banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 盛岡(もりおか)駅2017年7月29日訪問Googleマップ
JR-East Morioka Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で2時間十数分。盛岡市は岩手県の中部に位置する人口約29万人の城下町で県庁所在地。盛岡駅は東北新幹線から秋田新幹線が分岐し、東北本線、田沢湖線、山田線、花輪線列車、IGRいわて銀河鉄道線が接続する鉄道の要衝。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋2社が消え、東京資本の駅弁屋2社の支店も消え、今は仙台や青森県のものを売る。1890(明治23)年11月1日開業、岩手県盛岡市盛岡駅前通。

南部わっぱめし(1,000円)2011年5月1日に一ノ関駅改札外駅舎内駅弁売店で購入
Nanbu Wappameshi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

円形発泡材枠容器に透明なフタをして、駅弁名と中身写真を載せたボール紙の枠にはめる。中身は御飯の上に焼鮭、イクラ、玉子焼、帆立、エビ、笹蒲鉾、煮穴子、栗、椎茸、レンコン、フキ、姫竹その他を載せるもの。下記の販売状況はともかく、中身の味は良かった。

2005年9月は東京駅で、今回は一ノ関駅で購入。一ノ関駅では地元の駅弁屋が2社入るという、国鉄時代の東北地方では当たり前で今はもはや希少な駅であるのに、改札外駅舎内駅弁売店はNREスタイルに改装されてしまい、NRE盛岡の駅弁が置かれるようになってしまった。

この駅弁は調製元の盛岡支店の閉店により、仙台支店へ引き継がれて仙台駅の駅弁となった。2017年時点での価格は1,100円。

※2017年8月補訂:現況を追記
※2012年3月補訂:写真の更新、考察の削除、販売状況の追記


【東北本線盛岡(もりおか)駅】1890(明治23)年11月1日開業 岩手県盛岡市盛岡駅前通
【株式会社日本レストランエンタプライズ】岩手県盛岡市盛岡駅前通り1−48 TEL:019(623)4773
 http://www.nre.co.jp/

海鮮小わっぱ(800円)2005年9月4日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Kaisen Kowappa

掛紙 外観 外観 中身 中身

円形発泡材枠容器に透明なフタをして、駅弁名と中身写真を載せたボール紙の枠にはめる。中身は御飯の上をイクラ・ウニ・カニ・メカブで均等に取り合って、アワビが2切れ添えられる。

「海の幸をたっぷり贅沢に」旨のキャッチフレーズが付くようで、確かに雰囲気的はそうなのだが、実は飯も含めて分量はかなり少なめ。控えめ価格も含めて、新幹線車中食としてうまくできている。また、NREのコンセプト「FRESH&HEALTHY」に基づくのか、海草に着色料を用いないのは、駅弁としては非常に珍しい。

盛岡駅は岩手県内最大の鉄道ターミナル。しかし駅弁に関してはむつ弁の廃業、村井松月堂の倒産、伯養軒の事業譲渡と暗い出来事が続いた結果、魚元の宮古駅弁が入荷する他は、東京都内と同じく事実上NREの独壇場となってしまった。

この駅弁は調製元の盛岡支店の閉店により、なんと新青森駅の駅弁に進出した幸福の寿司本舗へ引き継がれた。2017年時点での価格は980円。

※2017年8月補訂:現況を追記
販売駅
東北本線 盛岡(もりおか)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県盛岡市盛岡駅前通
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 岩手県盛岡市盛岡駅前通り1−48 019(623)4773 http://www.nre.co.jp/

【終売】北の彩(1,000円)2010年12月5日に盛岡駅新幹線改札内コンコース駅弁売店で購入
Kita no Irodori (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

東北新幹線新青森開業記念の駅弁ということは、2010(平成22)年12月4日の登場か。木目柄の正方形の発泡材容器に、中身とその食材と海などの写真を印刷したボール紙でふたをする。中身はウニとアワビの炊込飯に蒸しウニ、アワビ、海藻、カニ型ニンジン、ヤマイモを置き、焼ホタテ、カズノコ、カニと菊花の和え物、タラ煮、ネギやニンジンなどの煮物、焼イカなどを添えるもの。

