banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 仙台(せんだい)駅2010年3月15日訪問Googleマップ
JR-East Sendai Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分、東北新幹線にJR在来線各線と仙台市営地下鉄が接続するターミナル駅。仙台市は宮城県の中央に位置する人口約100万人の城下町で、東北地方の首都として君臨する。駅弁は地元業者と東北一帯を持つ駅弁屋とJR子会社が競争し、駅構内各地の売店で50種以上が売られる全国有数の激戦区である。1887(明治20)年12月15日開業、宮城県仙台市青葉区中央1丁目。

北海道青森県めぐり旅弁当(1,150円)2016年11月23日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Hokkaido Aomoriken Meguritabi Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年の8月までに登場か。同年10〜11月のJR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣2016」にエントリー。そこでは岩手県の盛岡駅弁で、中身のネタは駅弁の名前のとおり北海道と青森県で、調製は宮城県の仙台という、属地不詳な駅弁。

中身は牛丼に揚げイモ、漬けマグロ、昆布煮、おひたしの北海道産パートと、ホタテ丼にイカ飯、イカとワカメの和え物、野菜かき揚げ、リンゴ煮の青森県産パートが、容器の上下を二分するもの。掛紙の裏面に写真付きのおしながきがあり、見た目で青函を感じなくても大丈夫。

これだけ食べればよくできた感じも、同じキャンペーンで青函というネタが被る新青森駅弁「津軽海峡 にぐ・さがな弁当」という馬鹿力を先に見て食べていたため、比べるとスマートさが物足りなくなった。調製元の特徴が出ていると思う。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11ー1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

東北福興弁当(1,050円)2011年11月3日に東京駅「東北応援ご当地うまいもん駅弁大会」で購入
Tohoku Fukko Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年11月3〜6日に東京駅「駅弁屋旨囲門」と「5号売店」で開催された「東北応援ご当地うまいもん駅弁大会」でデビューか。NRE本社の「東北応援弁当」とコンセプトは同じだが、こちらは区画を分けており、写真付きのおしながきもあるため、内容がより分かりやすい。また、こちらは通年販売となっている。「福興(ふっこう)」は誤記ではなく、掛紙やおしながきにそう書いてあるし、東北各地で「復興」の代わりに会議やイベントの名前に使われている。

長方形で黒塗りの発泡材用意を、東北六県の観光名所のイラストをひとつずつ描いた掛紙で巻く。中身は宮城米ひとめぼれの日の丸御飯と、6区画で各県を表したおかずで、青森がイカ唐揚、ホタテのガーリック焼、パブリカ素揚、岩手がサンマ竜田揚、鮭幽庵焼、切り昆布煮、宮城が玉子焼、笹かまぼこ、牛たん焼、小梅漬、秋田がきりたんぽ、栗甘露煮、山形が芋煮、飾りニンジン、福島が桃甘露煮、りんご煮、マイタケ天、なす漬、ねぎみそ。

東北福興弁当はこれが第1弾で、約7万個が売れたという。翌2012年7月には第2弾が登場。独立行政法人中小企業基盤整備機構東北本部が食材協力で絡んできた2013年10月の第3弾、同機構の企画となった2014年10月の第4弾、以後の2015年10月の第5弾、2016年11月の第6弾と、国家事業として毎年のリニューアルが続く。

※2016年12月補訂:現況を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11ー1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

東北まるごと弁当(1,100円)2011年11月3日に東京駅「東北応援ご当地うまいもん駅弁大会」で購入
Tohoku Marugoto Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年9月13日の発売で、「東北六県夏まつり弁当」に次ぐ、東北をテーマとしたお弁当の第2弾だそうな。正六角形の発泡材容器を、東北各県で祭3つ(第1弾から使い回し)と観光名所3箇所を描いたボール紙の枠にはめる。中身は中央にゴマと梅を振った宮城米ひとめぼれの白御飯を置き、周囲のおかずは1県1区画で、青森は帆立ニンニク味噌焼、姫竹煮、焼りんご煮、岩手はサンマ竜田揚、鶏照焼、鮭粕漬焼、宮城は玉子焼、牛たんシチュー、笹かまぼこ、秋田はとんぶり入り野菜マリネ、いぶりがっこ、ふき煮、福島は味噌田楽、ぶどう。

先に食べていた上記「東北福興弁当」とコンセプトは共通で、パッケージのデザインからおかずの内容までかなり似通っている。同じ時期に同じ場所の駅弁屋が同じことをすれば、必然的にそうなるのだろう。容器を取り出せばその形が明らかに異なるので、印象が混同することはない。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】宮城まるごと弁当(1,100円)2008年1月7日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Miyagi Marugoto Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2007(平成19)年10〜12月のJRグループ観光キャンペーン「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」の実施に合わせて2007年5月までに登場、後にJR発足20周年記念駅弁の仙台駅こばやし版としての位置付けも兼ねた。宮城の四季をそれぞれ絵葉書風に描いた絵柄を並べる柄の、ボール紙製の専用紙箱を使用。駅弁マーク、JR20周年、杜の都仙台、宮城DCと4種のロゴマークが付く。

12区画のトレーに入る中身は、日の丸、鮭いくら、カキ、赤飯で4種類の御飯と、フカヒレあんかけ、牛たんコロッケ、もち豚味噌焼、牛肉エリンギ炒め、鶏照焼と玉子焼、サンマ竜田揚、笹蒲鉾と駄菓子など。それぞれが仙台や宮城にちなむことがおしながきで確認でき、これは季節の絵柄を採用した絵葉書を兼ねる。コンセプトに忠実な演出系で、風味も良好。宮城県が「食材王国みやぎ」を打ち出してから、駅弁に限らず宮城の食にしっかりとした筋が通った気がする。2011年頃までの販売か。

※2016年12月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】とことん宮城弁当(900円)2003年8月31日に仙台駅駅弁売店で購入
Tokoton Miyagi Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 中身

宮城県の食関連産業振興キャンペーン「食材王国みやぎ」に伴い、2003年7月1日から8月31日まで販売した期間限定駅弁。精米後の米粒を模した発泡材容器を、輪ゴムで留めてボール紙の枠をはめる。その底面にお品書き付き。

中身は自社精米の減農薬減化学肥料宮城県産ひとめぼれの御飯に、宮城野ポーク仙台味噌焼・河南町の鶏梅肉焼・気仙沼のさんま甘露煮・岩出山の田舎しそ巻・古川茄子のはさみ揚げなどなど、デザートも中鉢屋の仙台駄菓子と、宮城の食材をふんだんに使用している。

パッケージには宮城県産ひとめぼれの稲穂が付き、これが見栄えをぐっと上げているが、この年に冷害により宮城・岩手・青森の各県の稲の作柄が最悪となったことは何とも皮肉なこと。天候不順はこの駅弁の中身にも影響を及ぼし、沼えびの不漁で小梅に変更した旨のしおりが挟まっていた。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】仙臺まるごと弁当(1,000円)2002年3月23日に上野駅駅弁大会で購入
Sendai Marugoto Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身 その他

掛紙を兼ねる紙蓋をかけた正方形大の発泡材容器は、写真のように細かく仕切られる。真ん中は宮城米ひとめぼれを使用した白御飯と竹の子御飯(季節の御飯)、周囲にはさんま、牛タン佃煮、笹かまぼこ、野菜煮に厚焼き卵や男爵コロッケなど、ひとつひとつが丁寧に調理されたおかずが配置される。仙台駅弁は幕の内と名乗るものが最も美味いと思う。人間だけではなくインコも気になる味。2008年頃までの販売か。

※2016年12月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/