banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 盛岡(もりおか)駅2017年7月29日訪問Googleマップ
JR-East Morioka Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で2時間十数分。盛岡市は岩手県の中部に位置する人口約29万人の城下町で県庁所在地。盛岡駅は東北新幹線から秋田新幹線が分岐し、東北本線、田沢湖線、山田線、花輪線列車、IGRいわて銀河鉄道線が接続する鉄道の要衝。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋2社が消え、東京資本の駅弁屋2社の支店も消え、今は仙台や青森県のものを売る。1890(明治23)年11月1日開業、岩手県盛岡市盛岡駅前通。

【終売】鮭といくらの親子めし(1,000円)2006年4月9日に東京駅駅弁の日記念駅弁大会で購入
Sake to Ikura no Oyako Meshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年の登場か。発泡材の長方形容器に同色同柄のフタをかけ、鮭と海と中身写真を載せた掛紙で包み、紙ひもでしばる。中身は昆布と椎茸の炊込飯の上に、鮭ほぐし身とイクラと大葉を散らし、玉子焼と小ナス醤油漬に加えて氷頭なますを添えるもの。

「鮭といくらの親子めし」など駅弁ではありふれて、美味いけど個性がない商品群。しかしこの駅弁は御飯も具も添え物も個性的で、誰もがそのいずれかで驚いてファンになってくれそうな秀作。平凡な商品名がとても惜しい。関東や東北新幹線の駅弁を制圧したガリバー・NREは趣味的にどうしても評判が悪くなるし、地元業者を駆逐した盛岡ではなおさらだが、こういう商品が生み出せるのならば悪くはない。2014年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 盛岡(もりおか)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県盛岡市盛岡駅前通
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 岩手県盛岡市盛岡駅前通り1−48 019(623)4773 http://www.nre.co.jp/

【終売】穴子いくら弁当(1,000円)2006年6月18日に上野駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Anago Ikura Bento (end of sales)

外観 中身 中身

御飯の上に焼アナゴとイクラを敷いてミツバを添えて、菊の酢の物と里芋などの煮物を添える。穴子丼もイクラ丼も付け合わせの選択も良い感じだが、上で紹介の「味噌ヒレカツ弁当」と同様のパッケージは、どう見ても遠隔地や駅弁大会で買う気が起きるものではない。2012年までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 盛岡(もりおか)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県盛岡市盛岡駅前通
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 岩手県盛岡市盛岡駅前通り1−48 019(623)4773 http://www.nre.co.jp/

【終売】三陸はらこちらし(1,000円)2005年10月1日に宇都宮駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Sanriku Harako Chirashi (end of sales)

掛紙 外観 中身 中身

宇都宮駅「駅弁屋旨囲門」で仙台駅弁として販売されていた盛岡駅弁。円形発泡材枠容器に透明なフタをして、簡易な紙枠にはめる。中身は酢飯の上に錦糸卵を敷き詰め、鮭とイクラと椎茸とキュウリと蒲鉾などを貼り付けるもの。

知名度は薄いが好評も聞かれる駅弁。しかし今回食べた商品は、酸っぱい酢飯と不自然に甘い錦糸卵にパサパサのサーモンと臭い刻み椎茸、全部口に含むと不自然な苦みが口の中に広がって怖かった。

他のNRE駅弁でそんな経験はないし、他の収穫報告にそんな感想はないし、時節柄も駅弁催事が始まるくらいなので、食品表示ラベルに4行分も記される添加物の分量を間違えたのかもしれない。一応完食したが、今のところ大丈夫。輸送用駅弁は調製と消費のタイムラグがより拡大するため、酢飯の酢を強くするなど保存性を増すことがあり、それを考えるとやはり、駅弁は現地で買って食べるのが最上だし無難だとも思う。いつまで売られたかは不詳。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 盛岡(もりおか)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県盛岡市盛岡駅前通
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 岩手県盛岡市盛岡駅前通り1−48 019(623)4773 http://www.nre.co.jp/