幹線から秋田新幹線が分岐し、東北本線、田沢湖線、山田線、花輪線列車、IGRいわて銀河鉄道線が接続する鉄道の要衝。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋2社が消え、東京資本の駅弁屋2社の支店も消え、今は仙台や青森県のものを売る。1890(明治23)年11月1日開業、岩手県盛岡市盛岡駅前通。

味噌ヒレカツ弁当(600円)2006年3月11日に大宮駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Miso Fillet Cutlet Bento

外観 中身 中身

御飯の上にキャベツの千切りを敷いて、衣がサクッとしたひれかつを3切れ載せて、わさび漬けなどを添える。写真のとおり、駅弁としての紹介に値しない、個性も地域色もない味噌ヒレカツの惣菜弁当。味はこの手の商品としては、かなりうまい。

この弁当が盛岡駅で売られて、駅弁代わりに使われてもおかしくない。しかしこれがわざわざ新幹線で大宮まで運ばれて、盛岡駅弁として販売されると非常に違和感を覚える。地元業者を駆逐して東京資本が制圧した新幹線主要駅の駅弁が今後どうなっていくかを暗示する、趣味的に見たくなかった商品。

この駅弁は調製元の盛岡支店の閉店により、仙台支店へ引き継がれて仙台駅の駅弁となった。2017年時点での価格は700円。

※2017年8月補訂:現況を追記
販売駅
東北本線 盛岡(もりおか)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県盛岡市盛岡駅前通
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 岩手県盛岡市盛岡駅前通り1−48 019(623)4773 http://www.nre.co.jp/

味噌ヒレカツ弁当(600円)2010年3月7日に上野駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Miso Fillet Cutlet Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

上記「味噌ヒレカツ弁当」の、2010年時点での姿。容器と価格と中身と風味は全く変わっていないが、今回は商品名だけしか書かれていないとはいえ掛紙が巻かれており、輸送駅弁として恥ずかしくない体裁にはなったと思う。

販売駅
東北本線 盛岡(もりおか)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県盛岡市盛岡駅前通
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 岩手県盛岡市盛岡駅前通り1−48 019(623)4773 http://www.nre.co.jp/

【終売】とんかつ弁当(900円)2009年11月11日に八戸駅新幹線改札内コンコース駅弁売店で購入
Tonkatsu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年春までに登場か。広くて浅い正方形の発泡材容器を、人物画と商品名とトンカツのイラストを印刷したボール紙でふたをして、割りばしを置いて輪ゴムで留める。中身は白御飯の上にキャベツの千切りを敷いて、大きく平たいロースカツを1枚載せて、りんごシラップ漬、味付茎わかめ、小松菜お浸し、赤かぶ酢漬を添えるもの。

ロースカツには岩手県二戸市の久慈ファームが2003年12月から生産するブランド豚「折爪三元豚(おりづめさんげんとん)「佐助(さすけ)」」を使ったという。名前も中身の構成も平凡かもしれないが、肉たっぷり、キャベツたっぷり、ソースたっぷり、そして付合せも分量でそのレベルを超えてたっぷり添付。現代的にきれいな見栄えと風味を持つ、食べて満腹感と満足感の高い駅弁だと思う。現存しない模様。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 盛岡(もりおか)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県盛岡市盛岡駅前通
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 岩手県盛岡市盛岡駅前通り1−48 019(623)4773 http://www.nre.co.jp/

【終売】佐助弁当ローストンカツ(1,000円)2008年5月8日に盛岡駅東北新幹線下りホーム上キオスクで購入
Sasuke Bento Loin Tonkatsu (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

「新幹線八戸駅・二戸駅開業5周年記念企画」ということは2007(平成19)年12月頃に登場か。フタが透明で薄く平たくプラ製容器を丸ごとラップで包んで食品表示ラベルを貼る、コンビニ弁当そのまんまのパッケージを、商品名や上記事項を記す掛紙で包み隠す。中身は胡麻振り白御飯にロースカツ1切れ、ポテトフライや食用菊などを添えるもの。調製元は一戸と八戸に工場を持つ、弁当も作るパン屋さん。

掛紙を除き、見栄えも構造も容器も包装も風味も内容も、まるっきりスーパーの惣菜弁当。中身の見栄えは上々で、上質豚肉「折爪三元豚・佐助」の使用をうたうが、味は昔ながらの固め臭めなトンカツ弁当だった。

しかし、秋田方面や八戸方面の新幹線が発着するホームで買える弁当は、これ1種のみ。東京方面行のホームや新幹線改札内コンコースには駅弁売店があるのだが、終着駅まで半時間ないし一時間半の列車しか来ないホームでは、駅弁需要がないのだろうか。この駅弁は数年で売り止めたのではないかと思う。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 盛岡(もりおか)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県盛岡市盛岡駅前通
調製元
株式会社 わらべや東北 青森県八戸市城下3丁目1の5 0178(44)7194 http://www.ichinobe-pan.jp/warabeya/