見栄えはともかく、ほぼ海の中身でおいしくできている。NRE盛岡の調製なのに隣県の青森に染まっているように見えるが、青森県内にNREの支店はなく、八戸や新青森で売られる駅弁も盛岡で作っているため、こういうことになる。岩手県盛岡市から青森県青森市まで、2002年まで3時間程度の距離が、新幹線により1時間以内に縮まった。この駅弁は2016年までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 盛岡(もりおか)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県盛岡市盛岡駅前通
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 岩手県盛岡市盛岡駅前通り1−48 019(623)4773 http://www.nre.co.jp/

【終売】恋し浜帆立照り焼き弁当(900円)2009年10月25日に東京駅東日本縦断駅弁大会で購入
Koishihama Hotate Teriyaki Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年の夏頃の登場か。寿司用丼型の発泡材容器にふたをはめて、水平線と中身の写真を掲載したボール紙の枠にはめる。中身はホタテの炊込飯に岩手県綾里(りょうり)産ホタテの照焼を3個並べ、炒り卵、イクラ、シイタケ、海藻、カニ型ニンジンなどを貼り付けるもの。見栄えでも味でもホタテが輝き、イクラと炒り卵でその輝きをさらに増して、海草を添えて潮の香りも添加した、なかなかの実力派。2014年頃までの販売か。

岩手県大船渡市三陸町の綾里漁業協同組合では、小石浜青年部の主導のもと2003年から小石浜漁港のホタテの産地直送事業「浜直送便『恋し浜』」を開始、その販路を少しずつ拡大していった。2008年には商標登録を実施、2009年7月には三陸鉄道南リアス線小石浜駅の駅名が「恋し浜」に変わり、駅弁も生まれ、鉄道の利用者や趣味者へもその名を広げ始めている。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 盛岡(もりおか)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県盛岡市盛岡駅前通
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 岩手県盛岡市盛岡駅前通り1−48 019(623)4773 http://www.nre.co.jp/

【終売】釜石めのこ飯(900円)2006年11月4日に盛岡駅新幹線コンコース駅弁売店で購入
Kamaishi Menokomeshi

掛紙 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年7月25日の登場。長方形の竹皮編み容器の上に蒼い掛紙をかけて紙ひもでしばる。中身はウニ、ホタテ、昆布の炊込飯の上にいぶりがっこを載せ、棒だら甘露煮とひじき大豆土佐煮に煮物数点を添える。素朴な風味の良さがとにかく素晴らしい。

岩手県釜石地方の郷土料理、というより貧しさゆえに地元でふんだんに採れる昆布などの海産物で白米を増量せざるを得なかった混ぜ御飯「めのこ飯」を、釜石調理師会が再現してレシピを整備、盛岡の駅弁にすると共に岩手県のアンテナショップや物産展でも販売するもの。時代はめぐり粗食は美しくなり、玄米や雑穀と同様にこの駅弁も好評をもって21世紀に迎え入れられている。2011年頃までの販売か。

ただ、釜石は盛岡と同じ岩手県とはいえ、太平洋岸と内陸盆地、鉱業や水産業の街と官庁街や商工業の街という違いがあり、移動には列車で2〜3時間もかかる。ここはひとつ、地元の釜石駅で駅弁にならないものか。昭和50年代頃まで釜石は公式な駅弁販売駅であった。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 盛岡(もりおか)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県盛岡市盛岡駅前通
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 岩手県盛岡市盛岡駅前通り1−48 019(623)4773 http://www.nre.co.jp/

【終売】あぶり〆鯖の田楽寿し(950円)2004年10月11日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Aburi Shimesaba no Dengaku Zushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2004(平成16)年9月1日に登場。化け物空弁「若狭の浜焼き鯖寿司」のブレイク以来、各地に増殖中の焼鯖寿司駅弁の一種。棒寿司を詰めるにはやや幅広な長方形容器に、炎色の掛紙をかけて赤い紙ひもでしばる。中身は棒寿司でなく、酢の薄いニンジン・ゴボウ・コンニャクの混ぜ御飯の上に、胡麻味噌のタレをかけた焼鯖が載るもの。

この種の商品が嫌いでなければ満足できる味。他よりさらに焼鯖定食の味に近付いたと思う。掛紙に「北国駅弁シリーズ」のマークがあるが、そこにどんな商品群があるのかは不詳。2012年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 盛岡(もりおか)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県盛岡市盛岡駅前通
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 岩手県盛岡市盛岡駅前通り1−48 019(623)4773 http://www.nre.co.jp/