banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 仙台(せんだい)駅2010年3月15日訪問Googleマップ
JR-East Sendai Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分、東北新幹線にJR在来線各線と仙台市営地下鉄が接続するターミナル駅。仙台市は宮城県の中央に位置する人口約100万人の城下町で、東北地方の首都として君臨する。駅弁は地元業者と東北一帯を持つ駅弁屋とJR子会社が競争し、駅構内各地の売店で50種以上が売られる全国有数の激戦区である。1887(明治20)年12月15日開業、宮城県仙台市青葉区中央1丁目。

伯養軒の牛たん弁当(1,080円)2015年10月24日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Hakuyoken no Gyutan Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年5月29日の発売。といっても、まったくの新作というより、仙台駅の加熱機能付き容器を使う牛たん弁当の、ウェルネス伯養軒版のリニューアル品だろう。中身はパッケージ写真どおり、白御飯を牛タンのそぼろと塩焼きで半分ずつ覆い、ニンジンで彩り、大根漬と南蛮味噌漬を添えるもの。駅弁として価格相応で、ちょうどよい薄さの牛タン塩焼に、良いツヤと香りと歯応えがある。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 仙台支店 宮城県名取市植松字入生346番1号 022(382)8940 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/

厚切り牛たん(1,450円)2015年11月3日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Atsugiri Gyutan

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年7月1日に「極上厚切り牛たん弁当」(1,350円)として発売。2014年に1,450円へ値上げし、2015年に現在の名前へ改称。長方形の加熱機能付き容器を使い、麦飯、牛タン、きんぴらごぼう、南蛮味噌漬を別個の区画に詰める。一味唐辛子と塩竈の藻塩を添える。ステーキ駅弁風に刻む、確かに厚切りな牛タンがごろごろ。これならば下記の利休その他の、仙台の牛タン食堂の牛たん弁当に負けない味と量だと思う。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

特上厚切り牛たん弁当(1,550円)2015年12月5日に仙台駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Tokujo Atsugiri Gyutan Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

仙台エリアで牛たんのレストランや売店をチェーン展開する牛たん店の、加熱機能付き弁当。四角い加熱機能付き容器に、麦飯ではなく白飯を詰めて、厚切りの牛たん焼を8切れ並べ、南蛮みそ漬、いぶりがっこ、メンマ、味付け牛たんを添える。シンプルな中身とたっぷりの牛たんで、見ただけで満腹になりそう。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 チソー食房CK 宮城県仙台市青葉区昭和町3−36 0120-6767-12 http://www.tanya-zenjirou.jp/
催事駅弁

牛たん丼(1,575円)2006年1月22日に西武百貨店池袋店催事で購入
Gyutan Don

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

仙台市内に十数店ものレストランを構える人気牛タン店の、催事向け弁当。駅弁でも使われ、実際に販売員が駅弁と同じだと説明していた、長方形の発熱容器を美しいボール紙枠をはめる。中身は麦飯に牛タンを貼り付ける、仙台名物牛タン弁当。

価格差もあるが、感覚値で駅弁の3倍くらい敷き詰めた牛タンの柔らかく薫り高い風味を味わうと、もう駅弁に戻れないかも。仙台駅弁の牛たん弁当は、その知名度だけで売れている感があるが、価格を上げて品質を上げるか上等版を作っておかないと、不味いしょぼいのレッテルを貼られかねない気がした。

調製元
株式会社 たんや利久 宮城県岩沼市吹上二丁目2番36−1 0223(29)3440 http://www.rikyu-gyutan.co.jp/

牛たん弁当(1,730円)2015年5月30日に仙台駅駅弁売店「牛たん駅弁屋」で購入
Gyutan Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

東京、大阪、福岡、札幌など全国各地の主要都市にレストランを展開するようになった、仙台の人気牛たん店の加熱機能付き弁当。2012(平成24)年3月に仙台駅構内で「牛たん駅弁屋」がオープン、訪問時で「たんや善治郎」「伊達の牛たん本舗」「利久」「喜助」の4社6種の牛たん弁当を販売しており、これも駅弁と呼べるようになった。

A4サイズを上回る大きな容器は、意外にも加熱機能付き。中身は麦飯、牛たん、レトルトパック入りの牛たん味噌漬、玉子焼、青菜、南蛮味噌。値段は見た目で張るが、確かに「肉厚でジューシー」な牛たんと、レトルトパックの牛たん味噌漬の分量と味は確かで、仙台や東京の利休の味。一人旅であれば、市内や駅構内「牛たん通り」で行列に何十分も列ぶより、味も値段も変わらないここの弁当を待たずに買って食べるのが良いと思った。

調製元
株式会社 利久 宮城県岩沼市吹上二丁目2番36−1号 0120-047910 http://www.rikyu-gyutan.co.jp/