banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 仙台(せんだい)駅2010年3月15日訪問Googleマップ
JR-East Sendai Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分、東北新幹線にJR在来線各線と仙台市営地下鉄が接続するターミナル駅。仙台市は宮城県の中央に位置する人口約100万人の城下町で、東北地方の首都として君臨する。駅弁は地元業者と東北一帯を持つ駅弁屋とJR子会社が競争し、駅構内各地の売店で50種以上が売られる全国有数の激戦区である。1887(明治20)年12月15日開業、宮城県仙台市青葉区中央1丁目。

【終売】元祖栗めし(700円)2013年11月3日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Ganso Kurimeshi (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

仙台駅で数十年の時を刻む、昭和中期からの名物駅弁。ボール紙の箱の中に栗型発泡材容器を入れる。中身は炊き込み御飯の上にクリとシメジを載せ、ニンジンやナスや昆布巻などの煮物を添える。飯の中に栗はなく、飯との一体感はやや小さいが、良い味に低価格なので印象は良い。秋限定ではなく、一年中買えた。近年は売られていない模様。今回2013年時点で東京駅で買えたのは、復刻販売か。

2003年9月現在で、仙台駅弁はこばやし27種類、伯養軒22種類、NRE5種類の合計54種類が存在するという。大都市駅での一定量の需要に各業者間の熾烈な競争で、駅弁の多種類と高品質が維持されている。

※2017年8月補訂:終売を追記
※2015年2月補訂:写真の更新
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【掛紙】元祖栗めし(600円)2003年8月31日に仙台駅駅弁売店で購入
Ganso Kurimeshi

掛紙

2003(平成15)年8月31日の調製である、仙台駅弁のパッケージ。その形状は、10年後のものにつながる、容器を収めるボール紙の枠。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原三丁目2−3 022(293)1661

【掛紙】元祖栗めし(600円) 1988年2月2日調製
Ganso Kurimeshi

掛紙

1988(昭和63)年2月2日の調製と思われる、昔の仙台駅弁の掛紙。15年も後の2003年8月の栗めしの外箱と比較して、掛紙か外箱かとロゴマークの差違はあるがデザインは同じで、価格も同一であることに驚かされる。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市小田原山本丁10番地 022(293)1661

【掛紙】栗めし(400円)1975年1月14日調製
Kurimeshi

掛紙

1975(昭和50)年1月14日の調製と思われる、昔の仙台駅弁の掛紙。基本的なデザインは1988年版や2003年版と同じ。1973年のオイルショックに伴う物価上昇の影響か、わずか2年で6割も価格が上がっている。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市小田原山本丁10番地 (93)1661

【掛紙】栗めし(250円)1973年2月10日調製
Kurimeshi

掛紙

1973(昭和48)年2月10日の調製と思われる、昔の仙台駅弁の掛紙。現在の栗めしの外箱と比較して、デザインの中身は異なるものの、雰囲気は似ている。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
こばやし 宮城県仙台市小田原山本丁10番地 (93)1661