banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 仙台(せんだい)駅2010年3月15日訪問Googleマップ
JR-East Sendai Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分、東北新幹線にJR在来線各線と仙台市営地下鉄が接続するターミナル駅。仙台市は宮城県の中央に位置する人口約100万人の城下町で、東北地方の首都として君臨する。駅弁は地元業者と東北一帯を持つ駅弁屋とJR子会社が競争し、駅構内各地の売店で50種以上が売られる全国有数の激戦区である。1887(明治20)年12月15日開業、宮城県仙台市青葉区中央1丁目。

疑義駅弁

【終売】楽天イーグルスビクトリーボール(1,000円)2011年3月6日に東京駅東日本縦断駅弁大会で購入
Rakuten Eagles Victory Ball (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

東北新幹線はやぶさ号デビューを記念して、2011(平成23)年3月5〜6日に東京駅で開催された、第13回東日本縦断駅弁大会で登場か。新神戸駅弁「タイガース勝めし」と同じ、野球のボールをもした白い球形の陶器を使用、これに仙台に本拠地を置くプロ野球団「東北楽天ゴールデンイーグルス」の公式ロゴマークをプリントしたうえで、そのイメージカラーに染めたボール紙の枠にはめる。

中身は白御飯の上にチキンカツ、鶏肉のパン粉焼き、ほうれんそう炒め、刻みニンジン、ゼンマイを載せるもの。これもまた「タイガース勝めし」とよく似ているし、おそらく勝つとカツをかけたのだろう。御飯は白ではなく茶飯や洋食系のほうが、油ものの味が生きると思った。この年のみの販売か。

この商品は仙台駅ではなく、駅弁大会で販売されている模様。パッケージに駅弁マークが付いており、NREの駅弁大会で仙台駅弁と紹介されてしまっているため、ここでは疑義駅弁の記号を付けておく。しかしこれを仙台駅で売れない理由と推測される事実が、パッケージの側面に「クリネックススタジアム宮城にてプロ野球開催時には、こちらの容器・お弁当は球場ルールにより持ち込むことが出来ません。」として記載される。確かにこの球場、以前の名前で呼ぶと県営宮城球場では、プロ野球の試合開催時における弁当類の持ち込みが禁止されている。そうでなくてもこの陶器は、危険物として没収されそうな気もする。

持込禁止の主因は球場内での売店の売上の確保のようで、楽天が認めてシールを貼った弁当は球場内に持ち込めることからもそれがうかがえる。2010年の横浜ベイスターズ身売り騒動で球場所有企業のがめつさが話題となった、うちの近所の横浜スタジアムでもそんなことはしていない。楽天はインターネット上のショッピングモールとして日本一支持されているし、その創業者である会長兼社長にはカリスマ的な人気を集めているが、誰に何と言われようとこれくらいがめついことを平然と行えるからこそ、球団を持てるような財産を7年で蓄えられるのだという一端が、ここにうかがえるような気がした。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】楽勝弁当(1,000円)2005年2月27日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Rakusho Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

プロ野球「東北楽天ゴールデンイーグルズ」の仙台進出にあやかって、2004(平成16)年12月頃の登場。大きな長方形のボール紙製パッケージには、バットとボールとダイヤモンド(内野)のイラストを描く。中身は日の丸御飯にメンチカツと棒カツとエビカツ、その下にたっぷりの千切りキャベツやフェットチーネを敷き、ポテトフライなどを添えるもの。現存しない模様。

プロ野球のペナントシーズン中の2004年6月に突然発表された、近鉄バファローズとオリックスブルーウェーブの合併に始まる騒動で、史上初のストライキ試合中止や8球団1リーグ制構想など、ペナントレースそっちのけの大激論が繰り広げられたものの、結局はネット系新興企業の新規参入とセ・パ交流戦の実現という小変化で落ち着いた。日本プロ野球50年振りの新球団と、ロッテの準本拠地以来28年振りの地元球団に、仙台は沸いている模様。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/